05/25のツイートまとめ

kanpi_history

資格取得を機に、論語や儒教について、より深く学んでいるのだが、この機会に地元、愛媛に縁のある儒学者について調べようと思うに至る。そこで見渡してみると、中江藤樹、川田雄琴、尾藤二洲、近藤篤山、遠藤石山の名前が挙がった。「故きを温めて新しきを知る。以て師為る可し」である。
05-25 19:02

いわゆる明君とは、その臣下を養い服従させる者である。いわゆる賢臣とは法や刑罰を明るく、官職の務めを果たし、その君主に仕え戴く者である。 #忠孝 #韓非子
05-25 19:25

今、堯はみずから明君であるとしながら、舜を養い服従させることができなかった。舜はみずから賢臣であるとしながら、堯を君主として仕え戴くことができなかった。湯、武はみずから正義であるとしながら、その君主を殺した。 #忠孝 #韓非子
05-25 19:29

漢分補給!うまいこと言いますね! https://t.co/Rj4DgdMyfQ
05-25 19:31

これでは、明君とは常に君位を譲ろうとする者であり、賢臣とは常に君位を奪い取ろうとする者である、ということになる。ゆえに今に至るまで、子が父の家を奪い、臣が君主の国を奪うのである。 #忠孝 #韓非子
05-25 19:36

父でありながら子に譲り、君主でありながら臣に譲るのは、君位を安定させ、君臣の規範を一定にさせる道理ではないのである。 #忠孝 #韓非子
05-25 19:39

私が聞くところでは、臣下は君主に仕え、子は父に仕え、妻は夫に仕える。この三者が正しければ天下は治まり、三者が逆であれば天下は乱れる、と。これは天下の常道である。明王賢臣も変わらないのである。つまり君主が不肖だとしても、臣下はあえてこれを侵さないのである。 #忠孝 #韓非子
05-25 19:43

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
479位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
51位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR