12/28のツイートまとめ

kanpi_history

【解説1】韓非の論を補足する。弁舌達者とは話が巧いということである。その話を悦ぶのは、話し手、つまり弁舌達者な者ではなく、聴く側である。悦ぶかどうかは聴く側がその内容をどう受けとるかによるのだ。 #韓非子
12-28 22:52

【解説2】そして、その弁舌達者の言葉の内容を聴く側には二種類ある。それは小人か君子である。小人はそもそも正義かどうかなど考えることがない。弁舌の達者さを悦んでも、正義かどうかの判断ができない。 #韓非子
12-28 22:52

【解説3】では君子の場合。君子は正義かどうかを考える。つまり内容を聴いて悦ぶかどうかの判断をするので、弁舌が達者だから悦ぶ、とは限らない。 #韓非子
12-28 22:52

【解説4】話が巧みであることと、内容が正義に適っているかどうかということは、それぞれ話し手と聴き手の問題である。 #韓非子
12-28 22:52

【解説5】窕言とは、美しく飾り立てるばかりで内容は役に立たない言葉、である。弁舌達者に述べることは、聴く者が必ず悦ぶわけではないし、同じ言葉を言っても、それが正義に適っていないかどうかは聴き手によって違うから、一概に役に立たない言葉だとは言えないのだ。 #韓非子
12-28 22:52

少し書きかけて、やっぱり消した。今はまだ書くには時期尚早か。まだまだ言い足りないが、それはまた今度。次は、難三編へ向かうとしよう。
12-28 23:21

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
57位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR