09/08のツイートまとめ

kanpi_history

楚王の弟が秦にいたが、秦は出国を認めない。楚王の近習が言った。「私に百金をお渡しくだされば、弟君を出国させてみせます」そこで百金を車に載せて晋へ行き、叔向に会って言うには「楚王の弟君が秦にいて、秦はその出国を認めません。この百金をもってお力添えください」と。 #説林 #韓非子
09-08 09:14

叔向は金を受け取り、使者を晋の平公に会わせた。使者は「壺丘に城を築くべきです」と言った。平公は「なぜか」と問うた。答えて言うには「楚王の弟君を秦におり、秦は出国を認めません。これは秦が楚を敵視しているからです」 #説林 #韓非子
09-08 09:19

「よって晋の国で壺丘に城を築くことを禁じはしますまい。もし秦が咎めてきたら、晋の為に楚王の弟を返して欲しい。そうすれば城を築く必要はない」と。 #説林 #韓非子
09-08 09:24

「もし秦が楚王の弟を返すなら、晋の力添えを楚は恩に感じるでしょう。もし秦が返さなければ、これは楚を敵視しているので、晋が壺丘に城を築くことを禁じはしません」と。 #説林 #韓非子
09-08 09:28

平公は「よし」と言い、壺丘に城を築くことにして秦公に言った。「晋の為に楚王の弟を楚に返して欲しい。そうすれば城を築く必要がありません」と。秦は楚王の弟を返した。楚王は大いに悦び、精錬した金を百鎰を晋へ贈った。 #説林 #韓非子
09-08 09:32

中秋月暮雲収まり尽きて 清寒溢る銀漢声無く 玉盤を転ず此の生 此の夜 長しえに好からず明月明年 何れの処にか看ん蘇軾
09-08 16:26

見事な月を愛でながら、酒に酔う。こんな日は老荘の書を読みながら、酒を片手にのんびりとしたひと時を過ごす。自分に漢詩の才があれば、さらに良かったのだけれど…。君に勧む、更に尽くせ一杯の酒。
09-08 20:29

呉王闔盧が郢を攻め、戦って三度勝った。伍子胥に問うた。「これで引き揚げるべきか」と。伍子胥は答えて言う。「人を溺れさせようとしているのに、水をひと飲み飲ませたところで止めてしまえば、成し遂げられません。手を休めず、これに乗じて沈めてしまうべきです」と。 #説林 #韓非子
09-08 22:33

鄭の人に息子がいて、官職に就こうとしていた。その父に言った。「家の垣根の壊れているところを補修すべきです。悪人が盗みに入ってしまいます」と。 #説林 #韓非子
09-08 22:38

同じ町に住む人もまた、家人に同じ忠告をした。しかし時が経っても修復しなかったので、悪人が盗みに入ってしまった。すると家人は、役人になった息子を知恵者だと褒め称え、同じ忠告をした町人を盗人ではないかと疑った。 #説林 #韓非子
09-08 22:41

以上で説林 下 が終了。韓非子の醍醐味のひとつである豊富な寓話集。この説林篇には、さまざまな説話がまさに林の如く沢山並び書かれている。ただ勘違いしないで欲しいのが、この沢山の説の目的は、所謂童話などと同じような、こうすればこうなるといったような人生の教訓を伝えることではない。
09-08 22:53

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
542位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
60位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR