韓非子 問弁 書き下し文

或るひと問ひて曰く、弁、安(いづ)くにか生ずるや、と。
対(こた)へて曰く、上の不明に生ずるなり、と。
問ふ者曰く、上の不明なる、因(よ)りて弁を生ずとは、何ぞや、と。

対(こた)へて曰く、明主の国、令は言の最も貴き者なり。法は事の最も適(かな)ふ者なり。
言、二貴無く、法、両適せず。故に言行の法令に軌せざる者は必ず禁ず。
若(も)し其れ法令無くして、而して以て詐に接し変に応じ、利を生じ事を揣(はか)る可き者は、上必ず其の事を采(と)りて其の実を責(もと)む。
言当たれば則ち大利有り、当たらずんば則ち重罪あり。
是を以て愚者は罪を畏れて敢へて言はず。智者は以て訟(うった)ふる無し。
此れ弁無き所以の故なり。

乱世は則ち然らず。

主上令有り。而して民文学を以て之を非(そし)る。官府法有り。民、私行を以て之を矯(た)む。
人主顧(かへ)りて其の法令を漸(ぜん)して、学者の智行を尊ぶ。
此れ世の文学を多とする所以なり。

夫(そ)れ言行は、功用を以て之が的彀(てきこう)と為す者なり。
夫(そ)れ殺矢(さつし)を砥礪(しれい)して以て妄(みだ)りに発す。其の端、未(いま)だ嘗て秋毫(しゅうごう)に中(あた)らずんばあらざるなり。
然り而して善射と謂ふ可からざる者は、常の儀的無ければなり。
五寸の的を設け、十歩の遠きに引く、羿(げい)逢蒙(ほうもう)に非ずんば必ず中(あ)つる能はざる者は、常有ればなり。
故に常有れば則ち羿(げい)逢蒙(ほうもう)も五寸の的を以て功と為し、常無ければ則ち妄発の秋毫に中(あた)るを以て拙と為す。

今、言を聴き行を観るに、公用を以て之が的彀(てきこう)と為さず。
言、至察と雖も、行、至堅と雖も、則ち妄発の説なり。
是を以て乱世の言を聴くや、難知を以て察と為し、博文を以て弁と為す。
其の行を観るや、離群を以て賢と為し、犯上を以て抗と為す。
人主たる者、弁察の言を説(よろこ)び、賢抗の行を尊ぶ。

故に夫(か)の法術を作(もち)ふるの人、取舎(しゅしゃ)の行を立て、辞争の論を別(わか)ち、而して之を正すを為す莫し。
是を以て儒服帯剣の者衆(おほ)くして、耕戦の士、寡なく、堅白無厚の詞、章(あら)はれて、憲令の法息(や)む。

故に曰く、上、不明なれば則ち弁生ず、と。


関連記事

テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
31位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR