05/03のツイートまとめ

kanpi_history

楚王は干象に言った。私は楚の力で甘茂を助けて秦の宰相にさせたいが、できるだろうか、と。干象は答えて言った。それは不可能です、と。王は言う。何故かね、と。 #内儲説下 #韓非子
05-03 20:47

干象が言うには、甘茂は若い頃、史挙先生に就いて学びました。史挙は上蔡の監門であり、君にも仕えず、家も治めず、厳しいことで天下に名を馳せていました。甘茂はこの史挙に仕えて気に入られたのです。 #内儲説下 #韓非子
05-03 20:55

そして恵文王の明察、張儀の弁舌、甘茂はこれらに仕えて十の官職を得ても、何の罪も受けておりません。これは甘茂が賢人だからです、と。王は言った。見込んだ人を敵国の宰相にする、しかもそれが賢人を宰相にするのだ、それが駄目だとは何故かね、と。 #内儲説下 #韓非子
05-03 21:11

干象は言った。さきに王は召滑を越に行かせて、五年で越を滅ぼすことができました。その理由は召滑により越が乱れて楚は治まっていたからです。先に越でこの方法を用いたのに、今、秦に対してはこの方法を用いることを忘れておいでです。 #内儲説下 #韓非子
05-03 21:17

ずいぶん早くお忘れになったのですね、と。王は言った。それならば、どのようにすればよいのだ、と。干象は答えて言った。公子共立を宰相にするのがよろしいのです、と。王は言った。共立を宰相にするのがよいのは何故かね、と。 #内儲説下 #韓非子
05-03 21:20

干象は答えて言った。共立は若い頃から秦王に可愛がられ、成長して高貴な大臣となり、王衣を着て杜若を口に含み、玉環を握って朝廷で政聴しています。これこそ秦を乱すに最適な者なのです、と。 #内儲説下 #韓非子
05-03 21:25

呉が楚を攻めた。伍子胥は人をやって楚の人々に宣伝させた。楚で子期が用いられたら、攻め撃とう。しかし子常が用いられたら、退却しよう、と。楚の人はこれを聞いて子常を用いて子期を退けた。すると呉は攻め寄せて、ついに楚の軍を撃ち破った。 #内儲説下 #韓非子
05-03 21:35

晋の献公が、虞と虢とを伐とうと思った。そこで屈産の馬を四頭と、垂棘の玉壁と、女楽隊六組を贈り、その心を蕩けさせ、政治を撹乱した。 #内儲説下 #韓非子
05-03 21:49

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
479位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
51位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR