04/02のツイートまとめ

kanpi_history

学者が説くに、皆、刑罰を軽くせよ、という。これは国を乱し亡ぼすやり方である。およそ賞罰を必ず行うのは、功績を推奨し、罪悪を禁じるためである。賞が厚ければ臣民は望むものを早く得られ、罰が重ければ臣民の嫌うことが早く禁ぜられる。 #六反 #韓非子
04-02 21:07

そもそも利益を欲する者は必ず損害を嫌う。害は利の反対である。己の欲するところに反するのだから、どうして害を憎まずにいられるだろうか。国が治まることを望む者は必ず乱を嫌う。乱は治の反対である。 #六反 #韓非子
04-02 21:14

ゆえに国が治まることを強く望む者は、賞を必ず厚くし、乱を強く嫌う者は、必ず罰を重くする。今、刑を軽くすることをよしとする者は、乱を大して嫌っておらず、国が治まることも大して望んでいないのである。 #六反 #韓非子
04-02 21:17

国が治まることを大して望んでいないというのは、ただ法術を知らぬというだけでなく、政治を行うものとして相応しくないのである。よって優劣や賢愚をを判別するには、賞罰の軽重を見ればよい。 #六反 #韓非子
04-02 21:29

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
542位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
60位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR