08/17のツイートまとめ

kanpi_history

隰斯弥が田成子に会った。田成子は一緒に高台に登って四方を眺めた。三方はみな開けているが、南面のみ隰斯弥の家の樹木によって覆われていた。しかし田成子は何も言わなかった。 #説林 #韓非子
08-17 10:32

隰斯弥は帰って人に樹木を伐らせた。斧で数箇所割いたところで隰斯弥は中止させた。家老が「何故急に気が変わったのですか」と問うた。 #説林 #韓非子
08-17 10:35

隰斯弥は答えた。「古の諺に、深淵に潜む魚を知る者は不吉なり、とある。田成子は大事を成そうとしている。そこへ私が些細な事を察知する奴だと知れたら、私の身があやうい。樹木を伐らずとも罪にはならず、人が口に出さないことを知る罪の方が大きいのだ」こうして伐らなかった。 #説林 #韓非子
08-17 10:41

楊子が宋国を通過するとき、東にある旅館に着いた。そこには給仕女が二人いた。雇い値を尋ねると、容姿の悪い方が高く、容姿の良い方が安い。楊子が訳を尋ねると、宿の主人が答えて言うには「美人は自分で美人だと鼻にかけているので私は美しいとは思いません」 #説林 #韓非子
08-17 11:07

「容姿の悪い方は自分で醜いと思って謙遜しているので、私は醜いとは思いません」と。楊子は弟子に言った。「行動は賢者でありながら自らを賢者だと思う心を去れば、どこへ行っても褒められるであろう」と。 #説林 #韓非子
08-17 11:11

衛の人が我が子を嫁がせる時に教えて言った。「きっとこっそり貯蓄しなさい。嫁に行っても、後で追い出されるというのは常のことで、うまく居つけたならば幸いというものだ」そこで娘はこっそりと貯蓄した。そのうちに姑が自分勝手だとして離縁させた。 #説林 #韓非子
08-17 11:20

ところが、娘が実家に帰る時には嫁入りの時の倍の財産があった。その父は自分で子に悪事を教えたことを罪とは思わず、ますます豊かになったことを自慢した。今、各国の臣下で官職につくものは、皆、おの類である。 #説林 #韓非子
08-17 11:23

魯丹は三度中山の君主に説いたが受け入れられなかった。そこで五十金をばら撒いて左右の大臣のご機嫌伺いをした。そして再び君主に謁見した。まだ何も語っていないのに君主から食事を賜った。魯丹は退出し、宿舎にも戻らずに中山を去った。 #説林 #韓非子
08-17 11:42

御者が言うには「君主に謁見して始めて歓迎されたのに、何故去るのですか」と。魯丹は言った。「他人のとりなしで私の扱いが良くなるのなら、他人の讒言によって私に罪を着せるであろう」と。 #説林 #韓非子
08-17 11:46

魯丹がまだ国境を出ないうちに、公子が君主に讒言して言った。「魯丹は趙のために来た間者です」と。中山の君主はこれを聞いて魯丹を探し出して罪した。 #説林 #韓非子
08-17 11:49

田伯鼎は賢者を好んでおり、君主を救った。白公は賢者を好んでおり、楚国を乱した。賢者を好むという点は同じだが、その行った結果は違っている。 #説林 #韓非子
08-17 20:54

公孫支は自ら足斬りをして賢者の百里を尊位におき、豎刁は自ら去勢して桓公に取り入った。自らに刑罰を施した行為は同じだが、その理由は異なっている。 #説林 #韓非子
08-17 21:00

恵子は言う。「狂人が東へ走り、追う者も東へ走る。その東へ走るということは同じだが、東へ走る理由は違うのだ」と。だから言うのだ。同じ行為をしている人でも、理由をよくよく観察せねばならぬ、と。 #説林 #韓非子
08-17 21:03

「説林」上はここまで。ここからは「説林」下へ入ります。
08-17 21:04

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
533位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
55位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR