05/22のツイートまとめ

kanpi_history

何を小忠と言うのか。昔、楚の共王が晋の厲公と鄢陵で戦った。楚軍は敗れ、共王は目に傷を負った。その戦いの最中に、楚の司馬、子反は喉が渇いて水を求めた。配下の豎、穀陽が酒の入った杯を献じた。 #十過 #韓非子
05-22 20:35

子反は言った。や、下げよ、それは酒だ、と。すると豎、穀陽は酒ではありません、と言う。そこで子反は受けてそれを飲んだ。子反はもともと酒を好み、飲んでうまいと思えば口から離すことができなくなり、酔いつぶれてしまうのだ。そのうちに既に戦いは終わってしまった。 #十過 #韓非子
05-22 20:43

共王は翌日また戦おうと思って、人をやって司馬子反を召し出させた。すると司馬子反は胸の具合が悪いといって断った。王は車で自ら往って、子反の帷幄に入り、酒のにおいを嗅ぎつけて帰っていった。 #十過 #韓非子
05-22 20:50

共王は言った。今日の戦は私自ら戦って傷を負った。頼みの綱は司馬である。しかしその司馬までもこのように酔いつぶれている。これは楚の社稷を忘れ、我ら君臣や民のことなど気にしないということだ。私はもはや戦えない、と。 #十過 #韓非子
05-22 20:56

こうして軍を引き返して去り、司馬子反を斬って重刑にした。豎穀陽が酒を勧めたのは子反に仇なすためではない。その心は子反を忠義から慕ってのことであったのに、たまたま子反を殺してしまう原因となった。だから言うのだ、小さな忠義を行うのは大きな忠義にとっては害である、と。 #十過 #韓非子
05-22 21:06

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR