01/25のツイートまとめ

kanpi_history

ある人が言った。天子が道を失ったことで諸侯がこれに取って代わった。ゆえに湯王、武王がいる。諸侯が道を失ったことで大夫がこれに取って代わった。ゆえに田斉、三晋が出た。臣下で君主に代わった者が必ず亡びるなら、湯、武は王にはなれず、晋、斉は成り立たなかっただろう。 #難四 #韓非子
01-25 18:40

孫子は衛の君主の代理であったから、魯でも臣下の礼をとらなかった。臣下が君主の地位にいたのは、君主に過失があったからである。ゆえに臣下の身で君主の地位を得られたのである。 #難四 #韓非子
01-25 18:46

亡びてしまうというのを、過失があった衛君に言わず、亡びる原因である臣下に対して言った。魯は衛の大夫を罰することができないことに気づかず、衛君の明察は臣下が自分の行いをあらためるつもりもないのを見抜けない、ということにも気づかなかった。 #難四 #韓非子
01-25 18:56

孫子にこの二つのことがあるために、その身を亡ぼしたとは言え、その地位を失った原因も、得た原因も、衛君次第であったのである。 #難四 #韓非子
01-25 18:59

【解説】孫文子の二つのこと、とは、1、臣下にも関わらず君主の地位にいたこと2、自分の過失をあらためる心がなかったことを指す。孫文子が身を亡ぼした原因は、元はと言えば、孫文子という人物を見抜けなかった衛君にある、ということ。
01-25 19:03

倉廩満ちて礼節を知り、衣食足りて栄辱を知る、とは管子の言葉。春秋時代、いち早く経済政策に力を入れた。余談だが、中国人の食へのこだわりは今も昔も絶大である。論語指導士養成講座・第10回「他者の幸せを求めて(二)」 https://t.co/jYX4dk9aNB
01-25 19:42

会社が苦しいからみんなで給料カットして頑張ろう、は、トップが術を知らなすぎる。功績のある者もない者も、皆そろってカットされるようでは、良い人材は去っていくであろう。社員は家族ではない。法家的に言うと、ね。論語指導士養成講座・第10回「他者の幸せを求めて(二)」 #論語指導士
01-25 19:50

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
244位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
26位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR