04/23のツイートまとめ

kanpi_history

そうだ、韓非子集中講義だけでなく、論語集中講義もやろう。
04-23 09:49

慈母が幼子に対するに、愛情の深さにおいて前に出る者はいない。しかし幼子に悪行があれば、これを師に従わせ、悪病があれば、これを医者に従わせる。師に従わなければ刑罰を受ける事態に陥り、医者に従わなければ死ぬほどの事態に陥るだろう。 #八説 #韓非子
04-23 20:51

慈母が愛するといえども、刑罰を救い、死を救うことはできない。つまり子を育てるものは愛情ではないのである。母子の間の愛情は先天的な性質のものであり、君臣の間の権勢の道は策謀である。 #八説 #韓非子
04-23 21:01

母の愛情では家を正しく保つことはできないのに、君主がどうして愛情で国を保てたりするだろうか。明主は、富国強兵を達成させれば、思う通りにできるだろう。ゆえに正しい政治のやり方を謹んで聴くのである。富国強兵の方法は、法令禁令を明確にし、計謀を深く練るのである。 #八説 #韓非子
04-23 21:09

法が明確であれば国内に変事反乱の禍はなく、計謀を深く練れば外国との争いで死者や捕虜の禍はないだろう。ゆえに国をよく保つのは仁義ではないのである。仁とは慈恵であり財を惜しまないものである。暴とは心を剛毅にして誅罰を容易く行うものである。 #八説 #韓非子
04-23 21:16

慈恵であれば罪を罰するに忍びず、財を軽んじれば人々に施すことを好み、心が剛毅であれば下々に憎しみの心が生じ、誅罰を容易く行えばみだりに人を殺してしまう。 #八説 #韓非子
04-23 21:21

罰するに忍びなければ罪を赦すことが多く、人々に施すことを好むなら功績のない者にも賞を与えることが多く、憎しみの心が生じれば下々はお上を怨み、みだりに人を殺すなら民はいまにも背こうとするだろう。 #八説 #韓非子
04-23 21:25

ゆえに仁者が君位にいると、下々は好き勝手に軽々しく法令禁令を破り、まぐれの幸運に期待する。暴君が君位にいると、法令がみだりに変えられ、君臣は背きあい、民は怨んで反乱の心が生じる。だから言うのだ。仁者暴君はみな国を亡ぼすものである、と。 #八説 #韓非子
04-23 21:32

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
542位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
60位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR