01/15のツイートまとめ

kanpi_history

故に群臣は意見を述べ、君主はその意見によって職を授け、その仕事によって実績を求める。実績が職と合い、当初の意見に合っていれば賞を与える。実績が職と合わず、当初の意見に合っていなければ罰する。名君の道においては、臣は意見を述べたら必ず実行せねばならないのだ。 #主道 #韓非子
01-15 22:35

つまり、明君が賞を与えるときは、温情溢れること恵の雨の如く、臣民みながその恩恵を受ける。罰を与えるときは、畏怖すること雷の如く、いかなる聖人であってもそれを止めることはできないのだ。よって名君は賞を出し惜しむことなく、罰を赦すこともない。 #主道 #韓非子
01-15 22:41

賞を出し惜しみすると功績をあげた臣下も務めを怠るようになり、罰を赦すと姦臣は悪事をなしやすいだろう。故に、もし功績があれば身分の卑しい者であっても必ず賞し、もし過ちがあれば近親者であっても必ず罰する。 #主道 #韓非子
01-15 22:46

身分の卑しい者でも必ず賞し、近親者であっても必ず罰すれば、身分の卑しい者でも怠らず、近親者であっても驕ることがないのである。 #主道 #韓非子
01-15 22:47

韓非子の主道は終了。主道編は、形名参同の重要性について力説する。現代でも信賞必罰だと言うわりに、そのやり方を理解していない者が多い。会社組織でも罰則は多いが、賞が与えられることは少ない。その割に、近親者を罰せない。近親者によってその耳目を塞がれていることに気づかないのだ。
01-15 23:17

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
354位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
41位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR