韓非子 愛臣 原文(白文)

愛臣太親。必危其身。
人臣太貴。必易主位。
主妾無等。必危嫡子。
兄弟不服。必危社稷。

臣聞。千乘之君無備。必有百乘之臣在其側。以徙其民而傾其國。
萬乘之君無備。必有千乘之家在其側。以徙其威而傾其國。

是以姦臣蕃息。主道衰亡。
是故諸侯之博大。天子之害也。
群臣之太富。君主之敗也。
將相之後主而隆家。
此君人者所外也。

萬物莫如身之至貴也。位之至尊也。主威之重。主勢之隆也。
此四美者。不求諸外。不請於人。議之而得之矣。

故曰。人主不能用其富。則終於外也。
此君人者之所職也。


昔者紂之亡。周之卑。皆從諸侯之博大也。
晉之分也。齊之奪也。皆以羣臣之太富也。
夫燕宋之所以弒其君者。皆以類也。
故上比之殷周。中比之燕宋。莫不從此術也。
是故明君之蓄其臣也。盡之以法。
質之以備。故不赦死。不宥刑。
赦死宥刑。是謂威淫。
社稷將危。
國家偏威。
是故大臣之祿雖大。不得藉威城市。
黨與雖衆。不得臣士卒。

故人臣處國無私朝。居軍無私交。
其府庫不得私貸於家。
此明君之所以禁其邪。

是故不得四從。不載奇兵。
非傳非遽。載奇兵革。罪死不赦。

此明君之所以備不虞者也。


テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

韓非子 愛臣 書き下し文

愛臣太(はなは)だ親しければ、必ず其の身を危くす。
人臣太(はなは)だ貴ければ、必ず主位を易(か)ふ。
主妾等無ければ、必ず嫡子を危くす。
兄弟服せざれば、必ず社稷を危うくす。

臣聞く、千乗の君備(そなへ)無くんば、必ず百乗の臣其の側に在り、以て其の民を徙(うつ)して其の国を傾くる有り。
万乗の君備(そなへ)無くんば、必ず千乗の家其の側に在り、以て其の威を徙(うつ)して其の国を傾くる有り。

是を以て姦臣蕃息し、主道衰亡す。
是の故に諸侯の博大なるは天子の害なり。
群臣の太(はなは)だ富むは、君主の敗なり。
将相の主を後にして家を隆にす。
此れ人に君たる者の外にすべきなり。

万物、身の至貴、位の至尊、主威の重、主勢の隆に如く莫し。
此の四美の者、諸を外に求めず、人に請はず、之を議して之を得。

故に曰く、人主其の富を用ふる能わずんば、則ち外に終わるなり。
此れ人に君たる者の職(し)るべき所なり。


昔者(むかし)、紂の亡ぶる、周の卑しき、皆諸侯の博大なるに従(よ)るなり。
晋の分かるる、斉の奪はるる、皆群臣の太(はなは)だ富むを以てなり。
夫(か)の燕宋の其の君を弑する所以の者は、皆類を以てなり。
故に上、之を殷周に比し、中、之を晋斉に比し、下、燕宋に比するに、此の術に従はざる莫し。
是の故に明君の其の臣を蓄(やしな)ふや、之を尽くすに法を以てす。
之を質(ただjすに備(そなへ)を以てす。
故に死を赦さず、刑を宥(ゆる)さず。
死を赦し、刑を宥(ゆる)す、是れ威淫と謂ふ。
社稷将(まさ)に危うからむとす。
国家偏威す。
是の故に大臣の禄、大と雖も、威を城市に藉(か)るを得ず。
党与、衆(おほ)しと雖も、士卒を臣とするを得ず。

故に人臣、国に処れば私朝無く、軍に居れば私交無し。
其の府庫、私に家を貸すを得ず。
此れ明君の其の邪を禁ずる所以なり。

是の故に四従を得ず、奇兵を載せず。
伝に非ず、遽に非ずして、奇兵革を載すれば、罪死赦さず。

此れ明君の不虞に備ふる所以なり。


テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

韓非子 愛臣

君主が寵愛する臣がいて、それに親しみすぎると、必ず君主の身を危うくし、大臣の勢力が強すぎると、必ず君主の地位に取って代わられます。
夫人と妾の地位や勢力に差が無ければ、必ず嫡子を危うくし、兄弟で君主に服さない者は、必ず社稷を危うくします。

私は聞いております、千乗の国の君主に備えが無ければ、百乗の臣下がその側に侍り、君主の権威を奪い、国を傾け、萬乗の国の君主に備えが無ければ、千乗の臣下がその側に侍り、君主の権威を奪い、国を傾ける、と。

これによって姦臣がはびこり、君主の道は衰え亡ぶのです。ですから諸侯の勢力が大きいのは、天子にとって害であり、臣下が富みすぎるのは、君主にとって損失です。
将軍や宰相が主君を差し置いて自分の家を盛んにすることは、君主にとって最も忌むべきことです。

君主のすべてのものごとにおいて、その身は最も貴く、その位は最も高く、その権威は最も重く、その勢力は最も大きいということが重要です。
この四つは、外に求めずとも、他人に求めずとも、自分で考えれば得られるのです。

だから言うのです、君主がその富を活用することができないと、国外でその身を終えねばならなくなる、と。
これは君主たるものは心得ておくべきことなのです。

昔、紂が亡びたのも、周が衰えたのも、皆、諸侯の力が大きくなったことによります。晋が分裂したのも、斉が簒奪されたのも、皆、群臣が富みすぎたことによります。かの、燕や宋の主君殺しの理由も、皆、臣下の勢力が君主と同等に大きくなったことによります。
古くは殷周に、近くは燕宋によって見ますに、この道理によるものばかりです。
ゆえに明君がその臣を養うには、法によって彼らの言行を判断し、備えをしておいて彼らの過ちを質します。
ゆえに死罪にあたれば死を赦さず、刑を緩めないのです。
死を赦し、刑を緩めることを威淫と申します。社稷は今にも危うく、国の威勢は君から臣へ偏っていきます。
このために、いかに大臣の禄が大きくても、その威勢を城都の民へ行きわたらせてはならず、いかに部下が多くても、士卒をその臣下とさせてはなりません。

臣下が政治を行うのに、自分の家を朝廷にしてはならず、軍を指揮するのに、部下を私兵にしてはならず、国庫を扱うのに、自分の家に私的に融通してはならず、これが明君が臣下が邪に走るのを禁じる方法なのです。

こうしたわけで、臣下は隣国と私的に誼を通じさせず、私兵を出させず、駅馬車によらずに兵馬を運ぶことは、罪として死罪を赦さないのです。

これが明君が不慮の事に備える方法なのです。


テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
693位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
66位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR