韓非子 孤憤 書き下し文

智術の士、必ず遠見にして明察。
明察ならずんば私を燭(て)らす能わず。

能法の士、必ず強毅にして勁直。
勁直ならずんば姦を矯(た)むる能わず。

人臣、令に循ひて事に従ひ、法を案じて官を治むるは、謂はゆる重人に非ざるなり。
重人なる者は、令無くして擅に為し、法を虧(か)きて以て私を利し、国を耗して以て家に便し、力、能く其の君を得。
此れ所謂重人なり。


智術の士、明察。
聴用せらるれば且(まさ)に重人の陰情を燭(てら)さむとす。

能法の士、勁直。
聴用せらるれば且(まさ)に重人の姦行を矯(た)めむとす。

故に智術能法の士用ひらるれば則ち、貴重の臣必ず縄の外に在り。
是れ、智法の士と当塗の人と、両存すべからざるの仇なり。


当塗の人、事要を擅にせば、則ち外内之が用を為す。
是を以て、諸侯因(よ)らずんば、則ち事、応ぜず。
故に敵国、之が為に訟す。

百官因らずんば、則ち業、進まず。
故に群臣、之が用を為す。

郎中因らずんば、則ち主に近づくを得ず。
故に左右、之が為に匿す。

学士因らずんば、則ち養禄薄く礼卑(ひく)し。
故に学士、之が為に談ずるなり。

此四助の者は、邪臣の自ら飾る所以なり。


重人、主に忠にして其の仇を進むる能わず。
人主、四助を越えて其の臣を燭察(しょくさつ)する能わず。
故に人主、愈(いよ)いよ弊(おほ)われて、大臣、愈(いよ)いよ重し。

凡そ当塗者の人主に於けるや、信愛せられざること希(な)し。
又且つ習故なり。
夫の主の心に即(つ)き好悪を同じうするが若きは、固より其の自ら進む所なり。
官爵貴重、朋党又衆く、而して一国之が為に訟す。

則ち法術の士、上を干(もと)めむと欲する者は、信愛する所の親、習故の沢有るに非ざるなり。
又将に法術の言を以て、人主阿辟の心を矯(た)めむとす。
是れ人主と相反するなり。


勢に処ること卑賤にして、党無くして孤特なり。
夫れ疎遠を以て近愛信と争ふ。
其の数、勝たざるなり。

新旅を以て習故と争ふ。
其の数、勝たざるなり。

主意に反するを以て同好と争ふ。
其の数、勝たざるなり。

軽賤を以て貴重と争ふ。
其の数、勝たざるなり。

一口を以て一国と争ふ。
其の数、勝たざるなり。


法術の士、五不勝の勢を操(と)り、歳を以て数へて又見るを得ず。
当塗の人、五勝の資に乗じ、而して旦暮に独り前に説く。
故に法術の士、奚(なに)に道(よ)りてか進むを得む。
而して人主、奚(いずれ)の時か悟るを得むや。

故に必不勝に資し、而して勢は両存せず。
法術の士、焉んぞ危うからざるを得む。

其の罪過を以て誣(し)ふ可き者は、公法にて之を誅す。
其の被らするに罪過を以てす可からざる者は、私剣を以て之を窮す。

是れ法術に明(あきらか)にして、主上に逆らふ者、吏誅に僇(りく)せられずんば、必ず私剣に死す。
朋党比周して以て主を弊(おほ)ひ、曲を言ひて以て私に便(べん)する者、必ず重人に信ぜらる。
故に其の功伐を以て借る可き者、官爵を以て之を貴うす。
其の借るに美名を以てす可き者、外権を以て之を重んず。
是を以て主上を弊(おほ)ひて私門に趨(おもむ)く者、官爵に顕(あらは)れずんば、必ず外権に重んぜらる。

今、人主、参験を合せずして誅を行ひ、見功を待たずして爵禄す。
故に法術の士、安(いずく)んぞ能く死亡を蒙(をか)して其の説を進めむや。
姦邪の臣、安(いずく)んぞ肯(あへ)て利に乗じて其の身を退けむや。
故に主上、愈いよ卑しく、私門、益ます尊し。


夫の越、国富み兵強しと雖も、中国の主、皆己に益無きを知るなり。
曰く、吾が制する所に非ざるなり、と。
今、国を有(たも)つ者、地広く人衆(おほ)しと雖も、然れども人主壅蔽せられ、大臣権を専らにす。
是れ国、越と為るなり。

越に類せざるを知りて其の国に類せざるを知らざるは、其の類を察せざる者なり。
人主、斉亡ぶと謂ふ所以の者は、地と城と亡ぶるに非ざるなり。

呂氏制せずして、田氏之を用ふるなり。
晋亡ぶと謂ふ所以の者は、亦地と城と亡ぶるに非ざるなり。
姫氏制せずして、六卿之を専らにするなり。

今、大臣柄を執りて独断し、而(しか)も上、収むるを知らず。
是れ人主明ならざるなり。
死人と病を同じうする者は、生く可からざるなり。
亡国と事を同じうする者は、存す可からざるなり。

今、跡を斉晋に襲(つ)ぐ。
国の安存せむを欲するも、得可からざるなり。


凡そ法術の行ひ難きは、独り万乗のみならず。
千乗も亦然り。

人主の左右、必ずしも智ならざるなり。
人主の人に於ける、智とする所有りて之を聴く。
因りて左右と其の言を論ず。
是れ愚人と智を論ずるなり。

人主の左右、必ずしも賢ならざるなり。
人主の人に於ける、賢とする所有りて之を礼す。
因りて左右と其の行を論ず。
是れ不肖と賢を論ずるなり。
智者、策を愚人に決せられ、賢士、行を不肖に程(はか)らる。

則ち賢智の士、羞(は)ぢて人主の論、悖る。


人臣の官を得むと欲する者、其の修士は且つ精潔を以て身を固くし、其の智士は且つ治弁以て業を進む。
其の修士は貨賂を以て人に事(つか)ふる能わず。
其の精潔を恃みて、更に法を枉(ま)ぐるを以て治を為す能わず。

則ち修智の士、左右に事(つか)えず、請謁を聴かず。

人主の左右、行、伯夷に非ざるなり。
求索得ず、貨賂至らずんば、則ち精弁の功息(や)みて、毀誣(きふ)の言起こる。

治乱の功、近習に制せられ、精潔の行、毀誉に決せらるれば、則ち修智の吏廃して、人主の明、塞がる。
功伐を以て智行を決せず、参伍を以て罪過を審らかにせず。
而して左右近習の言を聴けば、則ち無能の士、廷に在りて、愚汚(ぐお)の吏、官に処る。


万乗の患は、大臣太(はなは)だ重く、千乗の患は左右太(はなは)だ信ぜらるなり。
此れ人主の公患なる所なり。
且つ人臣、大罪有り、人主大失有り。
臣主の利、与(とも)に相(あい)異なる者なり。
何を以て之を明かすか。

曰く、主の利は能有りて官に任ずるに在り。
臣の利は能無うして事を得るに在り。
主の利は労有りて爵禄するに在り。
臣の利は功無うして富貴なるに在り。
主の利は豪傑能を使ふに在り。
臣の利は朋党私を用ふるに在り。

是を以て国地削られて私家富み、主上卑しくして大臣重し。

故に主、勢を失ひて、臣、国を得、主、更(あらた)めて蕃臣と称して相室(しょうしつ)符を剖(さ)く。
此れ人臣の主を譎(たぶら)かし私に便する所以なり。

故に当世の重臣、主、勢を変じて固寵を得る者は、十に二三無し。
是れ其の故何ぞや。

人臣の罪、大なれば、臣、大罪有る者は、其の行ひ主を欺くなり。
其の罪死亡に当するなり。

智士は遠見して死亡を畏る。
必ず重人に従はず。

賢士は修廉にして姦臣と与(とも)に其の主を欺くを羞ず。
必ず重臣に従はず。

是れ当塗者の徒属、愚にして患を知らざる者に非ずんば、必ず汚にして姦を避けざるなり。
大臣愚汚の人を挟み、上、之と与(とも)に主を欺き、下、之と与(とも)に利を収めて侵漁(しんぎょ)し、朋党比周して相与し、口を一にして主を惑わし、法を敗りて以て士民を乱す。

国家をして危削せられ、主上をして労辱せしむ。
此れ大罪なり。

臣、大罪有りて、主、禁ぜず。
此れ大失なり。

其の主をして上に大失有り、臣をして下に大罪有らしめて、国の亡びざるを索(もと)むとも、得可からざるなり。


関連記事

テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
542位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
60位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR