韓非子 定法篇 書き下し文

問ふ者曰く、申不害、公孫鞅、此の二家の言、孰(いづ)れか国に急なる、と。


之に応(こた)へて曰く、是れ程す可からざるなり。
人、食はざること十日なれば則ち死す。大寒の隆、衣(き)せざるも亦死す。
之を衣食孰(いづ)れか人に急なると謂はば、則ち是れ一も無かる可からざるなり。皆、生を養ふの具なり。

今、申不害は術を言ひ、而して公孫鞅は法を為す。
術は、任に因(よ)りて官を授け、名に循(したが)ひて実を責む。殺生の柄を操(と)り、群臣の能を課する者なり。
此れ人主の執る所なり。
法は、憲令、官府に著し、刑罰、民心に必す。賞は法を慎むに存し、而して罰は令を姦(をか)すに加ふる者なり。
此れ臣の師とする所なり。
術無くんば則ち上に弊(おほ)はれ、臣法無くんば則ち下に乱る。
此れ一も無かる可からず。皆、帝王の具なり。


問ふ者曰く、徒(た)だ術にして法無く、徒(た)だ法にして術無き、其の不可なるは何ぞや、と。


対(こた)へて曰く、申不害は韓の昭侯の佐なり。
韓は晋の別国なり。晋の故法、未(いま)だ息(や)まず。而して韓の新法、又(また)生ず。
先君の令、未(いま)だ収めず。而して後君の令、又(また)下る。
申不害、其の法を擅(ほしいまま)にせず、其の憲令を一にせず。則ち姦多し。
故に利、故法前令に在れば則ち之に道(よ)り、利、新法後令に在れば則ち之に道(よ)る。
利、故新相反し、前後相悖(もと)るに在れば、則ち申不害、十たび昭侯をして術を用ひしむと雖も、而れども姦臣猶(な)ほ其の辞を譎(いつは)る所有り。
故に万乗の勁韓に託し、十七年にして覇王に至らざる者は、術を上に用ふと雖も、法、官に勤飾(きんちょく、飾=飭)せざるの患なり。

公孫鞅の秦を治むるや、告相坐を設けて其の実を責め、什伍を連ねて其の罪を同じくす。
賞厚くして信、刑重くして必。
是を以て其の民、力を用ひ、労して休せず。敵を逐(お)ふに、危くして却(しりぞ)かず。
故に国富みて兵強し。

然り而して術の以て姦を知る無ければ、則ち其の富強を以て、人臣に資するのみ。
孝公商君死し、恵王位に即くに及びて、秦法未(いま)だ敗れず。
而して張儀、秦を以て韓魏に殉(したが)ふ。
恵王死し、武王位に即く。甘茂(かんも)秦を以て周に殉(したが)ふ。
武王死し、昭襄王位に即く。穰侯、韓魏を越えて東、斉を攻め、五年にして秦尺土の地を益(ま)さず。乃ち其の陶邑(とうゆう)の封(ほう)に城(きず)く。
應侯、韓を攻むること八年、其の汝南(じょなん)の封(ほう)に城(きず)く。
是より以来、諸(もろ)もろ秦を用ふる者、皆、応穰の類なり。

故に戦勝てば則ち大臣尊く、地を益(ま)せば則ち私封立つ。
主、術の以て姦を知る無ければなり。
商君、十たび其の法を飾(ととの、飭)ふと雖も、人臣反りて其の資を用ふ。
故に強秦の資に乗ずること十年にして、而かも帝王に至らざる者は、法、官に勤飾せずして主、上に術無きの患なり、と。


問ふ者曰く、主、申子の術を用ひて、官、商君の法を行はば、可ならんか、と。


対(こた)へて曰く、申子、未(いま)だ術を尽さず、商君、未(いま)だ法を尽さざるなり。
申子言ふ、治、官を踰(こ)えず、知ると雖も言はず、と。
治、官を踰(こ)えざるは、之を職を守ると謂ふ、可なり。
知りて言はざるは、是れ過ちと謂ふなり。
人主、一国の目を以て視る。故に視ること焉(これ)より明なるは莫し。
一国の耳を以て聴く。故に聴くこと焉(これ)より聡なるは莫し。
今、知りて言はずんば、則ち人主、尚(な)ほ安(いづ)くに假借(かしゃく)せんや。

商君の法に曰く、一首を斬る者は爵一級、官為(な)らんと欲する者は、五十石(せき)の官と為す。二首を斬る者は爵二級、官為(な)らんと欲する者は、百石の官と為す、と。
官爵の遷る、首を斬るの功と相称(かな)ふなり。
今、法有り。首を斬る者は医匠為(な)らしめんと曰はば、則ち屋(おく)は成らずして病は已(い)えじ。
夫(そ)れ匠は手巧(たくみ)なり。而して医は斉薬(せいやく)なり。
而して首を斬るの功を以て之を為さば、則ち其の能に当たらず。
今、官を治むるは智能なり。
今、首を斬るは、勇力の加はる所なり。
勇力の加はる所を以て、智能の官を治むるは、是れ首を斬るの功を以て医匠と為すなり。

故に曰く、二子の法術に於ける、皆未(いま)だ善を尽くさざるなり、と。


テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
31位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR