05/22のツイートまとめ

kanpi_history

何を小忠と言うのか。昔、楚の共王が晋の厲公と鄢陵で戦った。楚軍は敗れ、共王は目に傷を負った。その戦いの最中に、楚の司馬、子反は喉が渇いて水を求めた。配下の豎、穀陽が酒の入った杯を献じた。 #十過 #韓非子
05-22 20:35

子反は言った。や、下げよ、それは酒だ、と。すると豎、穀陽は酒ではありません、と言う。そこで子反は受けてそれを飲んだ。子反はもともと酒を好み、飲んでうまいと思えば口から離すことができなくなり、酔いつぶれてしまうのだ。そのうちに既に戦いは終わってしまった。 #十過 #韓非子
05-22 20:43

共王は翌日また戦おうと思って、人をやって司馬子反を召し出させた。すると司馬子反は胸の具合が悪いといって断った。王は車で自ら往って、子反の帷幄に入り、酒のにおいを嗅ぎつけて帰っていった。 #十過 #韓非子
05-22 20:50

共王は言った。今日の戦は私自ら戦って傷を負った。頼みの綱は司馬である。しかしその司馬までもこのように酔いつぶれている。これは楚の社稷を忘れ、我ら君臣や民のことなど気にしないということだ。私はもはや戦えない、と。 #十過 #韓非子
05-22 20:56

こうして軍を引き返して去り、司馬子反を斬って重刑にした。豎穀陽が酒を勧めたのは子反に仇なすためではない。その心は子反を忠義から慕ってのことであったのに、たまたま子反を殺してしまう原因となった。だから言うのだ、小さな忠義を行うのは大きな忠義にとっては害である、と。 #十過 #韓非子
05-22 21:06

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

儒学者、近藤篤山の研究。

通背拳の伝承、指導。

愛媛論語教室 準備中!
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
中国武術 教室案内
中国伝統武術
功賀武術会 中四国支部

《個別指導》
・祁氏五行通背拳小架式
 (瀋陽・鄭剣鋒伝)
・白猿通背拳
 (北京・張貴増伝)
・気功 八段錦
・武術基本功
・基礎鍛練の一環として
八極小架、劈掛一路なども学ぶ

費用
入会金 5,000円
月謝 一般男性 4,000円
   一般女性 3,000円
   中高生  2,000円

稽古日時

場所


《出張指導》
 (学校や地域のサークル活動など、出張指導も致します)
出張指導可能エリア
 愛媛・香川・徳島・高知
 広島・岡山・山口・島根
 鳥取・兵庫
出張指導費用 別途相談

指導
支部長 石川 武志

連絡先
tongbei_kouga*outlook.com
(*を@へ変更して問い合わせください)

公式サイト
http://tongbei-kouga.jimdo.com/
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR