史記 韓非伝 (太田方「韓非子翼毳」より) 書き下し文

史記 韓非伝 (太田方「韓非子翼毳」より)

・書き下し文

韓非は韓の諸公子なり。
刑名法術の学を喜(この)み、其の帰は黄老に本づく。
非、人となりは口吃、道説する能わず。
而して善く書を著す。
李斯と倶に荀卿に事(つか)へ、斯、自ら非に如かずとおもへり。

非、韓の削弱せらるを見て、しばしば書を以て韓王を諫む。
韓王用ふる能わず。
是において韓非、国を治むるに其の法制を修明し、勢を執って以て其の臣下を御し、国を富まして兵を強うし、以て人を求め、賢を任ずるを務めずして、反(かえっ)て浮淫(ふいん)の蠧(と)を挙げて、而して之を功実の上に加ふるを疾み、おもへらく儒者は文を用ひて法を乱り、而して侠者は武を以て禁を犯す。
寛なれば則ち名誉の人を寵し、急なれば則ち介胄の士用ふ。
今は養ふ所は用ふる所に非ず。用ふる所は養ふ所に非ず。

廉直の邪枉(じゃおう)の臣に容れられざるを悲しみ、往者(おうしゃ)得失の変を観る。
故に孤憤、五蠧、内外儲、説林、説難、十余万言を作る。

然れども韓非、之を説くに難きを知りて、説難を為(つく)り、書、甚だ具(そなわ)る。
終に秦に死し、自ら脱する能わざりき。

説難に曰く、
(中略:説難篇)

人、或は其の書を伝へて秦に至る。
秦王、孤憤、五蠧の書を見て曰く、嗟乎、寡人此の人を見、之と遊ぶを得ば、死すとも恨みず、と。
李斯曰く、此れ韓非の著せる所の書なり、と。

秦、因りて急に韓を攻む。
韓王、始めは非を用いず。
急なるに及んで迺(すなわ)ち、非を遣して秦に使せしむ。

秦王、之を悦び、未だ信用せず。
李斯、姚賈、之を害とし、之を毀(そし)りて曰く、
韓非は韓の諸公子なり。
今、王、諸侯を併せんと欲す。
非、終に韓の為にし、秦の為にせざらん。
此れ人の情なり。
今、王、用ひずして久しく留めて之を帰さば、此れ自ら患を遺すなり。
過法を以て之を誅せんに如かず、と。

秦王以て然りと為し、吏に下して非を治せしむ。
李斯、人をして非に薬を遣らしめ、自殺せしむ。
韓非、自ら陳せんと欲するも、見ることを得ざりき。

秦王、後に之を悔い、人をして赦さしめしに、非、已に死せり。


申子、韓子、皆、書を著して後世に伝ふ。
学ぶ者、多く有り。
余、独り、韓子説難を為(つく)りて自ら脱する能わざりしを悲しむのみ。


(注)
・ 書き下し文中の ( ) 内は、読みにくい漢字に対して、石川が読み仮名をふった。
・ 途中に挿入されている「説難」篇の部分は割愛した。
・ 文章の意味が通り易いように、適宜、句読点を補った。


関連記事

テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
542位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
60位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR