04/22のツイートまとめ

kanpi_history

晋の文公の時、料理番が炙った肉を奉ったところ、肉に髪の毛が絡みついていた。文公は料理番を召し出して責めて言った。そなたは儂の喉を詰まらせたいのか、なぜ髪の毛を炙った肉に絡みつかせたのか、と。 #内儲説下 #韓非子
04-22 19:38

料理番は地に頭をつけて拝礼して願い出て言った。私には死罪となるべき罪が三つあります。礪を用いて刀を砥げば、切れ味は干将の刀の如し。肉を切れば肉は真っ二つになるのに髪の毛は切れませんでした。これが私の罪のひとつ目です。 #内儲説下 #韓非子
04-22 19:46

串をとって肉を貫いたのに髪の毛を見つけられなかったこと、これが私の罪の二つ目です。熾爐に火をかけ、炭が火でことごとく赤くなっており、炙った肉はよく焼けましたのに、髪の毛は焼けませんでした。これが私の罪の三つ目です。 #内儲説下 #韓非子
04-22 19:56

この宮廷に私を憎んでいるものがいないとも限りません、と。文公は言った。よろしい、と。そこで宮廷にいる者を召し出して取り調べたところ、果たしてその通りであった。そしてこの者を誅罰した。 #内儲説下 #韓非子
04-22 20:01

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
518位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
55位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR