01/26のツイートまとめ

kanpi_history

別のある人が言った。君臣それぞれが立つのは天の定めによるのである。臣が君位を奪うことができるのは、威勢が偏ったからである。ゆえにその天の定めに従わずに君位を得るのは、民によって奪われてしまう。その天の定めを辞退しても君位を得るのは、民が与えるということである。 #難四 #韓非子
01-26 20:35

これによれば、桀は㟭山の女を手に入れたことで、紂は比干の心臓を見たことで、天下の心は離れ、湯は自身の名を変え、武は自身に罵りを受け、そして天下が服した。 #難四 #韓非子
01-26 20:42

趙宣子は山に逃げ、田成子は従僕となったが、そののちに斉、晋を従えた。つまり湯、武が王となった原因と、斉、晋を立てた原因は、必ずしも君主によってなったものではないのである。 #難四 #韓非子
01-26 20:49

これらの理由によって、のちに君主の位についたのである。今、孫文子はこれらのような理由を得ずして、君位についているかのように振るまった。これでは義に反し、徳に逆らうものである。 #難四 #韓非子
01-26 20:55

義に反するということは、事が失敗する原因である。徳に逆らうということは、人々の怨みが我が身に集まる原因である。失敗や滅亡の原因であることに気づかなかったとは何事か。 #難四 #韓非子
01-26 20:58

現在の知識偏重の教育を批判し、知識だけでなく徳性を身につけることの重要性を説く。私(自分の幸せ)よりも公(他人の幸せ)の為に行動できる者こそがリーダーたり得るのだと言う。論語指導士養成講座・第11回「学ぶとは何か(一)」 https://t.co/FV3hnPrvG1
01-26 21:06

〇〇コンサルタントとかを名乗る人たちが解説する、ビジネスに活かすと銘打った、論語、孫子、韓非子、貞観政要などの解説本をよく見かける。基本的に中国古典のかっこいい字面を拾って、ただ自論を展開したいだけのトンデモ本ばかり。ちゃんと読んだことないのか、理解力がないのか。
01-26 21:17

何故突然こんなことを言ったのかというと、そんなトンデモ解説の中でもとびきりトンデモな解説をチラッと目にしたからである。個人を特定して批判することはしないが、その理解力は酷いだろ。問題なのは、そんなトンデモ解説でも、知らずに間に受けて信じてしまう人がいる、ということである。
01-26 21:26

逆に、学者の解説するものは素晴らしいのかと言うと、そうとも言えない。学者がビジネスに活かすと銘打って、論語、孫子、韓非子、貞観政要などの解説本を書くと、現場経験がないためなのか、中身がぼやけて薄っぺらい。また、年配の学者に多いのが、太平洋戦争の話を引き合いに出す癖があること。
01-26 21:31

何が言いたいのかと言うと。お互いに知りもしないことを、さも分かっているかの如く解説するのが、いただけない、と言っているのだ。
01-26 21:35

それにしてもさっきのコンサルタントの書いたやつ、笑える…。それと同時に、怒りも覚えるのは何故だろう…。
01-26 21:38

ちなみに、年配者が太平洋戦争のことを引き合いに出すこと自体は、全く悪いことではない。戦争経験者なのだから。私のような戦後生まれにはその当時の生活がどのようであったのか、計り知れない。我々が学ぶことも多い。
01-26 21:45

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
403位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
48位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR