韓非子 顕学 書き下し文

世の顕学は儒墨なり。
儒の至る所は孔丘なり。
墨の至る所は墨翟なり。

孔子の死してより、子張の儒有り。
子思の儒有り。
顔氏の儒有り。
孟氏の儒有り。
漆雕氏(しっちょうし)の儒有り。
仲良氏の儒有り。
孫氏の儒有り。
楽正氏の儒有り。

墨子の死してより、相里氏の墨有り。
相夫氏の墨有り。
鄧陵氏の墨有り。

故に孔墨の後、儒分かれて八と為(な)り、墨離れて三と為(な)る。
取舎相反して同じからず。
而して皆、自ら真の孔墨と謂ふ。
孔墨復た生く可からず。
将(まさ)に誰か後世の学を定めしめむとするか。

孔子墨子、倶に堯舜を道(い)ふ。
而して取舎同じからず。
皆、自ら真の堯舜と謂ふ。
堯舜復た生きず。
将(まさ)に誰か儒墨の誠を定めしめむとするか。


殷周七百余歳、虞夏二千余歳。
而して儒墨の真を定むる能わず。
今乃ち堯舜の道を三千歳の前に審らかにせむと欲す。
意者(おもふ)に其れ必す可からざるか。
参験無くして之を必する者は愚なり。
必する能わずして之に拠る者は誣なり。

故に明(あきらか)に先王に拠り、必ず堯舜を定むる者は、愚に非ずんば則ち誣なり。
愚誣の学、雑反の行、明主は受けざるなり。


墨者の葬(ほうむ)るや、冬日は冬服、夏日は夏服。
桐棺三寸、喪を服する三月。
世以て倹と為して之を礼す。
儒者家を破りて葬り、喪を服する三年。
大毀杖に扶(たす)けらる。
世主以て孝と為して之を礼す。
夫れ墨子の倹を是とせば、将に孔子の侈を非とせむとす。
孔子の孝を是とせば、将に墨子の戻(れい)を非とせむとす。
今、孝戻侈倹、倶に儒墨に在り。
而して上、兼ねて之を礼す。


漆雕の議、色撓(たゆ)まず、目逃れず。
行(おこなひ)曲なれば則ち臧獲を違(さ)け、行直なれば則ち諸侯を怒る。
世主以て廉と為して之を礼す。

宋栄子の議、闘争せざるを設け、隨はざるを取る。
囹圄(れいご)を羞ぢず、侮らるるを辱とせず。
世主以て寛と為して之を礼す。

夫れ漆雕の廉を是とせば、将に宋栄の恕を非とせむとするなり。
宋栄の寛を是とせば、将に漆雕の暴を非とせむとするなり。
今、寛廉恕暴、倶に二子に在り。
人主兼ねて之を礼す。

愚誣の学、雑反の辞争ひてよりして、人主倶に之を聴く。
故に海内の士、言、定術無く行、常儀無し。


夫れ冰炭(ひょうたん)器を同じくして久しからず。
寒暑、時を兼ねて至らず。雑反の学、両立して治めず。
今、聴し雑学を兼ね、同異の辞を繆行す。
安くんぞ乱無きを得むや。

聴行、此の如し、其の人を治むるに於ける、又必ず然らむ。


今、世の学士、治を語る者多く曰く、貧窮に地を与へて、以て無資を実せむ、と。
今、夫れ人と相善しけり。
豊年旁入の利無くして、独り以て完給する者は、力(つと)むるに非ずんば則ち倹なるなり。
人と相善しけり。
饑饉疾疚(しつきゅう)禍罪の殃(おう)、独り以て貧窮なる者は、侈(し)に非ずんば則ち堕なるなり。

侈にして堕なる者は貧しく、而して力(つと)めて倹なる者は富む。
今、上、富人に徵斂(ちょうれん)して、以て貧家に布施す。
是れ力倹に奪ひて、侈堕に与ふるなり。

而して民の疾く作して用を節せむを索めむと欲するも、得可からざるなり。


今、此に人有り。
義、危城に入らず、軍旅に処らず、天下の大利を以て其の脛の一毛に易へず。
世主必ず従ひて之を礼し、其の智を貴びて其の行を高しとし、以て物を軽んじ生を重んずるの士と為すなり。
夫れ上の良田大宅を陳し、爵禄を設くるは民の死命に易ふる所以なり。
今、上、物を軽んじ生を重んずるの士を尊貴し、而して民の死を出(いだ)して重く上の事に殉せむを索(もと)むとも、得可からざるなり。

書策を蔵し、談論を習ひ、徒役(とえき)を聚め、文学を服して議説す。
世主必ず従ひて之を礼し、賢士を敬するは先王の道なりと曰ふ。

夫れ吏の税する所は耕者なり。
而して上の養ふ所は学士なり。
耕者は則ち重税、学士は則ち多賞。
而して民の疾く作して言談少なからむを索(もと)むとも、得可からざるなり。


節を立て明(な)を参(た)て、操を執りて侵されず、怨言耳に過ぐれば、必ず之に隨ふに剣を以てす。
世主必ず従ひて之を礼す。
以て自好の士と為す。
夫れ斬首の労、賞せられずして、而して家闘の勇、尊顕せらる。
而して民の疾く戦ひ敵を距(ふせ)ぎて私闘無からむを索(もと)むとも、得可からざるなり。

国平(たいら)なれば則ち儒俠を養ひ、難至れば則ち介士を用ふ。
養ふ所の者は用ふる所に非ず。
此れ乱るる所以なり。

且つ夫れ人主の学を聴くや、若(も)し其の言を是とせば、宜しく之を布(し)きて其の身を官用すべし。
若し其の言を非とせば、宜しく其の身を去りて其の端を息(や)むべし。
今、以て是と為すなり。
而して官に布(し)かず。
以て非と為すなり。
而して其の端を息(や)めず。
是として用ひず。
非として息(や)めず。
乱亡の道なり。


澹臺子羽は君子の容なり。
仲尼幾して之を取る。
与(とも)に処ること久しくして、行、其の貌に称(かな)はず。

宰予の辞、雅にして文なり。
仲尼幾して之を取る。
与(とも)に処ること久しくして、智、其の弁に充たず。

故に孔子曰く、容を以て人を取らむか。之を子羽に失ふ。
言を以て人を取らむか。之を宰予に失ふ、と。
故に仲尼の智を以てし、而も実を失ふの声有り。


今の新弁、宰予より濫にして、世主の聴、仲尼より眩(まど)ふ。
其の言を悦(よろこ)ぶが為に、因(よ)りて其の身を任ぜば、則ち焉ぞ失無きを得むや。

是を以て魏、孟卯の弁に任じて、華下の患有り。
趙、馬服の弁に任じて長平の禍有り。
此の二者、弁に任ずるの失なり。


夫れ鍛錫(たんせき)を視て青黄を察せば、区冶(おうや)も以て剣を必する能はず。
水に鵠鴈(こくがん)を撃ち、陸に駒馬(くば)を断たば、則ち臧獲も鈍利を疑わず。
歯吻(しふん)を発し、形容、伯楽も以て馬を必する能わず。
車を授け駕に就きて、其の末塗を観れば、則ち臧獲も駑良を疑わず。
容服を観、辞言を聴けば、仲尼も以て士を必する能はず。
之を官職に試み、其の功伐を課すれば、則ち庸人も愚智を疑はず。

故に明主の吏、宰相必ず州部より起こり、猛将必ず卒伍より発す。
夫れ功有る者必ず賞せば、則ち爵禄厚くして愈いよ勧む。
官を遷し級を襲(かさ)ねば、則ち官職大にして愈いよ治まる。
夫れ爵禄大にして官職治まるは、王の道なり。


磐石千里、富めりと謂ふ可からず。
象人(しょうじん)百万、強しと謂ふ可からず。
石、大ならざるに非ず。
数、衆(おほ)からざるに非ず。
而して富強と謂ふ可からざる者は、磐石、粟を生ぜず、象人、敵を距(ふせ)がしむ可からざればなり。

今、商官技芸の士、亦墾せずして食(は)む。
是れ地、墾せず。
磐石一貫なり。
儒俠、軍労毋(な)くして顕栄なる者は、則ち民使はれず。
象人と事を同じくするなり。

夫れ磐石象人を禍とするを知りて、商官儒俠の不墾の地、不使の民たるを禍とするを知らざるは、事類を知らざる者なり。


故に敵国の君王、吾が義を説(よろこ)ぶと雖も、吾、入貢して臣たらしめず。
関内の侯、吾が行を非とすと雖も、吾、必ず禽を執りて朝せしむ。
是の故に力多ければ則ち人朝し、力寡なければ則ち人に朝す。
故に明君、力を務む。


夫れ厳家に悍虜(かんりょ)無くして、慈母に敗子有り。
吾、此を以て威勢の以て暴を禁ず可くして、徳厚の以て乱を止むるに足らざるを知るなり。

夫れ聖人の国を治むるは、人の吾が為に善なるを恃まず、其の非を為すを得ざるを用ふ。
人の吾が為に善なるを恃まば、境内、什もて数ふべからず。
人の非を為すを得ざるを用ひば、一国斉(ひと)しく治を為さしむ可きなり。
衆を用ひて寡を舎(お)く。
故に徳を務めずして法を務む。

夫れ必ず自ら直きの箭を恃まば、百世矢無けむ。
自ら圜(まる)きの木を恃まば、千世輪無けむ。
自直の箭、自圜の木は、百世、一有る無し。
然り而して世皆車に乗り禽を射る者は何ぞや。
隠括の道用ひらるればなり。隠括を恃まずして自ら直きの箭、自ら圜きの木、有りと雖も、良工は貴ばざるなり。
何となれば則ち乗る者一人に非ず。
射る者一発に非ざればなり。


賞罰を恃まずして、自ら善きの民を恃む。
明主は貴ばざるなり。
何となれば則ち国法失ふ可からずして、治むる所は一人に非ざればなり。
故に有術の君、適然の善に隨はずして、必然の道を行ふ。


今、或(あるい)は人に謂ひて、子をして必ず智にして寿ならしめむと曰はば、則ち世必ず以て狂と為さむ。
夫れ智は性なり。
寿は命なり。
性命なる者は人に学ぶ所に非ざるなり。
而るに人の為す能はざる所を以て人に説く。
此れ世の之を謂ひて狂と為し、之を能はずと謂ふ所以なり。
然らば則ち是れ諭すなり。
夫れ性を諭すは、仁義を以て人に教ふ。
是れ智と寿とを以て説くなり。
有度の主、受けざるなり。

故に毛嬙(もうしょう)西施(せいし)の美を善しとするも、吾が面に益無し。
脂沢粉黛(したくふんたい)を用ひば、則ち其の初(はじめ)に倍す。
先王の仁義を言ふとも、治に益無し。
吾が法度を明(あきらか)にし、吾が賞罰を必する者、亦、国の脂沢粉黛なり。
故に明主、其の助を急にして、其の頌を緩にす。
故に仁義を道(い)はず。


今、巫祝の人を祝するに、若(なんぢ)をして千歳万歳ならしめむと曰ふ。
千歳万歳の声、耳括(かまびす)しくして、一日の寿、人に徴(しるし)無し。
此れ人の巫祝を簡する所以なり。

今、世の儒者の人主に説く、今の治を為す所以を言はずして、已に治の功を語り、官法の事を審らかにせず。
姦邪の情を察せずして、皆、上古の伝を道(い)ひ、先王の成功を誉む。
儒者、辞を飾りて曰く、吾が言を聴かば、則ち以て覇王たる可し、と。
此れ説者の巫祝、有度の主は受けざるなり。
故に明主、実事を挙げ、無用を去り、仁義の故を道(い)はず、学者の言を聴かず。


今、治を知らざる者、必ず曰く、民の心を得よ。民の心を得むと欲し、而して以て治を為す可し、と。
則ち是れ伊尹管仲も用ふる所無きなり。
将に民に聴かむとするのみ。
民智の用ふ可からざるは、猶ほ嬰児の心のごときなり。
夫れ嬰児、首を剔(そ)らずんば、則ち腹痛む。
痤を㨽(さ)かずんば、則ち寖(ようや)く益す。
首を剔(そ)り痤を㨽(さ)くには、必ず一人之を抱き、慈母之を治む。
然れども猶ほ啼呼(ていこ)して止まず。
嬰児、子其の小(すこ)しく苦しむ所を犯して、其の大に利する所を致すを知らざれば、なり。


今、上、耕田墾草を急にするは、以て民の産を厚くするなり。
而るに上を以て酷と為す。

刑を修め罰を重くするは、以て邪を禁ぜんが為めなり。
而るに上を以て厳とす。

銭粟を徴賦し、以て倉庫に実(み)つるは、且(まさ)に以て飢饉を救ひ、軍旅に備へむとするなり。
而るに上を以て貪と為す。

境内戦陣を教へ士卒を閲し、力を幷せて疾く闘ふは、禽虜する所以なり。
而るに上を以て暴と為す。

此の四者、治安なる所以なり。
而るに民、悦ぶを知らざるなり。


夫れ聖通の士を求むる者は、民知の師用するに足らざるが為なり。
昔、禹江を決し河を濬(ふか)くす。
而して民、瓦石を聚めたり。
子産、畝を開き桑を樹(う)ゑ、鄭人謗訾(ぼうし)せり。
禹、天下を利し、子産、鄭を存し、皆以て謗を受けたり。
夫の民智の用ふるに足らざる、亦明(あきらか)なり。

故に士を挙げて賢智を求め、政を為して民に適せむを期するは、皆乱の端(はじめ)にして、未だ与(とも)に治を為す可からざるなり。


関連記事

テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
710位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
67位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR