韓非子 有度 書き下し文

国、常強無く、常弱無し。
法を奉ずる者強ければ則ち国強し。
法を奉ずる者弱ければ則ち国弱し。


荊の荘王、国を幷(あは)すこと二十六。
地を開くこと三千里。
荘王の社稷を氓(うしな)ふなり。
而して荊以て亡ぶ。

斉の桓公、国を幷(あは)すこと三十。
地を啓(ひら)くこと三千里。
桓公の社稷を氓(うしな)ふなり。
而して斉以て亡ぶ。

燕の襄王、河を以て境と為し、薊を以て国と為し、涿方城を襲(おか)し、斉を残し中山を平らぐ。
燕有る者重く、燕無き者軽し。
襄王の社稷を氓(うしな)ふなり。
而して燕以て亡ぶ。

魏の安釐王、趙を攻め燕を救ひ、地を河東に取り、攻めて陶魏の地を尽くし、兵を斉に加へ、平日陸の都を私す。
韓を攻めて管を抜き、淇下(きか)に勝つ。
睢陽の事、荊軍老いて走る。
蔡召陵の事、荊軍破れ、兵、天下に四布し、威、冠帯の国に行はる。
安釐死して魏以て亡ぶ。


故に荊荘斉桓公有れば、則ち斉荊以て覇たる可く、燕襄魏安釐有れば、則ち燕魏以て強かる可し。
今、皆国を亡ぼす者は、其の群臣官吏、皆乱るる所以を務めて、治まる所以を務めざればなり。
其の国、乱弱なり。
又皆国法を釈てて其の外に私す。
則ち是れ、薪を負ひて火を救ふなり。
乱弱甚し。

故に今の時に当りて、能く私曲を去りて公法に就く者、民安くして国治まる。
能く私行を去りて公法を行ふ者、則ち兵強くして敵弱し。

故に得失を審らかにし、法度の制有る者、以て群臣の上に加ふれば、則ち主、欺くに詐偽を以てす可からず。
得失を審らかにし、権衡の称有る者、以て遠事を聴けば、則ち主、欺くに天下の軽重を以てす可からず。


今若し誉を以て能を進めば、則ち臣、上を離れて下に比周す。
若し党を以て官を挙ぐれば、則ち民、交を務めて法を用ふるを求めず。
故に官の能を失ふ者、其の国乱る。

誉を以て賞を為し、毀を以て罰を為さば、則ち賞を好み罰を悪むの人、公行を釈てて私術を行ひ、比周以て相為にす。
主を忘れ、外に交わり、以て其の与を進むれば、則ち其の下、上の為にする所以の者薄し。
交衆(おほ)く与多く、外内朋党すれば、大過有りと雖も、其の蔽多し。
故に忠臣、非罪に危死し、姦邪の臣、無功に安利なり。

忠臣の危死する所以にして、其の罪を以てせずんば、則ち良臣、伏す。
姦邪の臣、安利なる、功を以てせずんば、則ち姦臣進む。
此れ亡の本なり。


是の若(ごと)くなれば則ち群臣、法を廃して私重を行ひ、公法を軽んじ、数(しば)しば能人の門に至り、一も主の廷に至らず。
私家の便を百慮し、一も主の国を図(はか)らず。
属数多しと雖も、君を尊ぶ所以に非ざるなり。
百官具すと雖も、国に任ずる所以に非ざるなり。
然らば則ち主、人主の名有りて、実は群臣の家に託するなり。

故に臣曰く、亡国の廷には人無し、と。
廷に人無しとは、朝廷の衰ふるに非ざるなり。


家、務めて相益し、国を厚くするを務めず、大臣、務めて相尊くして、君を尊ぶを務めず。
小臣、禄を奉じ交を養ひ、官を以て事と為さず。
此れ其の然る所以の者は、主の上、法に断ぜずして、下、之を為すに信(まか)すに由(よ)るなり。

故に明主、法をして人を択ばしむ。
自ら挙げざるなり。
法をして功を量(はか)らしむ。
自ら度(はか)らざるなり。

能者蔽(おほ)ふ可からず。
敗者飾る可からず。
誉むる者進むる能はず。
非(そし)る者退くる能わず。
則ち君臣の間、明弁にして治め易し。
故に主、法に讎すれば、則ち可なり。


賢者の人臣為(た)る、北面質を委し、二心有る無し。
朝廷には敢へて賤を辞せず、軍旅には敢へて難を辞せず。
上の為に順(したが)ひ、主の法に従ひ、虚心以て令を待ちて、是非する無きなり。
故に口有りて以て私言せず。
目有りて以て私視せず。
而して上、尽(ことごと)く之を制す。

人臣為(た)る者、之を譬(たと)ふるに手の若(ごと)し。
上、以て頭を修め、下、以て足を修む。
清暖寒熱、救はざるを得ず、鏌鋣(ばくや)体に傅(つ)けば、敢へて搏(と)らずんばあらず。
賢哲の臣に私する無く、智能の臣に私する無し。
故に民、郷越えて交わらず。
百里の慼(せき)無し。
貴賤相踰えず、愚智提衡して立つ。
治の至りなり。

今、夫れ爵禄を軽くし、去亡を易くし、以て其の主を択ぶは、臣、廉と謂はず。
説を詐り法に逆らひ、主に倍(そむ)きて強諫するは、臣、忠と謂はず。
恵を行ひ利を施し、下を収めて名と為すは、臣、仁と謂はず。
俗を離れ隠居して、以て上を非(そし)るは、臣、義と謂はず。
外、諸侯を使ひ、内、其の国を耗し、其の危険の陂(ひ)を伺ひ、以て其の主を恐れしめて曰ふ、交、我に非ずんば親しまず。
怨、我に非ずんば解けず、と。
而して主乃ち之を信じ、国を以て之に聴く。
主の名を卑しくして、以て其の身を顕し、国の厚を毀(こぼ)ちて、以て其の家を利するは、臣、智と謂はず。

此の数物は、険世の説にして、先王の法の簡(しりぞ)くるなり。


先王の法に曰く、臣、威を作(な)す或る毋(なか)れ。
利を作(な)す或る毋(なか)れ。王の指に従へ。
悪を作(な)す或る毋(なか)れ。王の路に従へ、と。
古は、世治の民、公法を奉じ、私術を廃し、意専らにし行を一にし、具して以て使を待つ。

夫れ人主と為りて、身(みずか)ら百官を察せば、則ち日足らず、力給せず。
且つ上、目を用ふれば則ち下、観を飾る。
上、耳を用ふれば則ち下、声を飾る。
上、慮を用ふれば則ち下、辞を繁くす。

先王、三者を以て足らずと為す。
故に己が能を舎(す)てて、法数に因(よ)り、賞罰を審らかにす。
先王の守る所は要なり。
故に法省きて侵されず、独り四海の内を制す。

聡智、其の詐を用ふるを得ず、陰躁、其の佞を関わふるを得ず、姦邪、依る所無し。
遠く千里の外に在るも、敢へて其の辞を易(か)へず、勢、郎中に在るも、敢へて善を蔽ひ非を飾らず。
朝廷、群下直湊し、単微にして敢へて相踰越(ゆえつ)せず。
故に治、足らずして、日、余り有り。
上の任勢然(しか)らしむるなり。


夫れ人臣の其の主を侵すや、地形の如し。
漸を即(つ)みて以て往き、人主をして端を失ひ、東西、面を易へて自ら知らざらしむ。
故に先王、司南を立てて、以て朝夕を端(ただ)す。
故に明主、其の群臣をして意を法の外に遊ばしめず、恵を法の内に為さざらしむ。
動くこと法に非ざる無し。
法、過遊を淩(ただ)し私を外にする所以なり。
厳刑は令を遂げ下を懲(こら)す所以なり。
威、貸錯せず。
制、門を共にせず。
威制共にすれば則ち衆邪彰(あらは)る。
法、信ぜずんば則ち君の行、危し。
刑、断ぜずんば則ち邪、勝(た)へず。

故に曰く、巧匠は目意、縄に中(あた)れども、然れども必ず先(ま)づ規矩(きく)を以て度と為す。
上智は捷挙(しょうきょ)事に中(あた)れども、必ず先王の法を以て比と為す、と。

故に縄、直にして枉木(おうぼく)斬られ、準、夷にして高科削らる。
権衡、県(かか)りて重、軽を益す。
斗石設けて多、少を益す。
故に法を以て国を治むるは、挙げて措くのみ。
法、貴に阿(おもね)らず、縄、曲に撓(たわ)まず。

法の加ふる所は、智者辞する能わず、勇者敢へて争わず。
過を刑するに大臣を避けず、善を賞するに匹夫を遺(す)てず。
故に上の失を矯(た)め、下の邪を詰(なじ)り、乱を治め繆を決し、羡(あまり)を絀(しりぞ)け非を斉(ひとし)くし、民を一にするの軌は、法に如くは莫し。
官を属(はげま)(厲)し民を威(おど)し、淫殆(いんたい)を退け、詐偽を止むるは、刑に如くは莫し。
刑重ければ則ち敢へて貴を以て賤を易(かは)らず。
法、審らかなれば則ち上、尊くして侵されず。
上、尊くして侵さざれば、則ち主、強くして守り要なり。

故に先王、之を貴みて之を伝ふ。

人主、法を釈てて私を用ふれば、則ち上下別(わか)たず。




テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
54位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR