韓非子 二柄 書き下し文

明主の導(よ)りて其の臣を制する者は、二柄のみ。
二柄とは刑徳なり。
何をか刑徳と謂ふ。
曰く、殺戮之れ刑と謂ひ、慶賞之れ徳と謂ふ。

人臣為る者、誅罰を畏れて慶賞を利す。
故に人主、自ら其の刑徳を用ひば、則ち群臣其の威を畏れて、其の利に帰す。
故に世の姦臣は則ち然らず。
悪(にく)む所は則ち能く之を其の主に得て之を罪す。
愛する所は則ち能く之を其の主に得て之を賞す。

今、人主、賞罰の威利をして己に出でしむるに非ざるなり。
其の臣に聴きて其の賞罰を行はば、則ち一国の人、皆、其の臣を畏れて其の君を易(あなど)り、其の臣に帰して、其の君を去る。此れ人主、刑徳を失ふの患なり。


夫れ虎の能く狗を服する所以の者は爪牙なり。
虎をして其の爪牙を釈(す)てしめて、狗をして之を用ひしめば、則ち虎反(かえ)りて狗に服す。
人主、刑徳を以て臣を制する者なり。
今、人に君たる者、其の刑徳を釈て、臣をして之を用ひしめば、則ち君反(かえ)りて臣に制せらる。

故に田常、上、爵禄を請ひて之を群臣に行ひ、下、斗斛(とこく)を大にして百姓に施せり。
此(こ)こにおいて簡公徳を失ひ、田常之を用ひたり。
故に簡公弑(しい)せらる。

子罕、宋君に謂ひて曰く、夫れ慶賞賜于予は、民の喜ぶ所なり。君自ら之を行へ。
殺戮刑罰は、民の悪(にく)む所なり。臣請ふ、之に当たらむ、と。
是に於いて宋君刑を失ひ、而して子罕之を用ひたり。
故に宋君劫(おびやか)さる。

田常、徒(た)だに徳を用ひて簡公弑(しい)せらる。
子罕徒(た)だに刑を用ひて宋君劫(おびやか)さる。

故に今の人臣為る者、刑徳を兼ねて之を用ひば、則ち是れ世主の危は、簡公宋君より甚だしからむ。
故に劫殺擁蔽(きょうさつようへい)の主、刑徳を失ふ非(あ)りて、臣をして之を用ひしめ、而して危亡せざる者は、則ち未だ嘗て有らざるなり。

人主、将に姦を禁ぜむと欲すれば、則ち刑名を審合すべしとは、言、事に異ならざるなり。
人臣為る者、事を陳べて言ふ。
君、其の言を以て之に事を授け、専ら其の事を以て其の功を責む。
功、其の事に当たり、事、其の言に当たらずんば則ち罰す。
故に群臣其の言大にして功小なる者、則ち罰す。
功の名に当たらざるを罰するなり。
故に群臣其の言小にして功大なる者、亦罰す。
大功を説(よろこ)ばざるに非ざるなり。
以為(おもへ)らく名に当たらざるの害は、大功有るより甚だし、と。
故に罰す。


昔、韓の昭侯酔ひて寝す。
典冠者、君の寒を見る。
故に衣を君の上に加ふ。
覚寝して説(よろこ)ぶ。
左右に問ひて曰く、誰か衣を加ふる者ぞ、と。
左右対(こた)へて曰く、典冠、と。
君因(よ)りて兼ねて典衣と典冠とを罪す。
其の典衣を罪するは、以て其の事を失ふと為すなり。
其の典冠を罪するは、以て其の職を越ゆと為すなり。
寒を悪(にく)まざるに非るなり。
以為(おもへ)らく官を侵すの害は、寒より甚だし、と。

故に明主の臣を蓄(やしな)ふは、臣臣、官を越へて功有るを得ず、言を陳(の)べて当たらざるを得ず。
官を越ゆれば則ち死し、当たらずんば則ち罪す。
業し其の官を守り、言ふ所の者、貞なれば、則ち群臣朋党して相為すことを得ず。


人主、二患有り。
賢に任ずれば、則ち臣、将に賢に乗じて以て其の君を劫(おびやか)さむとす。
妄(みだり)に挙ぐれば則ち事沮(しょ)して勝(た)へず。

故に人主、賢を好めば、則ち群臣、行を飾り、以て君の欲を要す。
則ち是れ群臣の情、効(あらは)れず。
群臣の情効(あらは)れずんば、則ち人主以て其の臣を異(わく)る無し。

故に越王、勇を好みて、民多く死を軽(かろん)じ、楚霊王、細腰を好みて、国中に餓人多し。
斉桓公妬にして内を好む。故に豎刁、自宮して以て内を治む。
桓公味を好む。易牙其の首子を蒸して之を進む。燕子噲賢を好む。故に子之、明(あらは)に国を受けず。

故に君、悪を見(あらは)さば、則ち群臣、端を匿す。
君、好を見(あらは)さば、則ち群臣、能を誣(し)ふ。
人主の欲見(あらは)るれば、則ち群臣の情態、其の資を得(う)。
故に子之は賢に託して以て其の君を奪へる者なり。
豎刁易牙は君の欲に因りて、以て其の君を侵(おか)せる者なり。
其の卒(おわ)りは、子噲、乱を以て死し、桓公、蟲流れて尸を出でて葬らず。

此れ其の故何ぞや。
人君、情を以て臣に借すの患なり。
人臣の情、必ずしも能く其の君を愛するに非ざるなり。
重利の為の故なり。

今、人主、其の情を掩(おお)はず、其の端を匿さず。
而して人臣をして縁(よ)りて以て其の主を侵す有らしめば、則ち群臣、子之田常と為る、難(かた)からず。
故に曰く、好を去り悪を去りて、群臣素(そ)を見(あらは)す、と。
群臣素を見(あらは)さば、則ち人君蔽(おお)はれず。


関連記事

テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
710位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
67位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR