10/20のツイートまとめ

kanpi_history

蜘蛛との相性が悪い。よく蜘蛛に襲われる。よく蜘蛛の巣に引っかかる。今朝も家を出た途端、蜘蛛の巣に絡めとられた。大きな蜘蛛が手ぐすね引いて待ち構えていた。危うく蜘蛛の餌になるところだった。奴らは危険だ。何故奴らはいつも私を襲ってくるのだろうか。🕸🕷🕸🐛🕸🕷🕸
10-20 08:43

ユリアだ!! #このタグ見た人は今欲しいものを言う https://t.co/ciDjBs5uJx
10-20 09:20

魏の李悝が左右の軍門の守衛を戒めて言った。しっかりと警戒せよ。敵が日暮れから明朝のうちにやってきて、そなたらを撃とうと攻めてくるだろう、と。このような戒めが再三繰り返しされたが、敵はやってこない。すると左右の軍門の守衛は警戒を怠り、李悝を信用しなくなった。 #外儲説左上 #韓非子
10-20 19:13

そのまま数か月が過ぎたころ、秦軍がやって来て襲い、魏軍はほとんど壊滅しそうになった。これは信頼を失ったことによる害である。 #外儲説左上 #韓非子
10-20 19:17

一説にはこうある。魏の李悝が秦軍と戦おうとした。左の軍門の守衛に言った。速やかに城壁に登れ。右の軍門の守衛はすでに登ってしまったぞ、と。また、馬を馳せて右の軍門の守衛のところへ行き言った。左の軍門の守衛はすでに登ってしまったぞ、と。 #外儲説左上 #韓非子
10-20 19:20

左右の軍門の守衛は、そのために争って登った。その翌年、秦軍と戦った。秦軍が襲いかかり、魏軍のほとんどが壊滅しそうになった。これは信頼を失ったことによる害である。 #外儲説左上 #韓非子
10-20 19:23

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR