韓非子 南面

君主の過ちは、自分で大臣に任じて、また必ず他の任じていない臣下と共に、その大臣を警戒することにある。

この説は、つまりその任じられた大臣の敵となる、ということであろう。

しかし君主は返ってその任じていない臣下に振り回され、今、共に大臣を警戒しようとする臣下に、先の大臣のように備えねばならない存在になるだろう。
君主が法を明確にして大臣の威勢を抑えることができないのなら、一般の臣下の信頼を得る方法すら無いであろう。
君主が法を捨てて、臣下を用いて臣下に備える、というようなときは、互いに好む者は徒党を組んで互いに誉め合い、互いに憎み合う者は群れをなして互いに誹り合い、誉め合い誹り合う者たちが騒ぎ立てるなら、君主は惑わされ混乱するだろう。
臣下は名声を立てて貰ったり、誰かに請うて君主に取りなしてもらうのでなければ、出世することができず、法に背いて私的に思うままに行動するのでなければ、威勢を振りまくことができず、忠誠実直のふりをするのでなければ、禁制を緩めてもらうこともできない。
これら三つは、君主の耳目を眩まし、法を壊す方法である。

君主は臣下に智恵や能力があるといえども、法に背いて専制することを許さず、賢人の徳行があるといえども、功労者を越えて上に進み出ることはできず、忠誠実直であっても法を捨てて禁制を破ることはできないようにする。
これを明法というのである。


君主には、臣下の仕事について誘導される者があり、臣下の言説によって耳目を塞がれる者がいる。
この二つの場合についてよく考えねばならない。

臣下で、軽々しく物事を言う者は、わずかな材料を探して仕事をし、君主を欺こうとする者であるのに、君主は誘導されて自分では考えず、これを良しとするのでは、臣下は返って仕事をもって君主を制しようとするのである。
このようなものを誘という。
臣下の仕事に誘導された君主は、その害に苦しむ。
臣下で、進言が少なく、仕事の失敗をよく退ける者は、実際の功績はあるとはいえ、進言するという点では忠実ではない。
忠実でないというところに罪がある。

仕事に功績があっても賞せられないというのでは、群臣はあえて進言を飾り立てて君主の耳目を眩ませることはしないだろう。
臣下で、君主のために仕事を計画して、それに対する誹りを恐れて、まず言説によって言う、この仕事についてあれこれ議論する者がいるとしたら、それはこの仕事を妬んでいる者なのです、と。
すると君主はこの言説を胸におさめて、他の群臣の意見は聴かず、群臣もこの言説を恐れてあえて議論することはない。
このようなものを言説によって塞がれるという。
言説によって塞がれる者は、臣下に制せられる。

この二つの方法で勢力を得た者が用いられるなら、忠臣の意見は聴き入れられず、評判の良い臣下だけが君主の信任を得る。

君主の道は、臣下の前に言ったことが後から言ったことに違わず、後に言ったことが前に言ったことに違わぬようにさせ、仕事に功績があっても必ずその罪を受けさせる。
これを下に任じる、という。

君主の道は、臣下に言ったことの責任を持たせ、言わなかったということにも責任を持たせる。
言説の詰めが曖昧で、弁じ立てたことが実際の結果と違うというのは、言ったことに対する責任を負うべきものである。
また、言わなかったことによって責任を避け、重い地位についている者は、言わなかったことに対する責任を負うべきものである。

君主が臣下を使うのに、進言する者には必ずその言説の詰めを知っておき、実際の結果に責任を持たせ、進言しない者には、必ずその行動の進退を調べて、これを材料として判断すれば、臣下であえてでたらめを言い立てる者はなく、またあえて黙り込む者もいないであろう。
言う者も言わぬ者もみな、その責任があるのである。


君主が事業をしようとして、その端まで計画が立っていないうちに、これを行いたいということを明らかにしてしまえば、その事業では利益は得られず、必ず損害をもって報いられる。
これを心得た者は、道理によって欲を抑える。
事業を行うのにも道があり、収入が多く支出が少ないやり方を考えて、実行すべきである。

しかし惑わされている君主はそうはならない。
収入を計算して支出を考えず、その支出が収入に倍しても、その損害に気づかない。
つまり事業をなしたという名を得ても実益を失うということである。
このようであれば功績は小さく損害は大きい。

およそ功績は、その収入が多く支出が少なくてこそ功績というのである。
今は、大きな出費に対しては罪を加えず、少ない利益に対して功績を認めるのであるから、臣下は大きな出費で小さな功績をなそうとするだろう。
小さな功績が成ったとしても君主には損害となるばかりである。


政治を分かっていない者は必ず言うだろう。
昔からのやり方を変えるな、いつもの慣習を変えるな、と。
変えるとか変えないとかを、聖人は聴いていない。
正しい政治を行うのみである。

管仲が斉のやり方を変えることなく、郭偃が晋のやり方を変えることがなかったならば、桓公や文公は天下に覇を唱えられなかったであろう。
およそ人が昔からのやり方を変えにくいのは、安定している民心を変えることを憚るからである。
つまり昔からのやり方を変えないのも、いつもの慣習を変えないのも、それが今に合っているかどうかにある。

伊尹は殷のやり方を変えることなく、太公は周のやり方を変えることがなかったならば、湯や武は王とはならなかっただろう。
そもそも昔からのやり方を変えないのは、昔の乱世のやり方を続けることになり、民心に合うようにというのは、好き勝手に姦悪を行うことになる。
民は愚かで世が乱れることを知らず、君主は弱気で改革することができないようでは、これは政治の失敗である。

君主は明察で政治をよく心得て、厳格で必ず実行するものである。
ゆえに民心に逆らうといえども、正しい政治を行う。

その例として、商鞅は朝廷の出入りの際に重く武装した守衛をつけて警戒した。
郭偃が政治を始めた際には、君主である文公に守衛をつけ、管仲が政治を始めた際には、君主である桓公には兵車を用いさせた。
民に警戒して備えためである。
こうしたわけで、愚かで怠惰な民は、わずかな出費を嫌い、大きな利益を忘れるのである。

ゆえに夤虎は誹謗され、小さな改革を恐れて長く得られる便益を失った。
ゆえに鄒賈は行商人に誹られ、乱世に慣れて、その政治を受け入れた。
ゆえに鄭の人は国に帰ることができなかった。


テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
693位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
66位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR