韓非子 初見秦

私は聞いております。
よく知りもせぬのに弁じ立てるのは無知であり、知っているのに言わないのは不忠である、と。
臣下たるもの不忠であるなら死罪、進言しても当たらないのもまた死罪となります。
そうは言えども私は聞き知っていることをことごとく申し上げましょう。
罰のお裁きは、ただ大王にお任せ致します。


私は聞いております。
天下は北に燕、南に魏、楚を連ねて斉との関係を固め、韓を取り込み合従を作り上げ、西に向かって秦と無理に争おうとしている、と。
私は内心これを笑っております。
世に三亡があり、これによって天下を得る、とはこのようなことを言うのでございます。

私はこう聞いております。
乱国が治国を攻めると亡び、邪道が正道を攻めると亡びる、と。

今、天下の府庫に財は少なく、囷倉は空です。
それでも士民をことごとく駆り出して、軍を広げること数十万から百万に及ぼうとするほどです。
しかし地に頭をこすりつけ拝礼し、羽飾りを掲げ、将軍のために死を決して進み出る者は千人にも満たないでしょう。
皆が死を覚悟して、と言うものの、目の前に白刃が迫れば、後ろで刑の斧が待ち受けているとしても、退却して死ぬことなどできますまい。
これは士民に死ぬ勇気がないのではありません。
お上がうまく人を使うことができないからです。
賞を与えると言いながら与えず、罰すると言いながら罰しません。
賞罰が約束通りに行われないので、士民は死ぬ気にならないのです。

今、秦が号令を出して、賞罰が行われますと、功績のあった者も無かった者も、互いに務め励みます。
父母の懐から出て、生まれてこのかた敵を見たことがなくても、耳に戦いの音が聞こえたならば足を躍らせ、素手でも白刃に立ち向かい、燃え盛る炎にも踏み込み、死を決して進む者、皆がこれであります。
そもそも死を決して事にのぞむ者と、生きようとして事にのぞむ者とは同じではありません。
しかも民が死を決して働くというのは、奮戦して死ぬことを貴ぶからです。
一人が死を決して奮戦するのは敵十人に当たることができ、十人は敵百人に当たることができ、百人は敵千人に当たることができ、千人は敵万人に当たることができ、万人は天下すべての敵に当たることができます。

今、秦の土地の長い方を短い方に補って正方形にしたなら、その広さは数千里にも及びましょう。
また、優れた兵士は数十万、数百万もおりましょう。
秦の号令、賞罰、地形、利害は天下に及ぶものがありません。
これによって天下にのぞめば、天下を束ねて保つことはたやすいでしょう。
このために秦は戦って勝たなかったことはなく、攻めて取れなかったことはなく、敵に当たって破れなかったことはございません。
土地を広げること数千里にもなったのは、これによる大功です。

しかし、軍隊は疲弊し、士民は生活に苦しみ、国の蓄えは少なく、田畑は荒れ、穀倉は空で、四方の諸国は帰服せず、覇王の名を成すことができずにおられる。
これは他でもありません。
謀臣皆が忠誠を尽くしていないからです。
私があえてこのことを申し上げましょう。


かつて斉は南では楚を破り、東では宋を破り、西では秦を服従させ、北では燕を破り、中央では韓と魏を使いました。
土地は広く兵は強く、戦っては勝ち攻めては取り、天下に号令しました。
斉は済水と黄河によって守られ、長い城壁や巨大な要塞によって守られていました。
斉は五戦五勝の国でした。
しかし一戦に勝てなかったばかりに斉は亡びたも同然のありさまになりました。
これによって考えますと、かの戦こそは万乗の国の存亡のかかったものでございます。


かつ私はこう聞いております。
跡を消すには根を残すな、禍の隣に並ぶな、そうすれば禍は避けられよう、と。

秦は楚の人と戦って、大いに楚を破り、郢を襲い、洞庭、五湖、江南を取りました。
楚王は東に逃げ、陳に身を寄せました。
この時にあたり、楚を兵力で追撃したなら、楚を取ることができ、楚を取ることができたなら、楚から民を得ることができ、楚の土地から利益を得ることができ、東は斉、燕の力を弱め、中央では三晋を凌駕したでしょう。
そうすれば、これは一挙に覇王の名を成すことができ、四方の諸侯を朝貢させることができたでしょう。
しかし秦の謀臣はそうせず、軍を引いて退き、また楚と和平をなし、楚の人に亡国の楚を回復させ、散った楚の民を集め、社稷を建て直し、宗廟の祭祀を置き、天下を率い、西に向かって秦に危難をもたらすことができたのです。
これが覇王の道を失ったひとつでございます。

天下の諸侯が集まって華陽の城下へ軍を進めました。
大王は命じてこれを破り、兵は梁の外城へ迫りました。
梁を取り囲むこと数十日でしたら梁を落とすことができたでしょう。
梁を落とせば魏を得ることができましょう。
魏を得ることができましたなら、楚と趙の思惑は断たれましょう。
楚と趙の思惑が断たれたなら、趙は危うくなりましょう。
趙が危うくなれば、楚は疑り深くなり、東は斉と燕を弱め、中央では三晋を抑えつけることができるでしょう。
そうなれば一挙に覇王の名を成すことができ、四方の諸国を朝貢させることができたでしょう。
しかし秦の謀臣はそうせず、軍を引いて退き、また魏と和平をなし、魏に亡国の楚を回復させ、散った楚の民を集め、社稷を建て直し、宗廟の祭祀を置かせました。
これが覇王の道を失ったふたつめでございます。

先に穣侯が秦を治めたとき、秦一国の兵を用いて秦と自分の領地の両方で功を成そうとしました。
このため、兵は死ぬまで戦場にさらされ、国内では士民は疲弊し、覇王の名を成すことができませんでした。
これが覇王の道を失ったみっつめでございます。


趙は中央にある国です。
諸国の民が雑居している所でして、民は軽薄で用いることが困難で、命令しても治まらず、賞罰が必ず行われるわけではなく、地形は不便で、その民の力を尽くさせることができません。
これはそもそも亡国の形をなしております。
しかも趙は民を憂えず、その士民をことごとく集めて長平の城下に軍を進め、韓の上党を攻めました。
大王は命じてこれを破り、武安を攻め落としました。
この時に及んで、趙では上下は互いに親しまず、貴賤は互いに信頼しあいませんでした。
そのため邯鄲を守り通せなかったでしょう。

秦が邯鄲を落とし、山東と河間を支配し、軍を引き返し西の修武を攻め、羊腸を越え、代と上党を降伏させますと、代の三十六県、上党の十七県は、ひとりの兵も用いず、ひとりの士民も苦しめず、全て秦のものとなったでしょう。
代と上党が戦わずしてことごとく秦のものになれば、東陽と河外は戦わずしてことごとく斉のものとなり、中山と呼沱から北は戦わずしてことごとく燕のものとなるでしょう。
そうなると趙は亡びましょう。
趙が亡びれば韓も亡びましょう。
韓が亡びれば楚と魏は独立を保てないでしょう。
楚と魏が独立を保てないなら、一挙に韓を亡ぼし、魏を破り、楚を抜き、東は斉と燕を強めるでしょう。
白馬の堤を切って魏に流れ込ませば、一挙に三晋は亡んで、合縦なるものは破れ去りましょう。
大王は手をこまねき袖を垂れてお待ちになれば、天下は続いて服従し、覇王の名を成すことができたでしょう。
しかし秦の謀臣はそうせず、軍を引いて退き、また趙と和平をなしました。


大王の明察と秦兵の強さを持っておりながら、覇王の業績を得られず、土地は得られず、亡国同然の趙に欺かれたのは、謀臣が拙いためでございました。
かつ、趙は亡ぶべくして亡びず、秦は覇者たるべくして覇者となれず、天下はこのことで秦の謀臣の力量を量りました。
これがひとつめです。

また士卒をことほとく集めて邯鄲を攻め、落とすことができず、甲や戟を捨てて弩で戦いましたが、恐れて退却しました。天下はこのことで秦の力量を量りました。
これがふたつめです。

軍を引き返し李帛の城下に集結し、大王の軍もまた集結し、共に戦いましたが勝つことができず、撤退することもできず、軍は疲弊してやっと去りました。
天下はこのことで秦の軍事力を量りました。
これがみっつめです。


内は我が謀臣の力量を量られ、外は我が兵力の限りを知られてしまいました。
これらのことから見ますと、私が思いますには、天下の合縦なるものができてしまうだろう、と。
内では我が兵は疲弊し、士民は生活に苦しみ、国の備蓄は尽き、田畑は荒れ、穀倉は空になり、外は天下みなが強く意を固くしました。
願わくば大王はこれらのことをよくお考えくださいませ。


また私はこう聞いております。
恐れ慄き日々前日に増して慎め、もしその道を慎むなら天下を保つことができるだろう、と。
なぜこれがそうであるとわかるのかを申しましょう。

昔、紂が天子でありましたとき、天下の兵百万を率い、左軍は淇水で水を飲み、右軍は洹水で水を飲みました。
しかし淇水は尽き、洹水も枯れて流れず、そのまま周の武王と戦いました。
武王は白い甲をつけた兵三千を率い、戦うこと一日にして紂の国を破り、その身を捕らえ、その地に身を置き、その民を得ましたのに、天下に紂をいたむ者はいませんでした。

知伯は三国の人々を率いて晋陽の趙襄主を攻め、汾水の堤を切って城内にそそぐこと三月、城は今にも落ちようとしていました。
襄主は亀卜や易筮で占い、吉凶によって利害を確かめました。
どの国に降服すべきか、と。
そして張孟談を使者に立てました。
そこで張孟談はひそかに城を出て、知伯との約束に背かせ、両国の人々の力を得て知伯を攻め、その身を捕らえ、襄主のもとの地位に戻りました。


今、秦の土地の長い方を短い方に補って正方形にしたなら、その広さは数千里にも及びましょう。
また、優れた兵士は数十万、数百万もおりましょう。
秦の号令、賞罰、地形、利害は天下に及ぶものがありません。
これによって天下にのぞめば、天下を束ねて保つことができるのです。

私は死を賭してお願い申し上げます。
大王の御前にお目見えし、天下の合縦なるものを破り、趙を取り韓を亡ぼし、楚と魏を臣従させ、斉と燕に誼を通じ、覇王の名を成し、四方の諸侯を朝貢させる方法を申しました。
大王がもしこの言説をお聴きになったのに、一挙に天下の合縦なるものを破れず、趙は取れず、韓は亡びず、楚と魏は臣従せず、斉と燕に誼を通じられず、覇王の名を成せず、四方の諸侯を朝貢させることができないときは、大王は私を斬罪にして国中にふれなさいませ。
王のために謀って事成らずは、不忠の臣となるからでございます。


テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
479位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
51位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR