01/19のツイートまとめ

kanpi_history

なんだこの非常識な寒さは!!
01-19 08:04

職場があまりに臭いので、ファブリーズを買ってきて除霊するようにした。
01-19 08:09

三国志警察って何ですか??
01-19 08:20

そういう団体があるの??
01-19 08:20

韓非子についてもそうだけど、最近特に通背拳について、文化の継承、そう思うようになった。昔は自分が学べる、ということが重要だったが、ある程度学んで年齢を重ねてくると、これを次世代へ継承しばければ失伝する。それは余りにももったいない、という思いに駆られるようになった。
01-19 08:54

一子相伝だろうが、未完成だろうが、何でも構わない。正しくその文化を次に繋げていくことが重要だと思う。それをどうするかは、受け取った次の世代が考えていけば良い。韓非子もそうやって二千年以上も受け継がれてきた。
01-19 09:00

自分もその大きな継承の流れに加わっているという自負、そして自分も韓非子の継承者のひとりであるという矜持をもって取り組んでいる。
01-19 09:00

大丈夫。私は欲にまみれてますから。その欲を表面上に出すかどうか、また、どのように出すか、は問われる。あからさますぎて、醜態を晒すようでは術がない。まl、あえてそういう人間を演じる必要性があるなら別だが。三年鳴かず飛ばず、のように。
01-19 09:08

時には知っていても知らないふりをして、相手を探るのも術のうち。
01-19 09:09

四国の平野部でも雪がちらついてゐる。あな、めずらしや。
01-19 11:12


Twitter調子悪い…。
01-19 18:12

秦の昭王が左右の臣に問うて言った。今、韓と魏は前の強かった時と比べてどうかね、と。左右の臣は答えて言った。前よりも弱いです、と。今の如耳と魏斉は、、前の孟嘗と芒卯に比べてどうかね、と。答えて言った。前には及びません、と。 #難三 #韓非子
01-19 19:42

王は言った。孟嘗と芒卯の率いる強い韓と魏が攻めても、私をどうすることもできなかった、と。左右の臣は答えて言った。まったくその通りでございます、と。 #難三 #韓非子
01-19 19:45

すると中期が琴を押しやって言った。王の天下の見方は間違っております。かの六晋の頃、知氏が最も強く、范氏と中行氏を滅ぼし、韓と魏の軍を従えて趙を伐ち、晋水の水を注ぎ込んで都の晋陽を水攻めしました。城で水に沈んでいない部分はわずか三板。 #難三 #韓非子
01-19 19:55

知伯が出かけたとき、魏宣子が御者をつとめ、韓康子が護衛として参乗した。知伯は言った。はじめ私は水で人の国を滅ぼすことができるとは知らなかった。私は今になってそれが分かった。汾水の水は安邑に注ぐことができ、絳水の水は平陽に注ぐことができる、と。 #難三 #韓非子
01-19 20:06

魏宣子は韓康子を肘打ちし、韓康子は魏宣子の足を踏み、肘と足が車上で合図し合い、知氏は晋陽で滅び、国は分けられました。 #難三 #韓非子
01-19 20:10

今、秦が強いといえども、いまだ知氏には及ばず、韓と魏が弱いといえども、いまだ晋陽の城下にあったときほどではありません。天下はまさに肘と足の合図を用いるようなときです。願わくば王はこれを侮りませぬよう、と。 #難三 #韓非子
01-19 20:16

有朋自遠方来
私がまだ大学生の頃、東洋大の野間教授の授業で、この読み方が挙がった。その時、教授は、朋有り、遠方より来たる、が正しいのだと仰っていたのを今も覚えている。なぜ未だに覚えてるのかというと、私が朋、遠方より来たる有り、と読んだら上記のように全否定されたからである。
01-19 20:59

何故そう読むのかは、もちろん説明してくれたのだが、忘れてしまった…。面目ない…。
01-19 21:01

相変わらずTwitterの調子悪いのな…。
01-19 21:05

さっきの有朋自遠方来じゃないけど、共に学ぶ仲間がいるって良いなぁ。
01-19 21:24

一人だとモチベーションの維持が大変だったりする。
01-19 21:28

韓非子 内儲説 上 七術「挟智の術」
https://t.co/re1qZyAsS0
知っていることを隠して問えば、知らないことまで聞き出すことができ、一つの物事を深く知っていれば、多くの隠されている物事までがその動きを変えるだろう。
01-19 21:55

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
538位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
59位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR