韓非子 和氏 書き下し文

楚人(そひと)和氏(かし)、玉璞(ぎょくぼく)を楚の山中に得たり。
奉じて之を厲王(れいおう)に献ず。
厲王、玉人(ぎょくじん)をして之を相せしむ。
玉人曰く、石なり、と。
王、和を以て誑(たぶら)かすと為して、其の左足を刖(あしき)る。

厲王薨(こう)じて武王位に即くに、和、又其の璞を奉じて之を武王に献ず。
武王、玉人をして之を相せしむ。
又曰く、石なり、と。
王又和を以て誑かすと為して、其の右足を刖(あしき)る。

武王薨じ、文王位に即く。
和、乃ち其の璞を抱きて楚山の下に哭す。
三日三夜、涙尽きて、之に継ぐに血を以てす。

王、之を聞き、人をして其の故を問わしめて曰く、天下の刖(あしき)らるる者多し。
子、奚ぞ哭するの悲しきや、と。

和、曰く、吾、刖(あしきり)を悲しむに非ざるなり。
夫(か)の宝玉にして之に題するに石を以てし、貞士にして之に名(なづ)くるに誑を以てするを悲しむ。
此れ吾が悲しむ所以なり、と。

王、乃ち玉人をして其の璞を理せしめて、宝を得たり。
遂に命じて和氏の璧と曰ふ。


夫れ珠玉は人主の急とする所なり。
和、璞を献じて未だ美ならずと雖も、未だ主の害を為さざるなり。
然るに猶ほ両足斬られて、而して宝乃ち論ぜらる。
宝を論ずる此くの若く其れ難きなり。

今、人主の法術に於けるや、未だ必ずしも和璧の急ならざるなり。
而して群臣士民の私邪を禁ず。
然らば則ち有道者の僇せられざるや、特に帝王の璞未だ献ぜざるのみ。

主、術を用ふれば、則ち大臣断を擅(ほしいまま)にするを得ず、近習敢へて重きを売らず。
官、法を行はば、則ち浮萌(ふほう)農耕に趨(はし)りて、游士(ゆうし)は戦陳(せんじん)に危うし。

則ち法術者は、乃ち群臣士民の禍とする所なり。
人主、能く大臣の議に倍(そむ)き、民萌の誹りを越え、独り道言を周するに非ずんば、則ち法術の士、死亡に至ると雖も、道必ず論ぜられず。


昔者(むかし)、呉起、楚の悼王に教ふるに、楚国の俗を以てす。
曰く、大臣太(はなは)だ重く、封君太(はなは)だ衆(おほ)し。
此(か)くの若(ごと)くば、則ち上は主に偪(せま)りて、下は民を虐ぐ。
此れ国を貧しくし、兵を弱むるの道なり。
封君の子孫、三世にして爵禄を収め、百吏の禄秩(ろくちつ)を絶滅し、不急の枝官を損し、以て選練の士に奉ぜしむるに如かず、と。
悼王之を行ふ。
期年にして薨ず。
呉起、楚に枝解せらる。

商君、秦の孝公に教へ、以て什伍を連ね、告坐の過を設け、詩書を燔(や)きて法令を明(あきらか)にし、私門の請を塞ぎて、公家の労を遂げ、游宦の民を禁じて、耕戦の士を顕はす。
孝公之を行ひ、主以て尊安、国以て富強。
八年にして薨ず。
商君秦に車裂せらる。

楚、呉起を用ひずして削乱す。
秦、商君の法を行ひて富強。
二子の言や已に当たる。
然り而して呉起を枝解し、商君を車裂する者は、何ぞや。

大臣、法に苦しみて、而して細民、治を悪(にく)めばなり。
今の世に当たりて大臣、重を貪り、細民、乱に安んずること、秦楚の俗より甚し。
而して人主、悼王孝公の聴無し。
則ち法術の士、安(いずくん)ぞ能く二子の危を蒙(をか)して、己の法術を明さんや。
此れ世、乱れて覇王無き所以なり。



関連記事

テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
533位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
55位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR