05/19のツイートまとめ

kanpi_history

今日、暁雨館に行ってきたぞ!思ってたよりしっかりとした展示だったので、一時間以上も熱中して見学してしまった。 https://t.co/Z6OnJh4ee4
05-19 12:29

愛媛県四国中央市土居町にある暁雨館(ぎょううかん)四国中央市は尾藤二洲と近藤篤山の故郷である。 https://t.co/CaMs564OxK
05-19 12:31

また7月中旬頃に第2部の展示が始まるようなので楽しみ。ただひとつだけ言わせて欲しい。「孝」に関する説明をしている箇所、あの解釈は間違っている。この解釈を間違うと、尾藤二洲や近藤篤山にとっての「孝行」の意味が変わってくるので、改めた方が良いと思います。
05-19 12:46

でもまぁ、それ以外の展示は素晴らしい。説明文の中で、「宋国」を「宗国」と誤字ってたのは、まぁご愛嬌、ということで。館の職員の方々へは少々話しかけづらい雰囲気だったので、今回は無言で立ち去りました。ごめんなさい。次回機会があれば是非。
05-19 12:47

近所のサツキが見頃なり https://t.co/K9dGUY3n2J
05-19 18:42

https://t.co/IE4vDCu1gb
05-19 18:43

ふと、伊達政宗と夏侯惇、見えない方の目はそれぞれどっちだったけ??右目?それとも左目??どっちがどっち??
05-19 19:29

子曰く、位(くらい)無きを患へず。立つ所以を患ふ。己を知る莫きを患へず。知る可きを為さんことを求む。 #論語 https://t.co/xJ8SNCGcnu
05-19 19:43

奚(なに)をか行僻と謂ふ。昔者(むかし)、楚 霊王、申の会を為す。宋 太子、後(おく)れ至る。執(とら)へて之を囚(しゅう)す。徐君に狎(な)れ、斉の慶封(けいほう)を拘(とら)ふ。 #十過 #韓非子
05-19 20:26

今日の暁雨館の展示の中にあった尾藤二洲の漢詩をメモってきた。二洲は宋代の詩人、林和靖(林逋)に憧れていたそうである。「画梅」尾藤二洲此花 花中選
人能 儔汝誰
一從 孤山逝
風情 獨自知
吾愛 其清高
而未 能相随
早晩 解塵絆
就汝 野水湄
05-19 23:05

此の花は花中の選(せん)人能く汝に儔(たぐい)するは誰ぞ一たび從りて孤山に逝(ゆ)き風情獨(ひと)り自ら知る吾其の清高を愛するも而(しか)も未だ相(あい)随ふ能はず早晩塵絆(じんばん)を解かれなば汝に就(つ)かん野水の湄(ほとり)に儔…仲間塵絆…世俗のしがらみ
05-19 23:06

ちなみに、ちょっと気になったのが「花」の文字。「此花 花中選」を、二洲直筆の書は、最初の花と後の花の文字、異なる書き方をしている。僕の手書きなので下手ですが、その文字を書き写してみました。古文書は不勉強でよく分からないのですが、違う書き方にしたのには何か理由があるのだろうか。 https://t.co/wx1d5OSjLD
05-19 23:15

漢詩に古文書が加わって…もう色々混乱してますよ。もうね、読めやしない。でも、面白いんだなぁ、これが。新しいことに挑戦するって、全然分からないことばかりで混乱しまくりで挫けそうになるけど、なんだかんだで結局楽しいですよね。オラ、ワクワクすっぞ。
05-19 23:24

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
577位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
57位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR