02/09のツイートまとめ

kanpi_history

道徳家、生活者、宗教者、それぞれの視点から見ることで、孔子像というものが見えてくる、という。孔子のこの人間臭さが人を惹きつける魅力なのだろう。論語指導士養成講座・第21回「孔子像(一)」 https://t.co/vXdhy8F6G5
02-09 14:29

人類とGの長き戦いの歴史…。
02-09 18:13

およそ君主の禍は、必ず臣下の言動に深く同調することによる。臣下の言動を信じて同調することがなければ、万民が君主に従うだろう。かの道というものは弘大であり、決まった形をもたず、その徳は明確で隅々まで及び、個々の物事に至っては、適切に酌み取って生じてくる。 #揚権 #韓非子
02-09 19:48

万物みなが道を得て栄えても、その道は存在を残さない。道は物事に広く隅々まで行き渡っている。人はその運命を悟り、生死を時に委ね従い、名を正し、職分を分かち、万物みな道を同じくする。 #揚権 #韓非子
02-09 20:03

ゆえに言う。道は万物に同調せず、徳は陰陽に同調せず、秤は軽重に同調せず、墨縄は起伏に同調せず、笙は乾湿に同調せず、君主は群臣に同調せず、と。これら六者は道によって現れるものであるが、道はひとつであるから、一という。 #揚権 #韓非子
02-09 20:18

よって、明君は独りであることを貴ぶのは、道の在り方だからである。君臣は道を同じくせず、臣下は言説によって採用を望み、君主はその言説を採用し、実績を示し、君主はその実績を言説と参同することで、君臣の調和が保てるのである。 #揚権 #韓非子
02-09 20:24

韓非子、揚権編の翻訳に想像以上に手こずる。詩的で道家的で解釈が難しく、言葉を随時補わなければ意味が通じない。太田方の「韓非子翼毳」の存在が心強い限りである。揚権編の、原文と注釈のバランスが他編とは比較にならぬ…。 https://t.co/PuZ8IyisqJ
02-09 20:32

訳す時間が他編の3倍くらいかかる…。なかなか進まない…。
02-09 20:38

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
538位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
59位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR