08/28のツイートまとめ

kanpi_history

その例は、文公が宣伝した話や、勾践が如皇の台を非難した話がある。ゆえに桓公は蔡への怒りを抑えて楚を攻め、呉起が傷の治った後の実利を考慮して傷の膿を吸った。かつ、先王を讃えた詩や鐘や鼎の銘文は、みな潘吾山の足跡や華山の博奕の類である。 #外儲説左上 #韓非子
08-28 10:41

しかし先王の期待したものは利であり、用いたものは武力であった。築社の諺はこの二つの眼目を示したものである。それなのに学者に意見を許し、でたらめを先王の名を借りて行わせようとするのは、今に合わぬことではないか。 #外儲説左上 #韓非子
08-28 10:52

このようなことを改めることができないのは、鄭県の人が車のくびきを拾う話や、衛の人が弋の手伝いをする話や、卜子の妻が破れて袴を作る話や、乙子の妻がすっぽんに水を飲ませた話や、そして少年が年長者を真似た話などがある。 #外儲説左上 #韓非子
08-28 11:05

先王の言葉は、その重要ではないことを世の人がこれを重要だと思い、また、その重要であることを世の人がこれを重要ではないと思うこともあり、必ずしもはっきりとわかるものではないのである。 #外儲説左上 #韓非子
08-28 11:11

その例は、宋の人が書を読んだ話や、梁の人が記を読んだ話がある。先王の書が郢の書のように誤って読まれ、後世の人に燕の人の解釈が多く広まる。国のためにならないのに先王の道を説くのは、みな家に帰って足の寸法を測る類の話である。 #外儲説左上 #韓非子
08-28 11:19

岳飛は過大評価されすぎだと思っている。
08-28 17:53

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
542位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
60位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR