韓非子 主道 書き下し文

道は万物の始め、是非の紀なり。
是を以て明君、始(はじめ)を守り、以て万物の源を知り、紀を治めて以て善敗の端を知る。
故に虚静以て待ち、令、名をして自ら命ぜしむ。
事をして自ら定めしむ。
虚なれば則ち実の情を知る。
静なれば則ち動の正を知る。

言有る者、自ら名を為す。
事有る者、自ら形を為す。
形名参同すれば、君乃ち事無し。
之を其の情に帰す。

故に曰く、君、其の欲する所を見(あらは)す無かれ。
君、其の欲する所を見(あらは)さば、臣自ら将に雕琢(ちょうたく)せむとす。
君、其の意を見(あらは)す無かれ。
君、其の意を見(あらは)さば、臣将に自ら表異せむとす。

故に曰く、好を去り、悪を去り、臣、乃ち素を見(あらは)す、と。
旧を去り、知を去り、臣、乃ち自ら備ふ。

故に智有りて以て慮らず、万物をして其の処を知らしむ。
行有りて以て賢とせず。
臣下の因(よ)る所を観る。
勇有りて以て怒らず、群臣をして其の武を尽くさしむ。
是の故に智を去りて明有り。
賢を去りて功有り。
勇を去りて強有り。
群臣職を守り、百官常有り。
能に因(よ)りて之を使ふ。
是を習常と謂ふ。

故に曰く、寂乎(せきこ)として其れ位無くして処る。
漻乎(りょうこ)として其の所を得る莫し、と。
明君、上為す無くして、群臣、下に竦懼(しょうく)す。


明君の道、智者をして其の慮を尽さしめて、君因(よ)りて以て事を断ず。
故に君、智に窮せず。
賢者、其の材を勅(いた)し、君因(よ)りて之に任ず。
故に君、能に窮せず。
功有れば則ち君其の賢を有し、過(あやまち)有れば則ち臣其の罪に任ず。
故に君子、名に窮せず。
是の故に不賢にして賢者の師と為り、不智にして上智者の正と為る。
臣、其の労を有し、君、其の成功を有す。
此れ之、賢主の経と謂ふなり。


道は見る可からざるに在り。
用は知る可からざるに在り。
虚静にして事無く、闇を以て疵を見る。
見て見ず。聞きて聞かず。知りて知らず。
其の言を知りて以て往き、変ずる勿れ、更(あらた)むる勿れ。
以て参合して閲せよ。
官一人有り。
言を通ぜしむる勿れ。
則ち万物皆尽く、其の跡を函掩(かんえん)し、其の端を匿さば、下、原する能はず。

其の智を去り、其の能を絶たば、下、意(はか)る能はず。
吾が往く所以を保ちて之を稽同し、謹みて其の柄を執りて固く之を握り、其の望を絶ち、其の意を破り、人をして之を欲せしむる毋(なか)れ。

其の閉を謹まず、其の門を固くせずんば、虎乃ち将(まさ)に存せむとす。
其の事を慎まず、其の情を掩(おほ)わずんば、賊乃ち将(まさ)に生ぜむとす。
其の主を弑し、其の所に代わる。人、与(くみ)せざる莫し。故に之を虎と謂ふ。
其の主の側に処り、姦臣の為に其の主の忒(とく)を聞(うかが)ふ。
故に之を賊と謂ふ。
其の党を散じ、其の余りを収め、其の門を閉じ、其の輔を奪へば、国乃ち虎無し。
大、量る可からず、深、測る可からず。
形名を同合し、法式を審験し、擅に為す者誅すれば、国乃ち賊無し。


是の故に人主、五壅有り。
臣其の主を閉づるを壅と曰ひ、
臣財利を制するを壅と曰ひ、
臣擅(ほしいまま)に令を行ふを壅と曰ひ、
臣義を行ふを得るを壅と曰ひ、
臣人を樹(た)つるを得るを壅と曰ふ。

臣、其の主を閉づれば則ち主、明を失す。
臣、財利を制すれば則ち主、徳を失ふ。
臣、擅に令を行へば則ち主、制を失す。
臣、義を行ふを得ば則ち主、名を失ふ。
臣、人を樹(た)つるを得ば則ち主、党を失ふ。
此れ人主の独り擅にする所以なり。
人臣の操るを得る所以に非るなり。


人主の道、静退以て宝と為す。
自ら事を操(と)らずして、拙と巧とを知る。
自ら計慮せずして、福と咎とを知る。
是を以て言はずして善く応じ、約せずして善く増す。
言已に応ずれば則ち其の契を執る。
事已に増せば則ち其の符を操る。
符契の合する所、賞罰の生ずる所なり。

故に群臣、其の言を陳し、君其の言を以て其の事を授け、其の事を以て其の功を責む。
功其の事に当たり、事其の言に当たれば則ち賞し、功其の事に当たらず、事其の言に当たらずんば則ち誅す。
明君の道、臣言を陳して当たらざるをえず。
是の故に明君の賞を行ふや、曖乎、時雨の如し。
百姓其の沢を利す。
其の罰を行ふや、畏乎、雷霆の如し。
神聖も解く能はざるなり。
故に明君、賞を偷(も)する無く、罰を赦す無し。


賞偷(も)すれば則ち功臣其の業に墯(をこた)る。
罰赦さば則ち姦臣非を為し易し。
是の故に誠に功有れば、則ち疏賤と雖も必ず賞し、誠に過有れば、則ち近愛と雖も必ず誅す。
近愛必ず誅すれば、則ち疏賤の者怠らずして、近愛の者驕らざるなり。




関連記事

テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
479位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
51位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR