12/07のツイートまとめ

kanpi_history

RT記事中の文章「祖先を敬い、先達がいるから自分たちがいるという想像力に欠けている」について目の前にいるどこの誰とも知らない文句を言っている老人は、彼の先祖ではない。目の前にいるその老人がいるから彼がこの世に存在できているわけでもない。
12-07 08:57

RT記事中の文章「この若者は『同じ電車賃を払っている』という悪しき平等主義なんでしょうが、彼が乗っている電車をはじめとするインフラや安全な日本を、一体誰が作ったと思っているのか」について少なくとも目の前で文句を言っている老人が作ったわけではない。
12-07 08:59

日本人なんだからわかるだろう、などというクソみたいな甘えと押し付け。日本人じゃなかったら譲らなくても良いと言うのか。
12-07 09:03

70歳にもなって、ものの頼み方もわからぬとは。
12-07 09:05

韓国で性犯罪増加、朴大統領のせい? 強姦件数、日本の3倍から8年で7倍超に増加- 記事詳細|Infoseekニュース https://t.co/JGHktBDVm4
12-07 09:27

出身地が同じ、というだけで、会ったこともない人間に対して、親しみを感じたり、誇らしく感じたり、応援しようという気になることはない。「で、それ誰?」となるだけである。
12-07 18:35

「君の名は。」は見たことないけど、「俺の名を言ってみろ」っていうのは見たことある。
12-07 18:42

ここに行ってみたいな…。https://t.co/ftobbTiITv
12-07 18:48

ここも見に行きたいな。茶碗は良いゾ。https://t.co/NpfXuq9ARz
12-07 18:51

茶碗 灰釉 木守 https://t.co/dp2kf4bMgH
12-07 18:57


茶道はやったことないし、興味もないけど、茶碗は好き。
12-07 18:58

一、賞されても、名誉を得ても、喜ばず、罰せられても、謗りを受けても恐れない。これら四つのものが加えられても動じない、というような者は、取り除かねばならない。 #外儲説右上 #韓非子
12-07 19:02

斉の景公が晋へ行き、晋の平公に招かれて酒を飲んだ。そばに師曠が侍していた。景公は政治について師曠に問うた。太師、何か私にお教えください、と。師曠は言った。必ず民にお恵みなさることです、と。 #外儲説右上 #韓非子
12-07 19:19

途中、宴もたけなわのころ、景公は退出しようとした。そこで再び政治について師曠に問うた。太師、何か私にお教えください、と。師曠は言った。必ず民にお恵みなさることです、と。 #外儲説右上 #韓非子
12-07 19:20

景公は退出して客舎に行き、師曠はこれを送って出た。そこで再び政治について師曠に問うた。師曠は言った。必ず民にお恵みなさることです、と。 #外儲説右上 #韓非子
12-07 19:20

景公は客舎に帰り、考えたが、まだ酒の酔いから醒めぬ間に師曠の言った意味が分かった。公子尾と公子夏は、景公の二弟である。ともに甚だ斉の民心を得ており、家は富貴で民に好かれており、その様は公室と同じようである。 #外儲説右上 #韓非子
12-07 19:24

これは我が地位を危うくする者である。ゆえに今、私に民に恵めと言うのは、私に二弟と争って民心を得よ、ということではないか、と。 #外儲説右上 #韓非子
12-07 19:27

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR