02/01のツイートまとめ

kanpi_history

電通社員、過労自殺事件に「とても迷惑」「仕事やりづらい」と語る「異常な思考」- 記事詳細|Infoseekニュース https://t.co/pU8PriBg9C
02-01 07:12

早速、ゴールデンフリーザ…じゃなくて、ゴールデンクリボーを手に入れたゾ!! https://t.co/zYBZJYhS0e
02-01 19:27

晋の文公が孤偃に問うた。私は肥えてうまい肉はあまねく堂の臣下たちに分け与え、杯酒や高杯の肉は後宮の女たちに分け与え、壺の酒は清むことなく、生肉は乾し肉にされることなく、 #外儲説右上 #韓非子
02-01 19:53

一匹の牛を殺しても国中にあまねく分け与え、年々の貢納される織物はことごとく士卒に与えて着せる。こうしておれば民を戦わせるに充分かね、と。 #外儲説右上 #韓非子
02-01 19:53

狐子は言った。足りません、と。文公は言った。私は関所や市場の税を弛め、刑罰を軽くした。こうしておけば民を戦わせるに充分かね、と。狐子は言った。足りません、と。 #外儲説右上 #韓非子
02-01 19:57

文公は言った。我が民で財産を失ってしまった者がいれば、私みずから郎中に事情を調べさせ、罪のある者は赦し、貧しくて困窮している者には与えている。こうしておけば民を戦わせるに充分かね、と。 #外儲説右上 #韓非子
02-01 20:05

狐子は答えた。足りません。これらは皆、民の生活を大切にするからですが、民を戦わせるのは、殺すことになります。民がご主君を慕い従うのは、生活を大切にしてくれるからです。ご主君はこの慕い従う民を迎えて殺してしまうのでは、ご主君に従う理由を失ってしまいます、と。 #外儲説右上 #韓非子
02-01 20:07

文公は言った。それならばどのようにすれば民を戦わせることができるのかね、と。狐子は答えた。民に戦わざるを得ないようにさせることです、と。 #外儲説右上 #韓非子
02-01 20:11

文公は言った。どうやって戦わざるを得ないようにさせるのかね、と。狐子は答えた。信賞必罰によって戦わせることができます、と。文公は言った。刑罰の限度はどこまでだろうか、と。答えて言った。ご主君に親しい者、身分の高い者でも避けず、寵愛する者にも行うのです、と。 #外儲説右上 #韓非子
02-01 20:25

文公は言った。よろしい、と。翌日、圃陸で狩りを行うことにして、その日の正午までに集まるように決め、遅れた者には軍法によって罰する、と命じた。 #外儲説右上 #韓非子
02-01 20:30


ここにおいて、文公に顚頡という寵愛する者がいて、期限に遅れた。役人がその処罰を願い出た。文公は涙を流して悲しんだ。役人は言った。処罰をしてくださいますように、と。 #外儲説右上 #韓非子
02-01 20:34

そのまま顚頡の背を斬って罰し、臣民に知らしめ、法が確実に行われることを明らかにした。その後、臣民は皆恐れて言った。ご主君は顚頡を寵愛すること、かくの如くはなはだしかったが、それでもなおご主君は法を行われた。我らに対してなど何の躊躇いがあろうか、と。 #外儲説右上 #韓非子
02-01 20:40

文公は民を戦わせることができるようになったと判断して、兵を起こし、原を伐って勝ち、衛を伐ってその国の畝を東に並べ、衛の五鹿を奪い、陽を攻め、虢に勝ち、曹を伐ち、南では鄭の都を囲み、城壁の防備を取り除き、宋の囲みを戦わずして解かせ、 #外儲説右上 #韓非子
02-01 20:50

引き返して楚軍と城濮で戦い、大いに楚軍を破り、引き返して踐土で会盟を行い、そのまま衡雍で天子に謁見し覇者の礼を成した。ひとたび兵を起こし、八つの功をあげた。こうなった理由は他でもない。狐偃の謀に従い、顚頡の背を斬って見せたからである。 #外儲説右上 #韓非子
02-01 21:01

ふぅ…。ちょっと長かったけど、一気に書き上げたぞ。最初の孤偃は狐偃の間違いです。ただの変換ミス。
02-01 21:03

狐偃=舅犯、咎犯で、文公、張耳の重臣。彼無くして文公の覇は成し得なかったであろう。昔、晋の文公は、斉の公女に惚れ込み、国へ帰るのを忘れた。舅犯が厳しく諫めたので、文公は晋へ帰ることができた。つまり、桓公は管仲によって諸侯を九合させ、文公は舅犯によって覇者となった。(難二より)
02-01 21:17

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

儒学者、近藤篤山の研究。

通背拳の伝承、指導。

愛媛論語教室 準備中!
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
中国武術 教室案内
中国伝統武術
功賀武術会 中四国支部

《個別指導》
・祁氏五行通背拳小架式
 (瀋陽・鄭剣鋒伝)
・白猿通背拳
 (北京・張貴増伝)
・気功 八段錦
・武術基本功
・基礎鍛練の一環として
八極小架、劈掛一路なども学ぶ

費用
入会金 5,000円
月謝 一般男性 4,000円
   一般女性 3,000円
   中高生  2,000円

稽古日時

場所


《出張指導》
 (学校や地域のサークル活動など、出張指導も致します)
出張指導可能エリア
 愛媛・香川・徳島・高知
 広島・岡山・山口・島根
 鳥取・兵庫
出張指導費用 別途相談

指導
支部長 石川 武志

連絡先
tongbei_kouga*outlook.com
(*を@へ変更して問い合わせください)

公式サイト
http://tongbei-kouga.jimdo.com/
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
18位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR