韓非子 八姦 書き下し文

凡そ人臣の道(よ)りて姦を成す所の者、八術有り。

一に曰く、同牀(どうしょう)に在り。
何をか同牀と謂ふ。
曰く、貴夫人、愛孺子、便僻(べんぺき)好色、此れ人主の惑ふ所なり。
燕処の虞(たのし)みに託し、醉飽(すいほう)の時に乗じて、其の欲する所を求む。
此れ必ず聴かるるの術なり。
人臣為(た)る者、内、之に事(つか)ふるに金玉を以てし、其の主を惑はさしむ。
此れ之を同牀と謂ふ。

二に曰く、旁に在り。
何をか旁に在りと謂ふ。
曰く、優笑、侏儒、左右近習、此れ人主未だ命ぜずして唯唯、未だ使はずして諾諾。
意に先だち旨を承け、貌(かたち)を観、色を察し、以て主の心に先だつなり。
此れ皆、倶に進み倶に退き、皆(とも)に応じ、皆(とも)に対し、辞を一にして軌を同じくし、以て主の心を移す者なり。
人臣為(た)る者、内、之に事(つか)ふるに金玉玩好を以てし、外、之が為に不法を行ひ、之をして其の主を化せしむ。
此れ之を旁に在りと謂ふ。

三に曰く、父兄。
何をか父兄と謂ふ。
曰く、側室、公子、人主の親愛する所なり。
大臣、廷吏は人主の与(とも)に度計する所なり。
此れ皆力を尽くし議を畢(つ)くし、人主の必ず聴く所なり。
人臣為(た)る者、公子、側室に事(つか)ふるに音声子女を以てし、大臣、廷吏を収むるに辞言処約を以てす。
事を言ふて事成れば、則ち爵を進め禄を益(ま)し、以て其の心を勧め、其の主を犯さしむ。
此れ之を父兄と謂ふ。

四に曰く、殃(おう)を養ふ。
何をか殃を養ふと謂ふ。
曰く、人主、宮室台池を美にするを楽しみ、子女狗(こう)馬を飾るを好み、以て其の心を娯(たのし)ましむ。
此れ人主の殃なり。
人臣為(た)る者、民、力を尽くして以て宮室台池を美にして、賦斂(ふれん)を重くし、以て子女狗馬を飾り、以て其の主を娯(たのし)ましめて、其の心を乱る。
其の欲する所に従ひて、私利を其の間に樹(た)つ。
此れ之を殃を養ふと謂ふ。

五に曰く、民萌(みんぼう)。
何をか民萌と謂ふ。
曰く、人臣為(た)る者、公財を散じて以て民人を説(よろこ)ばせ、小恵を行ひて以て百姓を取る。
朝廷市井をして皆己を勧誉(かんよ)せしめて、以て其の主を塞ぎ、而して其の欲する所を成す。
此れ之を民萌と謂ふ。

六に曰く、流行。
何をか流行と謂ふ。
曰く、人主は其の言談を固壅し、論議を聴くこと希れなり。
移すに弁説を以てし易し。
人臣為(た)る者、諸侯の弁士を求め、国中の能く説く者を養ひ、之をして以て其の私を語り、巧文の言、流行の辞を為さしめ、之を示すに利勢を以てし、之を懼(おど)すに患害を以てす。
虚辞を施属して以て其の主を壊(まどは)す。
此れ之を流行と謂ふ。

七に曰く、威強。
何をか威強と謂ふ。
曰く、人に君たる者、群臣百姓を以て威強と為す者なり。
群臣百姓の善とする所、則ち君、之を善とす。
群臣百姓の善とする所に非ずんば、則ち君、之を善とせず。
人臣為(た)る者、帯剣の客を聚め、必死の士を養ひ、以て其の威を彰(あら)はし、己の為にする者は必ず利し、己の為にせざる者は必ず死するを明らかにし、以て其の群臣百姓を恐(お)どして、其の私を行ふ。
此れ之を威強と謂ふ。

八に曰く、四方。
何をか四方と謂ふ。
曰く、人に君たる者、国小なれば則ち大国に事(つか)へ、兵弱ければ則ち強兵を畏る。
大国の索(もと)むる所は、小国必ず聴く。強兵の加ふる所は、弱兵必ず服す。
人臣為(た)る者、賦斂を重くし、府庫を尽くし、其の国を虚にし、以て大国に事(つか)へて其の威を用ひ、其の君を誘ふを求む。
甚だしき者、兵を挙げて以て辺境に聚め、内に制斂す。
薄き者は数(しば)しば大使を内(い)れ、以て其の君を震(おど)す。
之をして恐懼せしむ。
此れ之を四方と謂ふ。

凡そ此の八者、人臣の道(よ)りて姦を成す所以、世主壅劫(ようきょう)せられて其の有る所を失ふなり。
察せざる可からず。


明君の内に於けるや、其の色を娯(たの)しみて、其の謁(えつ)を行はず、私請せしめず。
其の左右に於けるや、其の身を使ふに、必ず其の言を責めて、辞を益さしめず。
其の父兄大臣に於けるや、其の言を聴くなり。
必ず罰を以て後に任ぜしむ。妄挙せしめず。
其の観楽玩好に於けるや、必ず之をして出づる所有らしむ。
擅に進めしめず。擅に退けしめず。
群臣をして其の意を虞(はか)らしめず。
其の徳施に於けるや、禁財を縦(はな)ち、墳倉を発(ひら)き、民に利なる者は必ず君に出づ。
人臣をして其の徳を私せしめず。
其の説議に於けるや、称誉者の善とする所、毀疵(きし)者の悪(にく)む所は、必ず其の能を実にし、其の過を察し、群臣をして相(あい)為(ため)に語らしめず。
其の勇力の士に於けるや、軍旅の功、踰賞(ゆしょう)無く、邑闘(ゆうとう)の勇、赦罪(しゃざい)無し。
群臣をして私財を行はしめず。
其の諸侯の求索に於けるや、法なれば則ち之を聴き、不法なれば則ち之を距(ふせ)ぐ。


所謂亡君は其の国を有する莫きに非ず。
而して之を有する者皆己の有に非ざるなり。
臣をして外を以て制を内に為さしむ。
則ち是れ人に君たる者、亡するなり。
大国に聴くは亡を救はむが為めなり。
而るに亡は聴かざるより亟(すむや)かなり。
故に群臣に聴かず。
群臣聴かざるを知れば、則ち外諸侯に(市)(う)らず。
諸侯聴かざるを之(し)れば、則ち臣の誣(し)ふるを受けず。

明君の官職爵禄を為すや、賢材を進め有功を勧むる所以なり。
故に曰く、賢材は厚禄に処り、大官に任ず。
功大なる者、尊爵有り重賞を受く。
賢を官にする者、其の能を量(はか)り、禄を賦する者、其の功を称(はか)る。
是を以て賢者、能を誣(し)ひて以て其の主に事(つか)へず。
功有る者、楽しみて其の業に進む。
故に事成り功立つ。

今は然らず。
賢不肖を課せず。
功労有るを論ぜず。
諸侯の重を用ひ、左右の謁(えつ)を聴き、父兄大臣、上、爵禄を上に請ひて、下、之を売りて以て財利を収む。
及(すなは)ち以て私党を樹(た)つ。
故に財利多き者、官を買ひて以て貴を為す。
左右の交有る者、請謁(せいえつ)以て重を成す。
功労の臣、論ぜられず。官職の遷、失謬(しつびゅう)す。
是を以て吏、官を偸(ぬす)みて外交し、事を弃(す)てて財に親しむ。
是を以て賢者懈怠して勧まず。
有功者隳(おこた)りて其の業を簡にす。
此れ亡国の風なり。


テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
54位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR