07/08のツイートまとめ

kanpi_history

君主の過ちは、自分で大臣に任じて、また必ず他の任じていない臣下と共に、その大臣を警戒することにある。 #南面 #韓非子
07-08 19:19

この説は、つまりその任じられた大臣の敵となる、ということであろう。しかし君主は返ってその任じていない臣下に振り回され、今、共に大臣を警戒しようとする臣下に、先の大臣のように備えねばならない存在になるだろう。 #南面 #韓非子
07-08 19:20

君主が法を明確にして大臣の威勢を抑えることができないのなら、一般の臣下の信頼を得る方法すら無いであろう。 #南面 #韓非子
07-08 19:21

君主が法を捨てて、臣下を用いて臣下に備える、というようなときは、互いに好む者は徒党を組んで互いに誉め合い、互いに憎み合う者は群れをなして互いに誹り合い、誉め合い誹り合う者たちが騒ぎ立てるなら、君主は惑わされ混乱するだろう。 #南面 #韓非子
07-08 19:28

臣下は名声を立てて貰ったり、誰かに請うて君主に取りなしてもらうのでなければ、出世することができず、法に背いて私的に思うままに行動するのでなければ、威勢を振りまくことができず、忠誠実直のふりをするのでなければ、禁制を緩めてもらうこともできない。 #南面 #韓非子
07-08 19:38

これら三つは、君主の耳目を眩まし、法を壊す方法である。君主は臣下に智恵や能力があるといえども、法に背いて専制することを許さず、賢人の徳行があるといえども、功労者を越えて上に進み出ることはできず、忠誠実直であっても法を捨てて禁制を破ることはできないようにする。 #南面 #韓非子
07-08 19:44

これを明法というのである。 #南面 #韓非子
07-08 19:44

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
518位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
55位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR