10/02のツイートまとめ

kanpi_history

四、趙の王登が中牟の長官であったとき、趙襄主に上申した。中牟に中章と胥已という士がおります。その身の修養は甚だよく、その学問は甚だ博いのです。ご主君はどうかこれらを用いなさいませ、と。襄主は言った。そなた、ふたりを目通しさせよ。中大夫に取り立てようぞ、と。 #外儲説左上 #韓非子
10-02 11:00

襄主の相室が諫めて言った。中大夫は晋の重職でございます。今まだ功績も無いのにその職を受けるのは、晋の群臣の望むところではありません。ご主君は耳で聞いただけで、まだ目でご覧になってはいないでしょう、と。 #外儲説左上 #韓非子
10-02 11:07

襄主は言った。私が登を任用するとき、耳で聞き、目でも見た。その登が任用して欲しいという者を、私がまた耳で聞いて目で見るというのでは、人を耳で聞いて目で見るというやり方がずっと終わらないではないか、と。 #外儲説左上 #韓非子
10-02 11:12

王登は一日のうちにふたりを襄主に見えさせ、襄主はふたりに田地と邸宅を与えた。そこで中牟の人びとは田畑を耕すのをやめ、その家や田畑を売って、学問を生業にしようとする者が、邑の半分にのぼった。 #外儲説左上 #韓非子
10-02 11:16

オルフェンズ待機!!
10-02 16:59

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR