韓非子 安危

国家を安泰にする術、安術は七つあり、危急にする道、危道は六つある。

安術は、
一つ、賞罰は行為の是非に応ずる。
二つ、禍福は善悪に応ずる。
三つ、死生の刑罰は法に応ずる。
四つ、賢不肖で分けて愛憎では分けない。
五つ、賢愚で分けて世の評判では分けない。
六つ、物事を規則で測り自己都合で測らない。
七つ、正直にして詐わらない。

危道は、
一つ、規則から外れて判断する。
二つ、法から外れて処断する。
三つ、人の損害となることで利を得ようとする。
四つ、人の災難を楽しむ。
五つ、人の安全なところを乱す。
六つ、愛すべき者と親しまず憎むべき者を遠ざけない。

このようであれば、人はその生きる楽しみを失い、死を重んじることを忘れてしまう。
人が生を楽しまねば君主も尊ばれず、死を重んじねば命令に従わなくなるだろう。

天下の人が皆、規則に従って智恵をしぼり、法に従って力を尽くせば、動いては勝ち、静かにすれば安泰を得るだろう。
世を治めて、人々に正しく生きることを楽しみ、悪事をなすに身を惜しむなら、小人は減り、君子が増えるだろう。

これによって社稷は常に立ち、国家は長く安泰となろう。
馬車が乱れ奔走すれば仲尼といえども泰然としておれず、舟が転覆すれば伯夷といえども泰然としていられない。
号令は国にとっては舟や車であり、安んずれば智恵や清廉な心が生じ、危うければ争いや卑屈な心が起こる。
ゆえに国を安泰にする法は飢えれば食い、寒ければ衣を着るように、命令せずとも自然にそうなるものである。
古の賢王は政治の理を竹や帛に記したが、それは道理に適っているから、後世の人もこれに従うのである。

人々に飢えや寒さを取り去ってしまえば、賁育といえども法を行うことができないだろう。
また、自然の理に合っていなければ、道理が正しくても従わないだろう。
賁育のような強勇の者でも実行できないようであれば、君主は安心していられない。
君主が人々に既に尽力した事柄を不充分として責めるなら、人々は答えようがなく、法を軽んじるようになるだろう。
法は国を治める根本であるのにこれを軽んじては、君主の功はならず名声も得られない。

私はこう聞いている。
昔、扁鵲が難病を治すのに、刀で骨を刺す方法であり、聖人が危急の国を救うのに、忠言で君主の耳に逆らう方法であった、と。
骨を刺すのだから、体に小さな痛みはあるが、その身には長く利益がある。
君主の耳に逆らうのだから、君主に少しは逆らうことになるが、国に永く福をもたらす。

ゆえに難病の人には痛みに耐えることが利益であり、剛毅な君主は福を得るために耳に逆らう言葉を聞く。痛みを耐えるから扁鵲は技術を尽くせ、耳に逆らう言葉を聞くから子胥は諫言できた。これこそ長寿、安泰の道である。
病んで痛みに耐えなければ扁鵲の技術は得られず、国が危ういとき耳に逆らう言葉を聞かなければ、聖人の意見を聞くことはできない。そのようであれば国の利益を長く得られず、功績や名声は得られない。

国の安危は政治の是非にあって、兵の強弱ではない。
国の存亡は名実にあって、人数の多寡ではない。
ゆえに斉は万乗の大国でありながら名と実が一致せず、お上の威勢は国内に渡らず、名に実が伴わないので、臣下が君権を奪うことになった。
桀は天子である。しかし人の分別ができず、功績のない者を賞し、口達者を採用し、虚言を信じて尊び、無罪の者を罰し、せむしは天性のものであるがそれを咎めて背を割かせた。虚言者が称賛され、天性のものを非とするようであったから、小臣が大君に勝つことができたのである。

明主は内部を堅めておくから外部で損失を被ることがない。
自分の身近で損失を被る者が遠方では損失を被らない、などということはない。
ゆえに周が殷から天下を奪ったやり方は、庭に落ちた物を拾うかのごとくで、殷が朝廷内部を堅めて落とさなければ、周は殷との境から毛ほどの土地も望まなかったであろう。ましてや君位を取って代わることなどできたてあろうか。
明主のやり方は法に忠実であり、その法は人の心に忠実であるから、臣民は君主を模範とし、その死後も思い慕われる。

堯は民と堅く決められた約束はなかったが、当世において堯の道は行われた。
舜は錐を立てるほどの土地も持たなかったが、後世においてもその徳は民の心に結びついている。
太古に正道を行い、その徳を万世に至るまで伝えている者を、明主というのである。



テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
538位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
59位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR