韓非子 難勢 書き下し文

慎子曰く、飛龍雲に乗じ、騰蛇(とうだ)霧に遊ぶ。
雲罷(や)み霧霽(は)れて、龍蛇、螾螘(いんぎ)と同じ。
則ち其の乗ずる所を失へばなり。

賢人にして不肖者に詘(くつ)するは、則ち権軽く位卑(ひ)くければなり。
不肖にして能く賢者を服するは、則ち権重く位尊(たか)ければなり。

堯も匹夫と為れば、三人を治むる能はず。而して桀も天子と為れば、能く天下を乱る。
吾、此を以て勢位の恃むに足り、而して賢智の慕ふに足らざるを知るなり。

夫(そ)れ弩弱くして矢高き者は、風に激すればなり。
身不肖にして令行はるる者は、衆に助を得ればなり。
堯、隷属に教へて、民聴かず、南面して天下に王たるに至りて、令すれば則ち行はれ、禁ずれば則ち止む。
此に由(よ)りて之を観れば、賢智未(いま)だ以て衆を服するに足らず。而して勢位以て賢者に任ずるに足るなり、と。



慎子に応(こた)へて曰く、飛龍雲に乗じ、騰蛇霧に遊ぶ。吾龍蛇を以て雲霧の勢に託せずと為さず。
然りと雖も、夫(か)の賢を釈(す)てて専ら勢に任ずるは、以て治を為すに足るか。
則ち吾未(いま)だ見るを得ざるなり。

夫(そ)れ雲霧の勢有りて、能(よ)く之に乗遊する者、龍蛇の材美なればなり。
今、雲盛んなれども、螾(いん)は乗る能はず、霧醲なれども螘(ぎ)は遊ぶ能はざるなり。
夫(そ)れ盛雲醲霧の勢有りて、而かも乗遊する能はざるは、螾螘(いんぎ)の材薄ければなり。

今、桀紂南面して天下に王たり。天子の威を以て之が雲霧と為し、而して天下大乱を免れざるは、桀紂の材薄ければなり。
且(か)つ其の人、堯の勢を以て天下を治む。何を以て桀の勢天下を乱る者に異なりや。
夫(そ)れ勢は能(よ)く必ず賢者をして已(これ)を用ひ、不肖者をして已(これ)を用ひざらしむるに非ざるなり。

賢者之を用ふれば、則ち天下治まり、不肖者之を用ふれば、則ち天下乱る。
人の性情、賢者寡(すく)なくして、不肖者衆(おほ)し。
而して威勢の利を以て、世を乱すの不肖人を済(たす)くれば、則ち是れ勢を以て天下を乱す者多し。勢を以て天下を治むる者寡なし。


夫(そ)れ勢は治に便にして乱に利なる者なり。
故に周書に曰く、虎の為に翼を傅(つ)くる毋(なか)れ。将(まさ)に飛んで邑に入り、人を択(と)りて之を食らはんとす、と。
夫(そ)れ不肖人をして勢に乗ぜしむるは、是れ虎の為に翼を傅(つ)くるなり。

桀紂、高台深池を為(つく)り、以て民の力を尽くし、焙烙を為(つく)り、以て民の性を傷(そこな)ふ。
桀紂、肆行(しこう)を乗(な)すを得しは、南面の威、之が翼を為(な)りたればなり。
桀紂をして匹夫為(た)らしめば、未(いま)だ始めより一を行はず。而して身、刑戮に在り。
勢は虎狼の心を養ひて、而して暴乱の事を成す者なり。
此れ天下の大患なり。

勢の治乱に於ける、本末位有るなり。
而るに語、専(もっぱ)ら勢の以て天下を治むるに足ると言ふ者は、則ち其の智の至る所は浅し。


夫(そ)れ良馬固車、臧獲(ぞうかく)をして之を御せしめば、則ち人の笑と為り、王良之を御すれば、而(すなは)ち日に千里を取る。車馬異なるに非ざるなり。或(あるい)は千里に至り、或(あるい)は人の笑と為る、則ち巧拙の相去る遠し。

今、国位を以て車と為し、勢を以て馬と為し、号令を以て轡(たづな)と為し、刑罰を以て鞭筴(べんさく)と為し、堯舜をして之を御せしめば、則ち天下治まる。桀紂之を御すれば、則ち天下乱る。
則ち賢不肖の相去る遠し。
夫(そ)れ速を追ひ遠を致さんと欲して、王良に任ずるを知らず。利に進み害を除かんと欲して、賢能に任ずるを知らざるは、此れ則ち類を知らざるの患なり。
夫(か)の堯舜も亦、民治むるの王良なり、と。



復(ま)た之に応(こた)へて曰く、其の人、勢を以て恃みて以て官を治むるに足ると為す。
客は必ず賢を待ちて乃ち治まると曰ふ、則ち然らず。

夫(そ)れ勢は名(な)一にして、変、無数なる者なり。
勢必ず自然に於(おい)てせば、則ち勢を言ふを為す無し。
吾の勢を言ふを為す所の者は、人の設くる所を言ふなり。

今曰く、堯舜、勢を得て治まり、桀、勢を得て乱る、と。
吾、堯桀を以て然らずと為すに非ざるなり。
然りと雖も一人の設くるを得る所に非ざるなり。

夫(そ)れ堯舜生まれて上位に在らば、十桀紂有りと雖も乱る能はざる者は、則ち勢治まればなり。
桀紂亦生まれて上位に在らば、十堯舜有りと雖も亦治むる能はざる者は、則ち勢乱るればなり。

故に曰く、勢治まる者は則ち乱る可からず。而して勢乱るる者は則ち治む可からざるなり、と。
此れ自然の勢なり。人の設くるを得る所に非ざるなり。
吾が言ふ所の若(ごと)きは、人の得る所の勢を謂ふのみ。賢何ぞ事とせん。

何を以て其の然るを明す。

客曰く、人、矛と楯とを鬻(ひさ)ぐ者有り。
其の楯の堅きを誉む。物能(よ)く陷(とほ)る莫(な)きなり、と。
俄(にわ)かにして又其の矛を誉めて曰く、吾が矛の利、物陷(とほ)らざる無きなり、と。
人、之に応じて曰く、子の矛を以て子の楯を陷(とほ)さば如何(いかん)、と。
其の人、応(こた)ふる能はざりき。
陷(とほ)す可からずと為すの楯と、陷(とほ)らざる無きの矛とを以て名と為す。
両立す可からざるなり。
夫(そ)れ賢の勢為(た)るや禁ず可からず。而して勢の道為(た)るや、禁ぜざる無し。
禁ず可からざるの勢と、禁ぜざる無きの道とを以てす。
此れ矛楯の説なり。
夫(そ)れ賢勢の相容(い)れざる、亦明なり。

且(か)つ夫(そ)れ堯舜桀紂は、千世にして一(ひと)たび出づ。是れ比肩隨踵(ひけんすいしょう)して生まるるなり。
世の治むる者、中に絶たず。
吾、勢を言ふを為す所以(ゆえん)の者は中なり。
中とは上、堯舜に及ばず。下、亦(また)桀紂為(た)らず。
法を抱き勢に処(お)れば則ち治まり、法に背き勢を去れば則ち乱る。

今、勢を廢(す)て法に背きて堯舜を待つ。堯舜至れば乃ち治まる。是れ千世乱れて一(ひと)たび治まるなり。
法を抱き勢に処(お)りて桀紂を待つ。桀紂至りて乃ち乱る。是れ千世治まりて一(ひと)たび乱るるなり。
且(か)つ夫(そ)れ治千にして乱一なると、治一にして乱千なるや、是れ猶(な)ほ驥駬(きじ)に乗(じょう)じて分馳(ぶんち)するがごときなり。相去る亦遠し。

夫(そ)れ隠括(いんかつ)の法を棄て、度量の数を去らば、奚仲(けいちゅう)をして車を為(つく)らしむとも、一輪を成す能はじ。
慶賞の勧め、刑罰の威無く、勢を釈(す)て法を委(す)てば、堯舜、戸ごとに説きて人ごとに之を弁ずとも、三家を治むる能はじ。
夫(そ)れ勢の用ふるに足る、亦明なり。
而るに必ず賢を待つと曰ふは、則ち亦然らず。

且(か)つ夫(そ)れ百日食はずして、以て粱肉(りょうにく)を待たば、餓者活せず。
今、堯舜の賢を待ちて、乃ち当世の民を治めんとす。是れ猶(な)ほ粱肉を待ちて餓を救ふの説のごときなり。

夫(そ)れ良馬固車、臧獲(ぞうかく)之を御すれば、則ち人の笑と為り、王良之を御すれば、則ち日に千里を取ると曰ふ。
吾以為(おもへ)らく然らず。

夫(そ)れ越人の海遊を善くする者を待ち、以て中国の溺人を救ふ。
越人善く遊(およ)ぐ。而(しか)れども溺者済(すく)はれず。
夫(そ)れ古の王良を待ちて、以て今の馬を馭(ぎょ)するは、亦猶(な)ほ越人、溺を救ふの説のごときなり。
不可も亦明なり。

夫(そ)れ良馬固車、五十里にして一置し、中手をして之を御せしめば、速を追ひ遠を致す、以て及ぶ可きなり。而して千里、日に致す可きなり。
何ぞ必ずしも古の王良を待たんや。

且(か)つ御は王良にせしむるに非ずんば、則ち必ず臧獲にせしめて之を敗(やぶ)り、治、堯舜にせしむるに非ずんば、則ち必ず桀紂にせしめて之を乱るとは、此れ味、飴蜜(いみつ)に非ずんば、必ず苦菜亭歴(くさい、ていれき)とするなり。

此れ則ち積弁累辞(せきべんるいじ)、理に離れ術を失ふ。両末の議なり。
奚(なん)ぞ以て夫(か)の道理の言を難ず可けんや。
客の議、未(いま)だ此の論に及ばざるなり。


関連記事

テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
577位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
57位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR