08/04のツイートまとめ

kanpi_history

斉が宋を攻めた。宋は臧孫子を南方へ遣わし、楚へ救援を求めさせた。楚は大いに悦び、救援を承諾して歓待した。臧孫子は浮かぬ顔で宋へ帰った。 御者が「救援を得たのに、どうしてそんな浮かぬ顔をしているのですか」と。 #説林 #韓非子
08-04 20:17

臧孫子は答えて言う。「宋は小国で斉は大国だ。小国の宋を救って大国の斉に憎まれるのは、誰でも心配することだ。しかし楚王が悦んだのは、我々に堅く守らせるためだ。我々が堅く守って斉が疲弊すれば、楚の利益となる」と。 #説林 #韓非子
08-04 20:24

臧孫子は宋に帰り、斉は宋を攻め、城を五つも落としたが、いまだに楚の救援が来ることがなかった。 #説林 #韓非子
08-04 20:27

魏の文侯は趙を通してもらい、中山を攻めようとした。趙の粛侯は許そうとしなかった。すると趙刻が言う。「それは誤りです。もし魏が中山を攻めて、取ることができなかったら、魏は疲弊するでしょう。疲弊すれば魏は軽くなり、魏が軽くなれば趙は重くなります」 #説林 #韓非子
08-04 21:06

「魏が中山を攻めて抜いても、趙を越えて中山を治めることはできないでしょう。兵を用いるのは魏、そして領土を得るのは趙となります。ご主君は魏の申し出をお受けください」 #説林 #韓非子
08-04 21:19

「ただし、許可して大いに歓迎すれば、使者はご主君が利益を得ようとしていると察し、行軍を取りやめようとするでしょう。ご主君は道を貸すけれど、やむを得ないからだと示すのがよろしいでしょう」 #説林 #韓非子
08-04 21:25

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
542位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
60位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR