04/28のツイートまとめ

kanpi_history

楚の成王は商臣を太子と定めていた。しかし、やがて公子職を太子に立てたいと思った。商臣は反乱を起こし、ついに成王を攻めて殺した。 #内儲説下 #韓非子
04-28 19:39

また一説にはこうだ。楚の成王は商臣を太子と定めていた。しかし、やがて公子職を太子に立てたいと思った。商臣はこれを聞いたが、まだはっきりしない。そこでその傅役の潘崇に言った。どうすればはっきりするだろうか、と。 #内儲説下 #韓非子
04-28 19:46

潘崇は言う。江羋様を招いて饗応し、わざと失礼な振る舞いをなさいませ、と。太子はこれに従った。すると江羋は言った。ああ、このろくでなし、君王がお前を廃して職を太子に立てようと思われるのも無理はない、と。 #内儲説下 #韓非子
04-28 19:53

商臣は潘崇に言った。本当であった、と。潘崇が言った。このままお仕えすることができますか、と。商臣は答える。できない、と。では、国を出て諸侯の所へ行きますか、と。答える。できない、と。 #内儲説下 #韓非子
04-28 19:58

では、思い切ったことができますか、と。答える。できる、と。そこで手勢を率いて成王を攻めた。成王は最後に熊の手を食べてから死にたいと願ったが、許されず、そのまま自殺した。 #内儲説下 #韓非子
04-28 20:02

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
518位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
55位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR