12/25のツイートまとめ

kanpi_history

趙簡子衛の外郭を取り囲んだ。犀の革をはった盾を並べて、城中からの矢や石の届かないところに立ち、太鼓を打ち鳴らしたが、士気は奮わない。簡子は枹を投げ捨てて言った。ああ、我が兵たちは疲弊しているのだ、と。 #難二 #韓非子
12-25 21:24

行人の燭過が冑を脱ぎ、答えて言った。これはご主君がうまくなさらないからです。兵に疲れている者などおりません。私は聞いております。昔、先君献公は国を併合すること十七。国を服従させること三十八、戦って勝つこと十二におよぶ、と。この晋の兵を用いたのです。 #難二 #韓非子
12-25 21:32

献公が亡くなり、恵公が即位しましたが、でたらめで乱暴、美女を好みました。すると秦軍がほしいままに侵攻し、絳から離れること十七里まで迫りました。これもまたこの晋の兵を用いたのです。 #難二 #韓非子
12-25 21:38

恵公が亡くなり、文公がこれを継ぎますと、衛を囲み、鄴を取り、城濮の戦いで五度楚軍を破り、その御名声を天下に示しました。これもまたこの晋の兵を用いたのです。 #難二 #韓非子
12-25 21:44

ご主君がうまくなさらないだけです。兵は疲れてなどおりません、と。簡子は盾を取り去り、矢や石が届くところに立ち、太鼓を打ち鳴らすと、兵はこれに乗じて攻め、戦に大いに勝った。簡子は言った。私は革戦車千台を得ることすら、行人燭過の一言を聞くのには及ばない、と。 #難二 #韓非子
12-25 21:50

ちなみに、前の説話の解説は別途作成中。まとまり次第、改めて示します。
12-25 21:52

この趙簡子の説話で難二編は終わりなので、その後にまとめて解説します。
12-25 21:53

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR