韓非子 亡徴 書き下し文

凡(およ)そ人主の、国小にして家大に、権軽くして臣重き者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

法禁を簡にして謀慮を務め、封内を荒して交援を恃む者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

群臣学を為し、門子弁を好み、商賈(しょうこ)外積し、小民右仗(じょう)する者は亡(ほろ)ぶ可きなり。

宮室台榭陂池(きゅうしつだいしゃひち)を好み、車服器玩好を事とし、百姓(ひゃくせい)を罷露(ひろ)し、貨財を煎靡(せんび)する者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

時日を用ひ、鬼神を事とし、卜筮(ぼくぜい)を信じて祭祀を好む者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

聴くに爵を以てして、参験を待たず、一人を用ひて門戸と為す者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

官職、重を以て求む可く、爵禄、貨を以て得可き者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

緩心にして成る無く、柔茹(じゅうじょ)にして断寡(すくな)く、好悪決する無くして定立する所無き者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

饕貪(とうたん)にして饜(あ)く無く、利に近づきて得るを好む者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

淫刑を喜びて、法に周ならず、弁舌を好みて其の用を求めず、文麗に濫(らん)して其の功を顧みざる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

浅薄にして見易く、漏泄(ろうせつ)して蔵無く、周密なる能はずして、群臣の語を通ずる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

狠剛(こんごう)にして和せず、諫(いさめ)に愎(もと)りて勝つを好み、社稷を顧みずして、軽(かるがる)しく為して自ら信ずる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

交援を恃(たの)みて近隣を簡(あなど)り、強大の救を怙(たの)みて、迫る所の国を侮る者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

羈旅僑士(きりょきょうし)、重帑(じゅうど)外に在り、上、謀計に間(あづか)り、下、民事に与(あずか)る者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

民、其の相を信じ、下、其の上に能からず、主、之を愛信して、廃する能はざる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

境内の傑を事とせず、封外の士を求め、功伐を以て課試せずして、好みて名問を以て挙錯(きょそ)し、羈旅(きりょ)起こり貴く、以て故常を陵(しの)ぐ者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

其の敵正(てきせい)を軽んじ庶子称衡(しょうこう)して、太子未(いま)だ定らずして、主、世に即(つ)く者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

大心(だいしん)にして悔ゆる無く、国乱れて自ら多とし、境内の資を料(はか)らずして、其の隣敵を易(あなど)る者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

国小にして卑(ひく)きに処(お)らず、力少なくして強を畏れず、礼無くして大隣を侮り、貪愎(たんぷく)にして交に拙き者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

太子已に置きて、強敵に娶り、以て后妻と為さば、則ち太子危し。是の如くんば則ち群臣慮を易(か)ふ。群臣慮を易(か)ふる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

怯懾(きょうしょう)にして弱守、蚤見(そうけん)にして心柔懦(じゅうだ)、断ず可き謂ひ有るを知りて敢へて行はざる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

出君、外に在りて、国、更に置き、質太子、未(いま)だ反(かへ)らず、君、子を易(か)ふ。是の如くんば則ち国、攜(はな)る。国、攜(はな)るる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

大臣を挫辱(ざじょく)して其の身を狎(こう)し、小民を刑戮(けいりく)して其の使を逆し、怒を懐(いだ)き恥を思ひて専習すれば則ち賊生ず。賊生ずる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

大臣両重、父兄衆強、内党外援、以て事勢を争ふ者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

婢妾(ひしょう)の言聴かれ、愛玩の智用ひらる、外内悲惋(ひわん)して数(しば)しば不法を行ふ者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

大臣を簡侮(かんぶ)し、父兄に礼無く、百姓を労苦し、不辜(ふこ)を殺戮する者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

好みて智を以て法を矯(ま)げ、時に私を以て公に雑(まじ)へ、法禁変易し、号令数(しば)しば下る者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

地の固き無く、城郭悪しく、畜積無く、財物寡く、守戦の備(そなへ)無くして、攻伐を軽んずる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

種類、寿からず、主数(しば)しば世に即(つ)き、嬰児君と為り、大臣制を専(もっぱら)にし、羈旅(きりょ)を樹(た)てて以て党を為し、数(しば)しば地を割きて以て交を待(たの)む者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

太子尊顕、徒属衆強、大国の交(まじわり)多くして、威勢蚤(はや)く具(そなわ)る者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

偏褊にして心(こころ)急に、軽疾(けいしつ)にして動き易く、心に発し悁忿(けんふん)にして、前後を訾(はか)らざる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

主、怒(いかり)多くして兵を用ふるを好み、本教を簡(す)てて戦攻を軽んずる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

貴臣相妬み、大臣隆盛、外、敵国に藉(か)り、内、百姓を困(くるし)め、以て怨讎(えんしゅう)を攻めて、人主誅せざる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

君不肖にして側室賢に、太子軽くして庶子伉(つよ)し。官吏弱くして人民桀に、此の如くんば則ち国躁(そう)。国躁なる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

怒を蔵して発せず、辜(つみ)を懸して誅せず、群臣をして陰に憎みて愈(いよ)いよ憂懼(ゆうく)し、久しく未(いま)だ知る可からざらしむる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

軍を出し将(しょう)に命ずる、太(はなは)だ重し。辺地、守に任ずる、太(はなは)だ尊し。制を専にして命を擅(ほしいまま)にし、径為(けいい)して請ふ所無き者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

后妻(こうさい)淫乱、主母畜穢(ちくわい)、外内混通、男女別無き、是を両主と謂ふ。両主は亡(ほろ)ぶ可きなり。

后妻賤しくして婢妾(ひしょう)貴く、太子卑(ひく)くして庶子尊く、相室軽くして典謁(てんえつ)重し。此くの如くんば則ち内外乖(そむ)く。内外乖(そむ)く者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

大臣甚(はなは)だ貴く、偏党衆強、主断を壅塞(ようそく)して重し。国を擅(ほしいまま)にする者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

私門の官用ひられ、馬府の世絀(しりぞ)けられ、郷曲の善挙げられ、官職の労廃し、私行を貴びて公功を賤む者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

公家虚にして大臣実し、正戸貧にして奇寓富み、耕戦の士困(くるし)み、末作の民利する者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

大利を見て趨(おもむ)かず、禍端(かたん)を聞きて備へず、争守の事に浅薄(せんぱく)にして務めて仁義を以て自ら飾る者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

人主の孝を為さずして、匹夫の孝を慕ひ、社稷の利を顧みずして、主母の令を聴き、女子国を用ひ、刑余(けいよ)事を用ふる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

辞 弁にして法あらず、心 智にして術無く、主 多能にして法度を以て事に従はざる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

親臣進みて故人退き、不肖事を用ひて賢良伏し、無功貴くして労苦賤し。是の如くんば則ち下怨む。下怨むる者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

父兄大臣、禄秩(ろくちつ)功に過ぎ、章服(しょうふく)等を侵し、宮室供養太(はなは)だ侈(おご)りて、人主禁ぜざれば、則ち臣心窮(きわまり)無し。臣心窮(きわまり)無き者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。

公壻公孫(こうせいこうそん)、民と門を同じくし、其の隣を暴傲(ぼうごう)する者は、亡(ほろ)ぶ可きなり。


亡徴とは、必ず亡ぶと曰ふに非ず。
其の亡ぶ可きを言ふなり。

夫(そ)れ両堯、相王たる能はず。両桀相亡ぶ能はず。
亡王の機、必ず其の治乱、其の強弱、相踦(き)する者なり。

木の折るるや必ず蠧(と)を通じ、牆(かき)の壊るるや必ず隙を通ず。
然れども木、蠧(と)すと雖も、疾風無くんば折れず。
牆(かき)隙すと雖も、大雨無くんば壊れず。

万乗の主、能く術を服し法を行ひ、以て亡徴の君の風雨と為る者有らば、其の天下を兼ぬる、難からず。






テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

韓非子 亡徴

およそ君主の中で、小国であるのに大臣の家が大きく、君主の権勢が弱く大臣の勢力が大きいと、亡びる。

法や禁制を疎かにして謀略に勤しみ、国内の政治が荒れていて外国の援けを当てにしていると、亡びる。

群臣が学問を好み、大臣の子が弁舌を好み、商人が外国に財を蓄え、下民が上に依存していると、亡びる。

君主が宮廷や造園を好み、馬車の装飾や道具を好み民を疲弊させ財貨を濫用していると、亡びる。

君主が日時の吉凶を占い、鬼神に仕え、卜占を信じ、祭祀を好んでいると、亡びる。

君主が進言を聴くかどうかは臣の爵位によって決め、実績を確かめることをせず、一人を信任して自分の耳目としていると、亡びる。
官職は重臣の口添えによって得られ、爵禄は賄賂によって得られると、亡びる。

君主の心が緩んでおり、成果もなく、意志が弱く決断力がない、物事の是非を決められず、方針が定まらないのは、亡びる。

君主が貪欲で飽きることなく、利益に近づき手に入れることばかりを好むのは、亡びる。

君主がでたらめを好み、法は周知されず、弁舌を好んで実用性は求めず、見た目の華美さにとらわれて実際の功績を調べないのは、亡びる。

君主が浅薄で心の内がわかり易く、秘密を漏らして隠すことができず、気配りができず粗雑で、群臣の言葉が筒抜けであるのは、亡びる。

君主が強情で和せず、諫言を容れず勝つことを好み、国家を顧みず、軽々しく行動し自信過剰なのは、亡びる。

同盟国の援助を恃みとして近隣諸国を侮り、大国の救いを当てにして他の迫ってくる国を侮るのは、亡びる。

遊説の士でその家族は外国にいるような者が、上は外交の謀略にあずかり、下は民政にあずかるのは、亡びる。

民が宰相を信頼し、君主に心服しない、またその君主は宰相を信頼して罷免させられないのでは、亡びる。

国内にいる有能な者を採用せずに国外の人材を求め、実際の功績によって評価せず、名声によって採用し、他国の論客が高位におり、股肱の臣を凌ぐのは、亡びる。

嫡子が軽んじられ、庶公子と勢力が拮抗し、太子が定まらないまま、君主が世を去るのは、亡びる。

慢心して反省せず国が乱れても自らは自惚れ、国内の資産を考えもせず近隣諸国を侮るのは、亡びる。

小国であるのに謙虚でなく、兵力が弱いのに強国を恐れず、無礼な振る舞いで近隣の大国を侮り、強欲で外交下手なのは、亡びる。

太子は決まっているのに強国から公女を娶り、正妻にすると太子は危うくなり、そうなると群臣は心変わりし、群臣が心変わりするようでは、亡びる。

臆病で守りも弱く、先のことを考えるも心は優柔不断で、こうすればよいということがわかっても、断行できないのは、亡びる。

君主が外国に亡命し、国には別の君主が立てられ、太子は外国に人質に出され、未だ帰ってこないのに、新たに太子を立てる、このようなことになると民心は離れ、民心が離れれば、亡びる。

君主が大臣を辱めてその身を馴れ馴れしく扱い、庶民を刑罰によって殺し、しかも法の使い方がでたらめであれば、民は怒りを抱き、大臣は恥を忘れない。これが常となれば賊が生じ、賊が生ずれば、亡びる。

大臣ふたりがそれぞれ同等の勢力を持ち、君主の親族が多く、勢力も強い。国内では派閥が争い、外国に援けを借りて勢力を争っているようでは、亡びる。

君主が愛妾の言葉を聴き入れ、道化などの意見が用いられ、朝廷内外に悲しみや怨みが多く、君主がしばしば法を曲げて乱暴に振る舞うようでは、亡びる。

君主が大臣を軽んじ、一族の年長者に礼を尽くさず、民を酷使し、無実の者を殺すようでは、亡びる。

君主が智謀を好んで法を曲げ、時には私的な都合を公の場に持ち込み、法や禁を変え、命令を下すようでは、亡びる。

地形的な要害が無く、城郭も粗悪、備蓄は少なく、財産も少ない。防備も無いのに軽々しく他国に攻め入るようであれば、亡びる。

君主や親族が短命で、君主がしばしば死去し、赤子が君主となる。大臣が一切を取り仕切り、他国の客を集めて徒党を組み、しばしば土地を割譲して他国との交流を当てにするようでは、亡びる。

太子の地位が高く有名で、味方が多く勢力も強く、大国との交流も多い。このように太子の威勢が早いうちから備わっているようでは、亡びる。

君主の心変わりが激しく、軽々しく行動し易く、苛立ち前後の分別がつかなくなるようでは、亡びる。

君主が怒りやすくすぐに兵を出したがり、農業や練兵を疎かにして、軽々しく他国へ攻め込むようでは、亡びる。

貴族同士が妬みあい、大臣の勢力が盛んで、外は外国の力を借り、内は民を苦しめ、私怨のために相手を攻め、君主がそれらを罰することができないようでは、亡びる。

君主のできが悪く、兄弟に賢人あり。太子の勢力が弱く、庶公子の勢力が拮抗している。官吏の力が弱く、民衆の威勢がよい。このようであれば国内は騒々しく、国が騒々しいようでは、亡びる。

君主が怨みを隠して発せず、罪を犯した者を罰しない。群臣はひそかに君主を憎み、憂慮するも、長くいまだに結果を知ることができないというようでは、亡びる。

軍を出すのに将軍の権力がはなはだ重く、辺境の地の守備長官の地位がはなはだ高く、彼らが専制して命令を思い通りに下し、許可を得ず直接事を為すことができるようでは、亡びる。

夫人の性は乱れ、君主の母は間男を招き入れ、後宮と朝廷で人の往来が自由で、男女の分別がない。これを両主という。そして両主であれば、亡びる。

正妻の地位が低く、妾の地位が高い。太子の地位が低く、庶公子の地位が高い。宰相が軽んじられ、君主の取次役が重んじられる。このような状態であると宮廷内外において乱れ、乖離する。朝廷内外が乱れ、乖離すれば、亡びる。

大臣の地位がはなはだ高く、偏ってひいきする徒が多く勢力も強い。この大臣が君主の耳目を塞いで国をほしいままにしているようでは、亡びる。

私的な臣下が任官され、軍人の家系の者は遠ざけられ、町での善行が取り上げられて採用され、官職での功績は捨ておかれる。私的な行動を貴び、公的な功績を蔑ろにするようでは、亡びる。

君主の家には財は無く、大臣の家には財が満ちている。土着の民は貧しく、他所者が富む。耕戦の士は困窮し、商人や工芸家は儲けている。このようであれば、亡びる。

君主が大きな利益があっても手を出さず、禍の兆しを知っても備えをせず、争いや防衛に淡白で、務めて仁義を唱えて自らを飾り立てるようでは、亡びる。

君主が君主の孝をなさずに、小人の孝を慕い、国の利益を顧みず、母の言葉に従う。母や夫人などが国をあやつり、宦官が政治をあずかるようでは、亡びる。

君主が能弁だが法を用いない。その心は智恵者だが術を心得ていない。君主は多才だが、法や規則で事にあたらない。このようであれば、亡びる。

新参の臣が進み、古参の臣が退く。愚者が権勢を振るい、賢良の者が活躍できない。功績のない者の地位が高く、苦労して功績のある者の地位は低い。このようであれば臣下は怨みを抱き、臣下が怨みを抱くようであれば、亡びる。

君主の目上の親類や兄弟、大臣の爵禄が功績以上にあり、紋章や服装が身の程を超え、彼らの宮殿や食事ははなはだ豪奢で、君主はそれを禁ずることができない。そうなれば臣下の欲望は際限がない。臣下の欲望に際限がなければ、亡びる。

公壻や公孫が民と同等に交わったり、隣家に乱暴を働くようでは、亡びる。


亡徴とは、必ず亡ぶということではなく、亡ぶ可能性があるということを言うのである。
それは例えば堯が二人いたとしたら二人共に王となることはできず、桀が二人いたとしても二人共に亡びることもない。
亡国の王となるきっかけは、必ずその治乱や強弱が偏るからである。
木が折れるのは必ず虫がつくからであり、垣が壊れるのは必ず隙間ができるからである。
しかし木に虫がついても強風が吹かねば折れず、垣に隙間ができても大雨が降らねば壊れない。
万乗の君主が術を心得、法を行い、亡国の徴候のある君主に対して、風雨のごとき働きをすれば、天下を併合することさえ難しくないだろう。


テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
31位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR