10/10のツイートまとめ

kanpi_history

宋の襄公が楚の人と涿谷のほとりで戦った。宋の人はすでに隊列を終えたが、楚の人はまだ川を渡っていなかった。右司馬の購彊が走り寄って諫めて言った。 #外儲説左上 #韓非子
10-10 11:47

楚の兵は多く、宋の兵は少ないのです。どうか楚の兵を半ば渡らせ、まだ隊列が整わぬうちにこれをお撃ちください。そうすれば必ず破ることができましょう、と。 #外儲説左上 #韓非子
10-10 11:47

襄公は言った。私はこう聞いている。君子は傷を負った敵を再び傷つけず、白髪まじりの老兵を捕虜にせず、敵を危険な所へ推さず、敵を隘路で襲わず、敵の隊列が整わぬうちに太鼓を打って攻め寄せないものだ、と。 #外儲説左上 #韓非子
10-10 11:55

今、楚の兵はまだ渡り終えておらぬのに、これを撃てば、義を害するであろう。楚の兵をみな渡らせて陣を布かせてから、太鼓を打って軍を進めることにする、と。 #外儲説左上 #韓非子
10-10 11:56

右司馬は言った。ご主君、それでは宋の民を愛せず、身の安全を計らずに、ただ義を行うだけとなります、と。襄公は言った。隊列に戻らねば、軍法に照らして処罰するぞ、と。右司馬は隊列に戻った。楚の軍は隊列を整え陣を布き終えた。襄公はそこで太鼓を打った。 #外儲説左上 #韓非子
10-10 12:03

宋の軍は大敗し、襄公は股に傷を受け、三日の後に死んだ。これは、君主がみずから仁義を行うことを好んだことによる禍である。 #外儲説左上 #韓非子
10-10 12:06

もし必ず君主がその身をもって行い、その後に民が従うだろうと期待するなら、これは君主が自分で耕作して食料を作り、自分が兵たちと並んで戦い、それによって民が耕作し戦に出ようと承服させることである。 #外儲説左上 #韓非子
10-10 12:11

これでは君主の身は甚だ危うく、臣民は甚だ楽ではないか。 #外儲説左上 #韓非子
10-10 12:13

宋襄の仁、という。
10-10 12:14

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
542位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
60位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR