韓非子 愛臣 書き下し文

愛臣太(はなは)だ親しければ、必ず其の身を危くす。
人臣太(はなは)だ貴ければ、必ず主位を易(か)ふ。
主妾等無ければ、必ず嫡子を危くす。
兄弟服せざれば、必ず社稷を危うくす。

臣聞く、千乗の君備(そなへ)無くんば、必ず百乗の臣其の側に在り、以て其の民を徙(うつ)して其の国を傾くる有り。
万乗の君備(そなへ)無くんば、必ず千乗の家其の側に在り、以て其の威を徙(うつ)して其の国を傾くる有り。

是を以て姦臣蕃息し、主道衰亡す。
是の故に諸侯の博大なるは天子の害なり。
群臣の太(はなは)だ富むは、君主の敗なり。
将相の主を後にして家を隆にす。
此れ人に君たる者の外にすべきなり。

万物、身の至貴、位の至尊、主威の重、主勢の隆に如く莫し。
此の四美の者、諸を外に求めず、人に請はず、之を議して之を得。

故に曰く、人主其の富を用ふる能わずんば、則ち外に終わるなり。
此れ人に君たる者の職(し)るべき所なり。


昔者(むかし)、紂の亡ぶる、周の卑しき、皆諸侯の博大なるに従(よ)るなり。
晋の分かるる、斉の奪はるる、皆群臣の太(はなは)だ富むを以てなり。
夫(か)の燕宋の其の君を弑する所以の者は、皆類を以てなり。
故に上、之を殷周に比し、中、之を晋斉に比し、下、燕宋に比するに、此の術に従はざる莫し。
是の故に明君の其の臣を蓄(やしな)ふや、之を尽くすに法を以てす。
之を質(ただjすに備(そなへ)を以てす。
故に死を赦さず、刑を宥(ゆる)さず。
死を赦し、刑を宥(ゆる)す、是れ威淫と謂ふ。
社稷将(まさ)に危うからむとす。
国家偏威す。
是の故に大臣の禄、大と雖も、威を城市に藉(か)るを得ず。
党与、衆(おほ)しと雖も、士卒を臣とするを得ず。

故に人臣、国に処れば私朝無く、軍に居れば私交無し。
其の府庫、私に家を貸すを得ず。
此れ明君の其の邪を禁ずる所以なり。

是の故に四従を得ず、奇兵を載せず。
伝に非ず、遽に非ずして、奇兵革を載すれば、罪死赦さず。

此れ明君の不虞に備ふる所以なり。


関連記事

テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
710位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
67位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR