07/11のツイートまとめ

kanpi_history

君主が賢人を好むと、群臣たちは行動を立派に飾り立てて君主の好みに自分を合わせようとする。そうなると群臣の実力はわからなくなってしまう。 #二柄 #韓非子
07-11 09:17

群臣の実力がはっきりわからなくなると、君主はその臣下が有能であるかどうかを見分けられない。 #二柄 #韓非子
07-11 09:20

越王は勇敢な者を好んだがために、民衆は死を軽んじ、命を投げ出す者が増えた。楚の霊王は腰の細い女を好んだがために、国中の女が痩せようとし、餓える者が増えた。 #二柄 #韓非子
07-11 09:26

斉の桓公は嫉妬深く、色好みであった。だから豎刁は自ら去勢し後宮の役人となった。また桓公は珍味を好んだ。易牙は自分の子供の頭を蒸し焼きにして献上した。 #二柄 #韓非子
07-11 09:31

燕王の子噲は賢者を好んだ。だから宰相の子之は、たとえ王に国を譲ると言われても受けない、と詐って公言した。 #二柄 #韓非子
07-11 09:34

君主が嫌っているものが何であるかを明らかにすれば、群臣は嫌っているものを隠し、君主が好んでいることを明らかにすれば、群臣はその好みに合うように実力を見せかける。 #二柄 #韓非子
07-11 22:19

だから子之は賢者を装い君主の座を簒奪し、豎刁と易牙は主君の欲につけ込んで君主の権力を侵害した。結果、燕王の子噲は内乱により死に、斉の桓公は死体に蛆がわき、戸の外にまで這い出しても葬られなかった。 #二柄 #韓非子
07-11 22:26

そうなってしまった原因は何か。君主が好悪の感情を表に出し、臣下につけ込まれたからである。臣下は必ずしも君主を敬愛しているわけではないのだ。自分たちの利益の為に仕えているのである。 #二柄 #韓非子
07-11 22:33

今、君主が自分の感情や考えを隠さず、臣下にそれを拠り所にして君主の権力を侵害するようなことがあれば、群臣たちが子之や田常のようになるのは想像に難くない。 #二柄 #韓非子
07-11 22:38

だから、君主が自分の好みを去り、憎みを去れば、群臣は素のままの姿を現す、と言うのだ。群臣が素のままの姿を現せば、君主の目は覆われず、眩まされることもない。 #二柄 #韓非子
07-11 22:42

二柄編は以上である。トップの好みによって、部下は如何様にも変わるのだ。裏を返せば、感情をあらわに、好悪をはっきり示すような君主には簡単に付け入ることができる、ということでもる。
07-11 22:58

臣下は必ずしも君主を敬愛しているわけではなく、己にとって利があるから従う、というくだりは核心をついているように思う。今の世の中の会社組織を見てもよくわかる。この自覚を持っているトップや上司はどれほどいるだろう。
07-11 23:00

周囲から社長、社長と煽てられて、自分を偉いと勘違いしたトップの多いこと。おめでたい人間だ、と言わざるを得ない。あまりにも自覚がなさすぎる、というものだ。このように、韓非は非常に冷めた見方をする。徹底的に相手に期待をしない。信ずるのは己のみ。孤高の法術家たる所以である。
07-11 23:09

信ずるのは己のみ。次は、それをさらに深く物語る備内編へと進んでいこう。
07-11 23:16

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
354位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
41位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR