01/06のツイートまとめ

kanpi_history

君主のすべてのものごとにおいて、その身は最も貴く、その位は最も高く、その権威は最も重く、その勢力は最も大きいということが重要です。この四つは、外に求めずとも、他人に求めずとも、自分で考えれば得られるのです。 #愛臣 #韓非子
01-06 10:34

だから言うのです、君主がその富を活用することができないと、国外でその身を終えねばならなくなる、と。これは君主たるものは心得ておくべきことなのです。 #愛臣 #韓非子
01-06 10:36

昔、紂が亡びたのも、周が衰えたのも、皆、諸侯の力が大きくなったことによります。晋が分裂したのも、斉が簒奪されたのも、皆、群臣が富みすぎたことによります。かの、燕や宋の主君殺しの理由も、皆、臣下の勢力が君主と同等に大きくなったことによります。 #愛臣 #韓非子
01-06 10:47

古くは殷周に、近くは燕宋によって見ますに、この道理によるものばかりです。ゆえに明君がその臣を養うには、法によって彼らの言行を判断し、備えをしておいて彼らの過ちを質します。ゆえに死罪にあたれば死を赦さず、刑を緩めないのです。 #愛臣 #韓非子
01-06 10:56

死を赦し、刑を緩めることを威淫と申します。社稷は今にも危うく、国の威勢は君から臣へ偏っていきます。このために、いかに大臣の禄が大きくても、その威勢を城都の民へ行きわたらせてはならず、いかに部下が多くても、士卒をその臣下とさせてはなりません。 #愛臣 #韓非子
01-06 11:06

臣下が政治を行うのに、自分の家を朝廷にしてはならず、軍を指揮するのに、部下を私兵にしてはならず、国庫を扱うのに、自分の家に私的に融通してはならず、これが明君が臣下が邪に走るのを禁じる方法なのです。 #愛臣 #韓非子
01-06 11:13

こうしたわけで、臣下は隣国と私的に誼を通じさせず、私兵を出させず、駅馬車によらずに兵馬を運ぶことは、罪として死罪を赦さないのです。これが明君が不慮の事に備える方法なのです。 #愛臣 #韓非子
01-06 11:22

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
354位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
41位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR