韓非子 説難 書き下し文

凡そ説の難きは、吾が知の以て之に説く有るの難きに非ざるなり。
又、吾が弁の能く吾が意を明らかにするの難きに非ざるなり。
又、吾れ敢えて横失(おうしつ)して能く尽くすの難きに非ざるなり。

凡そ説の難きは、説く所の心を知り、吾が説を以て之に当(あ)つ可きに在り。

説く所名高(めいこう)の為(ため)にする出づる者なり。
而るに之に説くに厚利(こうり)を以てせば、則ち下節(かせつ)にして卑賤に遇すとせ見(ら)れて、必ず弃遠(きえん)せらる。

説く所厚利に出づる者なり。
而るに之に説くに名高を以てせば、則ち無心にして事情に遠しとせ見(ら)れて、必ず収められず。

説く所陰(いん)には厚利の為にして、顕(けん)には名高の為にする者なり。
而るに之に説くに名高を以てせば、則ち陽(よう)には其の身を収めて、実は之を疎んず。

之に厚利を以てせば、則ち陰には其の言を用ひて、顕には其の身を弃つ。
此れ察せざる可からざるなり。


夫れ事は密を以て成り、語は泄を以て敗る。
未だ必ずしも其の身之を泄(もら)さざるなり。
而して語匿す所の事に及ぶ。
此(かく)の如き者は身危うし。

彼顕(あらは)に其の事を出(いだ)す所有りて、乃ち以て他故を成さむとす。
説者、徒(ただ)に出(いだ)す所を知るのみならず。
又、其の為さむとする所以を知る。
此(かく)の如き者は身危うし。

異事を規して当たる。
知者之を外に揣(はか)りて之を得、事外に泄(も)るれば、必ず必ず以て己と為すなり。
此(かく)の如き者は身危うし。

周沢(しゅうたく)未だ渥(あつ)からざるなり。
而して語、知を極む。
説、行われて功有れば、則ち徳、忘れらる。
説、行われずして敗るる有れば、則ち疑わ(見)る。
此(かく)の如き者は身危うし。

貴人、過端(かたん)有り。
而して説者、明(あきら)かに礼義を言い、以て其の悪を挑(かか)ぐ。
此(かく)の如き者は身危うし。

貴人、或(あるひ)は計を得て、自ら以て功と為さむと欲す。
説者、与(あずか)り知る。
此(かく)の如き者は身危うし。

彊(し)ふるに其の為す能わざる所を以てし、止(とど)むるに其の已む能わざる所を以てす。
此(かく)の如き者は身危うし。


故に之と大人(たいじん)を論ずれば、則ち以て己を閒(かん)すと為す。
之と細人(さいじん)を論ずれば、則ち以て重を売ると為す。
其の愛する所を論ずれば、則ち以て資を藉(か)ると為す。
其の憎む所を論ずれば、則ち以て己を嘗(こころ)むと為す。
其の説を径省(けいせい)すれば、則ち以て不智と為して之を拙(せつ)す。

米塩博弁なれば、則ち以て多と為して之を交す。
事を略して竟を陳ぶれば、則ち怯懦(きょうだ)にして尽くさずと曰ひ、事を慮ること広肆(こうし)なれば、則ち草野にして倨侮(きょぶ)なりと曰ふ。
此れ説の難き、知らざる可からざるなり。


凡そ説の務(つとめ)、説く所の矜(ほこ)る所を飾り、而して其の恥づる所を滅するを知るに在り。

彼れ私急有るや、必ず公義を以て示して之を強ふ。

其の意、下る有るなり。
然り而して已む能わず。
説者、因りて之が為に其の美を飾りて、其の為さざるを少なしとせよ。

其の心高き有り。
而して実、及ぶ能わず。
説者、之が為に其の過を挙げて、其の悪を見(あらは)し、其の行はざるを多とせよ。

矜(ほこ)るに智能を以てする所、則ち之が為に異事の類を同じうする者を挙げ、多く之が地を為し、之をして説を我に資(と)らしめて、佯(いつは)り知らずとし、以て其の智に資せよ。

相存するの言を内(い)れむと欲すれば、則ち必ず美名を以て之を明にし、而して微かに其の私利に合ふを見はせ、

危害の事を陳(の)べむと欲せば、則ち其の毀誹(きひ)を顕らかにして、微かに其の私患に合ふを見せ、異人与(とも)に行を同じうする者を誉め、異事与(とも)に計を同じうする者を規(いましめ)る。

与(とも)に汚を同じうする者有らば、則ち必ず以て大(おほひ)に其の傷無きを飾れ。

与(とも)に敗を同じうする者有らば、則ち必ず以て明(あきらか)に其の失無きを飾れ。

彼自ら其の力を多とせば、則ち其の難を以て之を槪(がい)する毋(なか)れ。
自ら之が断を勇とせば、則ち其の謫(たく)を以て之を怒(いか)らす無(なか)れ。
自ら其の計を智とせば、則ち其の敗を以て之を窮むる毋(なか)れ。
大意払忤(ふつご)する所無く、辞言繫縻(けいび)する所無く、然して後、極めて智弁を騁(は)せよ。

此れ道(よ)りて親近せられて疑はれざるを得、而して辞を尽くすを得る所なり。


伊尹宰と為り、百里奚虜と為る。
皆其の上に干(もと)むる所以なり。
此の二人は皆聖人なり。
然れども猶ほ身を役して以て進むこと、加へて此(か)くの如く其れ汚なること無き能わざるなり。
今、吾が言を以て宰虜と為して、以て聴用せられて世を振(すく)う可(べ)くんば、此れ能仕の恥づる所に非(あら)ざるなり。

夫れ曠日離久して周沢既に渥(あつ)く、深く計りて疑われず、引争して罪せられずんば、則ち利害を明割し、以て其の功を致す。
是非を直指し以て其の身を飾る。
此を以て相持(じ)す。
此れ説の成るなり。


昔者(むかし)、鄭の武公胡を伐たむと欲す。
故に先づ其の女を以て胡君に妻し、以て其の意を娛(たのし)ましむ。
因りて群臣に問ふ。
吾、兵を用ひむと欲す。誰か伐つ可き者ぞ、と。
大夫関其思、対(こた)へて曰く、胡伐つ可し、と。
武公怒りて之を戮す。
曰く、胡は兄弟の国なり。子、之を伐てと言ふは何ぞや、と。
胡君之を聞き、鄭を以て己に親しむと為し、遂に鄭に備へず。
鄭人胡を襲ひて之を取る。


宋に富人有り。
天雨(あめふ)り牆(かき)壊る。
其の子曰く、築かずんば必ず将に盗有らむ、と。
其の隣人の父も亦云ふ。
暮にして果たして大いに其の財を亡(うしな)ふ。
其の家甚だ其の子を智として、隣人の父を疑ふ。


此の二人の説は皆当る。
厚きは戮と為り、薄きは疑わる。
則ち知の難きに非(あらざ)るなり。
知に処する則ち難きなり。
故に繞朝(じょうちょう)の言当る。
其れ晋に聖人とせ為(ら)れて、秦に戮せ為(ら)る。
此れ察せざる可からず。


昔者(むかし)、彌子瑕、衛君に寵有り。
衛国の法、窃(ひそ)かに君車に駕する者は罪刖 (あしき)る。
彌子瑕母病む。
人閒(ひそ)かに往きて夜、彌子に告ぐ。
彌子矯(た)めて君の車に駕し以て出づ。
君聞いて之を賢として曰く、孝なるかな。
母の故の為に其の刖罪を忘る、と。

異日君と果園に遊ぶ。
桃を食ひて甘(うま)し。
尽さずして其の半(なかば)を以て君に啗(くら)はしむ。
君曰く、我を愛するかな。
其の口味を忘れ以て寡人に啗(くら)はしむ、と。

彌子、色衰へ愛弛(ゆる)むに及びて、罪を君に得たり。
君曰く、是れ固(も)と嘗て矯(た)めて吾が車に駕せり。
又嘗て我に啗(くら)はすに余桃を以てせり、と。

故に彌子の行(おこなひ)、未だ初(はじめ)に変ぜざるなり。
而して前の賢とせらるる所以を以て、後に罪を獲(えた)る者は、愛憎の変なり。
故に主に愛有れば、則ち智当たりて親を加へ、主に憎有れば、則ち智当たらず、罪せられて疎を加ふ。

故に諫説談論の士、愛憎の主を察して、而して後に説かざる可からず。
夫れ龍の虫為(た)るや、柔なり。
狎(な)れて騎(の)る可きなり。
然れども其の喉下に逆鱗径尺なる有り。
若し人、之に嬰(ふ)るる有らば、則ち必ず人を殺す。
人主も亦逆鱗有り。
説者能く人主の逆鱗に嬰(ふ)るる無くんば、則ち幾(ちか)し。


テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
41位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR