06/11のツイートまとめ

kanpi_history

明主は臣下の功績を調べて爵禄を与え、能力に応じて官職に任じる。ゆえに用いられれば必ず賢能がある。このようにして賢能の士が進み出てくれば、大臣や近臣の私的な求めはなくなる。 #人主 #韓非子
06-11 20:25

功績のある者は重禄を受け、能力のある者は重要な官職に就けば、私的な剣を振るう者も私的な勇をやめて、敵を防ぐことに励まざるを得ず、遊説の士も大臣たちの私門を諫めて清く正しい言行に務めざるを得ないであろう。 #人主 #韓非子
06-11 20:25

これが賢能の士を集めて、大臣たちの私門の徒を解散させる方法である。 #人主 #韓非子
06-11 20:36

今、近臣は必ずしも智者ではないのに、君主は人々に対して、この者は智者であろうと思って聴いたとしても、朝廷の奥に入って近臣とその言説について論じ合い、近臣の意見を聴き入れてその者の智を用いないというのでは、これを愚者と智者について論じる、というのである。 #人主 #韓非子
06-11 20:36

要職に就く臣は必ずしも賢者ではないが、君主が人々に対して、この者は賢者であろうと思って礼を示しながらも、朝廷の奥に入って要職に就く臣とその者の行動を論じ合い、その意見を聴き入れてその賢者を用いないというのでは、これを不肖の者と賢者について論じる、というのである。 #人主 #韓非子
06-11 20:42

こうして智者はその策を愚者によって判断され、賢者は不肖の者によってその行動を計られる。これでは賢智の士はいったいいつになったら用いられるときがくるのであろうか。こうして君主の耳目は塞がれてしまうのである。 #人主 #韓非子
06-11 20:49

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
542位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
60位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR