韓非子 説疑

およそ政治のうまいやり方というものは、賞罰が正確であることだけをいうわけではない。
功績のない人を賞し、無罪の民を罰するというのでは、明察とは言えないのである。
功績ある者を賞し、罪ある者を罰して正確さを失わないというのは、人があってのことである。
功をなそうとする者を生じさせ、過ちをなそうとする者を止める、ということにはならない。
ゆえに姦悪を禁ずる方法として、最上は心に姦悪を生じさせないようにし、その次は姦悪を口に出させないようにし、その次は姦悪が行われたのを止めることである。

今、世の皆は言う。
君主を尊くし国を安んずる者は、必ず仁義と智恵を用いて行う、と。
しかも、君主を卑しくさせ国を危うくする者もまた、必ず仁義と智恵を用いて行う、ということを分かっていないのである。

ゆえに道を心得た君主は、仁義を遠ざけ、智恵を去り、人々を服従させるのに法を用いる。
これによって名声は広く行き渡り、民は治まって国は安泰である。
君主が民を用いる方法を知っているからである。

およそ術は君主が握っておくべきものであり、法は官吏が規範とするものである。
そして郎中に日々宮廷の門外に伝達させ、国境に至るまで日々法を行き届くようにさせることは、難しいことではない。


昔、有扈氏に失度がいて、讙兜氏に孤男がいて、三苗に成駒がいて、桀に侯侈がいて、紂に崇侯虎がいて、晋に優施がいた。
この六人は国を亡ぼした臣である。
是を非と言い、非を是と言った。
心の内では険悪で賊心を持ちながら、外面は甲斐甲斐しく謹直で善良さを見せかける。
昔の慣例をひいては、正しい事業を妨げ、うまく君主を独占して、精密に練られた姦悪を成し、君主の好みに合わせてその心を誘惑する。
これが、かの郎中や側近たちの実情である。
これまでの君主たちは、臣を得て、身は安く国を存続させた者もいるし、臣を得て、身は危うく国が亡んだ者もいる。
臣を得るという言葉はひとつでも、その利害は千万の大きな違いがある。
ゆえに君主は左右の近臣に対して慎重でないわけにはいかない。
君主たる者、私の言うことを明確に心得るならば、近臣の賢不肖を白黒のようにはっきりと見分けることができるだろう。

かの許由、続牙、晋の伯陽、秦の顚頡、衛の僑如、狐不稽、重明、董不識、卞随、務光、伯夷、叔斉など、この十二人は皆、利益を見ても喜ばず、危難に臨んでも恐れず、あるいは天下を譲り渡そうとしても受けず、卑劣だ恥辱だと言われるならば食禄の利益でさえ望まない。
利益を見ても喜ばないならば、お上が厚く賞するとしても、これによって勧奨しても効果はなく、危難に臨んでも恐れないならば、お上が厳刑に処すとしても、これによって威しても効果はないだろう。これを不令の民というのだ。
この十二人は、あるいは洞窟の中で伏して死に、あるいは草木の上に枯れたように死に、あるいは山谷で餓死し、あるいは川や泉に身を沈めて溺死した。
民がこのようであったなら、古代の聖王でも臣下として用いることはできない。
まして、今の世の君主にどうして彼らを用いることができようか。

かの関龍逢、王子比干、隨の季梁、陳の泄冶、楚の申胥、呉の子胥など、この六人は皆、激しく論争し強く諫めて、自分の君主に勝とうとした。
その言葉が用いられ、その物事が行われたときは、軍隊の如き勢いであるが、一言でも聴き入れられないとか、物事がちょっとしたことで進まないとなれば、自分の君主を凌ぐほどに言葉をまくし立て、君主に進言を用いさせようと武力で威し、身は殺され家は取り潰され、首と胴が付かず、手足が千切れてもそのふるまいをして憚らない。
このような臣は、古代の聖王でも皆、我慢できないだろう。
まして、今の君主にどうしてこれを用いることができようか。

かの斉の田恒、宋の子罕、魯の季孫意如、晋の僑如、衛の子南勁、鄭の太宰欣、楚の白公、周の単荼、燕の子之など、この九人の臣たる様は、皆、仲間を集め徒党を組んで君主に仕え、正しい道を覆い隠して私利私欲をなし、上は君主を脅かし、下は治安を乱し、外国の勢力を借りて国内の政治を乱し、民を害して君主を騙し、姦悪をなすのを憚らないのである。
このような臣は、聖王賢主だけがこれを禁じさせられる。
もしこれが明察でない君主であるなら、どうしてこれを見抜くことができようか。

かの后稷、皐陶、伊尹、周公旦、太公望、管仲、隰朋、百里奚、蹇叔、舅犯、趙衰、范蠡、大夫種、逢同、華登など、この十五人の臣たる様は、皆、早朝に起き深夜に眠り、身を低くし体を賤しくし、心を戒めて意を清らかにし、刑罰をよく心得て、官職を治め、君主に仕えた。
君主に善言を進言し、自然の理と政治の法に精通しており、しかもあえて自分の善を誇らず、仕事を遂げて功を成した。しかもあえて自分の功労を自慢せず、自分の家を潰しても国の利益をはかり、我が身を殺しても君主を安んじることを憚らず、君主を天や泰山のように高く尊いものとし、自分の身は谷や崖のように低く卑しいものとし、君主は国に優れた名誉が広まり、我が身は谷や崖のように低く見られることも憚らなかった。
このような臣は、暗愚な君主に対しても、なお功を献ずるだろう。
ましてや明察な君主に対しては、なおさらである。
これを覇王の佐というのである。

かの周の滑伯、鄭の王孫申、陳の公孫寧、儀行父、荊の芋尹申亥、隨の少師、越の種干、呉の王孫雒、晋の陽成泄、斉の豎刁、易牙など、この十二人の臣たる様は、皆、小さな目先の利益のために法と正義を忘れ、進み出ては賢良の臣を君主の目から覆い隠し、君主の目をくらませる。
退いては百官を撹乱し、禍を引き起こした。
皆、君主を補佐しながら欲望を共に求め、一度でも君主の気に入られるのならば、国を亡ぼし多くの人を殺すとしても、これを為すに憚らないのである。
臣の有様がこのようでは、聖王に対してでもなお、その権力を奪おうとするだろうことを恐れる。
ましてや暗愚な君主に対しては言うまでもない。
失ってしまうことがないはずがない。
臣の有様がこのようでは、君主は皆、その身は殺され国は亡び、天下の物笑いとなるであろう。


ゆえに周の威公は身は殺され国は分裂して二つになり、鄭の子陽は身は殺され国は分裂して三つになり、陳の霊公は身は夏徴舒氏の所で死に、荊の霊王は乾谿のほとりで死に、隨は荊に亡ぼされ、呉は越に併合され、知伯は晋陽の城下で滅び、斉の桓公は身は死んで七日も納められなかった。

だから言うのだ。
へつらい者の臣は、ただ聖王のみがこれを見分けることができる、と。
それにもかかわらず国をうまく治められない君主はこうした臣を近づけるのだから、身は殺され国は亡びるに至るのである。

聖王明君の場合は、そうはならない。
身内から挙用する場合は近親者だからといって避けず、外部から挙用する場合は仇敵だからといって避けない。
その人物に是とするところがあれば、これを用い、非とするところがあれば、これを罰する。
これによって賢明善良な臣は昇進し、姦悪の臣はそろって退く。
ゆえに一度の挙用で諸侯を服従させることができる。
これは書物にもこうある。
堯に丹朱あり、舜に商均あり、啓王に五観あり、商王に太甲あり、武王に管蔡あり、と。
これら五王が罰したのは、皆、父兄子弟の親族である。
しかしその身を殺し、その家を残らず滅ぼしたのは何故であるか。
それは国を害して民を苦しめ、法を守らず世を乱したからである。
五王の挙用した者を見ると、あるいは山林や藪、沢、巌穴の中に隠遁していた者、あるいは投獄、捕縛、拘束などをされた者、あるいは料理人、牧夫、牛飼いなどだった者である。
しかし明君はそのような卑賤の人を用いることを恥じないのである。
その法を明確に用い、国に利益をもたらし、民を利することができるから、これを挙用し、君主の身は安泰で名は尊ばれる。

しかし国をうまく治められない君主は、そうではない。
その臣の言動を知らぬまま、これに国政を任せる。
ゆえに害が小さくても君主の名は卑しく落ち、国土は削られ、害が大きければ国は亡び、君主の身は死ぬ。
臣を用いるのに明察ではないからである。

然るべき方法によって臣を計ることを知らない君主は、必ず皆の言うことによって臣の是非を判断する。
皆が誉めるときは、それに従ってその臣を悦び、皆が謗るときは、それに従ってその臣を憎む。
ゆえに臣下たる者、家財を損なってでも、徒党を組み、豪族に近づいて名誉をあげ、ひそかに外国の大臣と合縦の約束を結んで互いの地位を固め、かりそめに爵禄を与えて励ますのである。
かつ、自分に味方する者には利益を与えようとし、自分に味方しない者には害を加えようとする。
皆、その利益を貪り、その威しに脅かされて、彼を喜ばせれば自分に利益が与えられ、怒らせれば自分を害せられる、と思うようになる。
皆、彼に帰順して従い、民もこれに従う。
これによって彼の名声は国中に溢れ、君主にはっきりと伝わる。
君主はその実情を確かめる方法も知らず、そのまま信じて賢者であると思う。

彼はまた嘘詐りのうまい者を使って外国から諸侯の寵臣が使者として来たようにさせる。
これに馬車を貸し、瑞節を持たせて信じさせ、使者の辞令で重みを持たせ、貢物として幣帛を貸し与えて、自分の君主に進言させて惑わせ、私利を織り交ぜて国家を論じさせる。
彼のために使者を寄越したのは外国の君主ということになり、彼のために評するのは左右の近臣である。
君主は彼の言うことを悦び、その言葉を巧みであるとし、この人は天下の賢士である、と思うようになる。
国の内外と左右の近臣の評判は一致して、その言葉は同じである。
大きくは、君主はその身を卑くし、彼の地位を尊んで、自分がへりくだることを憚らず、小さくても、彼の爵禄を重くして、彼を利することになる。
そもそも姦臣の爵禄は重く、徒党はますます多くなるものである。
そういう姦臣が姦邪の心をもつと、それに従って姦臣はますます多くなる。
そういう姦臣がかえって、このように説くのである。

古のいわゆる聖王や明君といわれた君主たちは、幼君を立て、長幼の序によって君主になったのではなく、徒党を組んで、豪族を引き入れ、君主に迫ったり殺したりして、その利益を得ようとしたのです、と。
そこで君主は言う。
どうしてそれが分かるのか、と。
そこで答えて言う。
舜は堯に迫り、禹は舜に迫り、湯は桀を追放し、武王は紂を伐ちました。この四人は、臣下がその君主を殺した者です。
しかし天下の人々は皆、彼らを誉めます。
これら四王の心中を察するに、貪欲な心ばかりであり、その行動を見ると、乱暴な武力ばかりです。
しかし四王は自分で行動を推し進め、天下は彼らを偉大だと誉め、自分で名声を現すと、天下は彼らを明察だと誉めるのです。
つまり天下を治めるに足る威力を示し、世を覆うに足る利益を示せば、天下はこれに従うのです、と。

また、こうも言う。
古のことなかりでなく、近いところでも、田成子は斉を取り、司城子罕は宋を取り、太宰欣は鄭を取り、単氏は周を取り、易牙は衛を取り、韓、魏、趙の三家は晋を分けました。
この六人は皆、臣が君主を殺したのです。

姦臣はこれを聞きつけ、立ち上がって聞き耳を立て、そのとうりだと思うのである。
ゆえに内は徒党を組み、外は豪族に接近し、時機をみて事を起こし、一挙に国を奪うのである。
かつ、また内は徒党を組んで君主を脅したり殺したりし、外は諸侯の権力を借りて自分の国の人々に威張り侮り、正道を覆い隠し、私利をはかり、上は君主を制し、下は治安を乱す、という姦臣は数えきれないのである。
これは何故か。
臣下を見分け選ぶ方法をよく心得ていないからである。

書に言う。
周の宣王以来、亡んだ国は数十におよび、臣下が君主を殺して国を奪った者が多い、と。
それならば災難が内から起こるのと、外から起こるのとは、あい半ばとなるだろう。
君主が国を統一して民に力を尽くさせても、国を破られその身を殺される、というのはまだ皆、賢君である。
かの、君位が変わり法を変え、民を損なわず国を渡してしまうようなのが、最も暗君の陥る災難なのである。


君主たる者、誠に私の言う説に明察であれば、鳥を捕え獣を追い、鐘を鳴らし美女を舞わせていても、国はなお安泰であろう。
私の言う説に明察でなければ、節約し勤労し、粗末な衣服を着て粗食であっても、国はなお亡びるだろう。

趙の先君の敬侯は、正しい行いをせず、好んで欲望のままに振る舞い、身体を楽にすること、耳目を楽しませることを求め、冬は狩りをし、夏は水遊びをし、夜通し宴を開き、数日盃を手放さず、飲むことができなくなった者には管を使ってその口に酒を注ぎ、進退の礼儀をあやまり、応対が恭しくない者は、その場で斬り殺された。
起居飲食このように節操がなかった。
刑罰を乱用し殺戮すること、このように際限がなかった。
しかし敬侯は国を保つこと十数年、趙兵は敵国に敗れず、国土は四方欠けることなく、内は群臣百官の反乱なく、外は諸侯隣国の害もなかったのは、臣下の任用の方法に明察であったからである。

燕の君、子噲は邵公奭の後裔である。その土地は数千里四方、戟を持った兵は数十万。子女の楽しみにふけらず、鐘や磬の音色も聴かず、宮廷内に池や楼台を作らず、外に出ては鳥獣を狩猟せず、みずから鋤鍬を取って田畑を耕した。
子噲はみずからの身に苦労をさせても民を憂うること、このように甚だしかった。
古のいわゆる聖王明君といわれる人たちでも、その身を働かせて世を憂うること、子噲ほど甚だしくはない。
それなのに子噲は、その身は死に国は亡び、臣下の子之に奪われ、天下は皆、これを笑った。
これは何故であろうか。
臣下の任用の方法に明察ではなかったからである。


だから言うのだ。
臣下には五種類の姦臣がいるが、君主はそれを知らない、と。
その臣下たる者には、財貨をばら撒いて名声を立てる者がいる。
賞を与えることで人々の支持を得る者がいる。
仲間を集め、智者を重んじ、士を尊び、それによって勢力を強めて思い通りにする者がいる。
罪人や囚人が赦されるようにはからい、それによって威勢を高める者がいる。
下々の批判や評判を取り上げて進言し、奇抜な服装ででたらめを言い、民の耳目を惑わせる者がいる。
この五者は、明君が疑う者たちであり、聖王が禁じる者たちである。

この五者を取り去れば、ずるくて虚言の達者な者が君主に向かって論じ立てることなく、言葉ばかりで実行に乏しく、法を守らない者が実情を隠して君主に論説することもないだろう。
これによって群臣は、普段は身を修め、有事の際には任務に力を尽くし、お上の命令でなければ、勝手にふるまい言葉をまくしたてて事をごまかすこともない。
これが聖王が臣下を導き治める方法である。

かの聖王明君は疑わしい物を並べて、臣下に隙を窺われるようなことはしない。
疑わしい物を見て、君主に背かない者は天下に少ない。
ゆえにこう言われる。
庶子の中に嫡子とまぎらわしい者がいること、愛妾の中に正妻とまぎらわしい者がいること、朝廷に仕える臣の中に宰相とまぎらわしい者がいること、臣の中に君主とまぎらわしいほど貴い者がいる。
この四者は国を危うくする原因である、と。

また、こうも言う。
寵愛する妾が正妻と肩を並べ、寵臣が宰相と勢力を二分し、庶子嫡子と並び、大臣が君主とまぎらわしい行動をする、というのは国が乱れるやり方である、と。

ゆえに周の史書に言う。
妾を尊くし、正妻を卑しくしてはならない。
嫡子を庶子として庶子を尊くしてはならない。
寵臣を尊くして大臣に匹敵させてはならない。
大臣を尊くして君主とまぎらわしい行動をさせてがならない、と。
これら四種のまぎらわしい者を除くことができたなら、君主は心配することなく、臣下も疑念を抱くこともない。
これら四種のまぎらわしい者を除けないなら、君主はその身を殺され、国を滅ぼされるだろう。


テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
244位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
26位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR