07/02のツイートまとめ

kanpi_history

近藤篤山の師であり、愛媛出身の儒学者、尾藤二洲を訪ねて。 https://t.co/k2IYDy142m
07-02 14:28

ゆえに明主は法によって人を選ばせ、自分の考えで用いず、法によって功績を計り、自分の考えで計らない。能力のある者は覆い隠されず、失敗した者は取り繕うこともできない。 #有度 #韓非子
07-02 19:23

世間の評判が良いからといって昇進することはなく、世間の謗りを受けたからといって退けられることもないので、君臣の間は明確でわかりやすく治まりやすい。ゆえに君主は法に照らし合わせて行うのが良いのである。 #有度 #韓非子
07-02 19:36

そもそも賢者の臣下としてのあり方は、君主に謁見し贄を献じ、二心を抱かず、朝廷では低い官位でも辞さず、軍中においては困難も辞さず、お上のやり方に従い、君主の法に従い、私心を無くして君主の命令を待ち、その是非を述べない。 #有度 #韓非子
07-02 19:50

ゆえに口はあっても私的な発言はせず、目はあっても私利を見ず、お上の命令に任せる。臣下たる者は例えるに手のようなものである。手は、上は頭を抑え、下は足を抑える。それは涼しさ暖かさ寒さ暑さによって、対処せずにはいない。 #有度 #韓非子
07-02 19:59

鋭い剣が体に迫れば手でそれを払いのけねばならない。そして君主は賢臣だからといって私的に贔屓することなく、職能の士だからといって私的に贔屓することもない。 #有度 #韓非子
07-02 20:03

ゆえに民はその郷里を越えて交際をせず、百里の遠方に親戚ができることもなく、貴賤の分別が保たれ、愚者と智者の別が釣り合っているというのが、最も良く治まっている状態なのである。 #有度 #韓非子
07-02 20:07

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
244位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
29位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR