韓非子 難言 書き下し文

臣非、言ふを難(はばか)るに非ざるなり。
言ふを難(はばか)る所以の者、言、
順比滑沢(じゅんひかつたく)、洋洋纚纚(ようようさいさい)然(た)れば、則ち華にして実ならずと以為(おも)はらる。
敦祗恭厚(とんしきょうこう)、鯁固慎完(こうこしんかん)なれば、則ち拙にして倫ならずと以為(おも)はらる。
多言繁称、類を連ね物を比ぶれば、則ち虚にして用無しと以為(おも)はらる。
総微説約、径省にして飾らずんば、則ち劌(けい)にして弁ならずと以為(おも)はらる。
意を激(もと)めて親近、人情を探知すれば、則ち譛(こ)へて譲らずと以為(おも)はらる。
閎大広博、妙遠にして測られずんば、則ち夸(こ)にして用無しと以為(おも)はらる。
纖(せん)計小談、以て数を言へば、則ち陋(ろう)と以為(おも)はらる。
言ひて世に近く、辞、悖逆(はいぎゃく)せずんば、則ち生を貪りて上に諛(へつら)ふと以為(おも)はらる。
言ひて俗に遠く、人間(じんかん)に詭譟(きそう)すれば、則ち誕と以為(おも)はらる。
捷敏弁給、文采に繁ければ、則ち史と以為(おも)はらる。
文学を殊釈(しゅせき)し、質信を以て言へば、則ち鄙(ひ)と以為(おも)はらる。
時に詩書を称し、往古を道法すれば、則ち誦(しょう)と以為(おも)はらる。
此れ臣非の言ふを難(はばか)りて重く患(うれ)ふる所以なり。


故に度量正しと雖も、未だ必ずしも聴かれず、義理全しと雖も、未だ必ずしも用ひられず。
大王、若(も)し此を以て信ぜずんば、則ち小は以て毀訾誹謗(きしひぼう)を為し、大は患禍災害、死亡其の身に及ばむ。

故に子胥善く謀りて呉、之を戮(りく)し、仲尼善く説いて匡、之を囲む。
管夷吾実に賢にして魯、之を囚(とら)ふ。
故に此の三大夫、豈に賢ならざらむや。
而して三君明ならざるなり。


上古、湯は至聖なり。
伊尹は至智なり。
夫れ至智至聖に説く。
然れども且つ七十説して受けられず。
身、鼎俎(ていそ)を執りて庖宰(ほうさい)と為り、昵(じつ)近習親して湯乃ち僅かに其の賢を知りて之を用ひたり。

故に曰く、至智を以て至聖に説く、未だ必ずしも至りて受けられず。
伊尹の湯に説く、是なり。
智を以て愚に説く、必ず聴かれず。
文王の紂に説く、是なり。


故に文王、紂に説きて、紂、之を囚(とら)へ、
翼侯、炙られ、
鬼侯、腊(せき)とせられ、
比干、心を剖(さ)かれ、
梅伯、醢(かい)とせらる。
夷吾、束縛せられて、
曹羈(そうき)、陳に奔(はし)る。
伯里子、道に乞い、
傅説(ふえつ)、転鬻(てんいく)し、
孫子、魏に臏脚(ひんきゃく)せられ、
呉起、泣を岸門に収(ふる)ひて西河の秦と為(な)るを痛み、卒(つひ)に楚に枝解せらる。
公叔痤、国器を言ひ、反(かえ)りて悖ると為し、
公孫鞅、秦に奔(はし)り、
関龍逢、斬られ、
萇弘、分胣(ぶんち)せらる。
尹子、棘に穽(せい)し、
司馬子期、死して江に浮(しず)む。
田明、辜射(こしゃ)せられ、
宓子賤(ふくしせん)、西門豹、闘はずして人の手に死す。
董安于、死して市に陳す。
宰予、田常に免れず。
范雎、魏に折脅せらる。

此数十人は、皆、世の仁賢忠良、道術有るの士なり。
不幸にして悖乱闇惑の主に遇ひて死せり。
然らば則ち賢聖と雖も死亡を逃れ戮辱を避くる能はざる者、何ぞや。
則ち愚者説き難きなり。

故に君子、言ふを難(はばか)るなり。
且つ至言、耳に忤(さから)ひて心に倒す。
賢聖に非ずんば能く聴くこと莫し。

願くは大王之を熟察せよ。



テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

韓非子 難言

私にとって、ものを言うこと自体が難しいのではありません。

ものを言うのに難しい理由を申します。

言葉に淀みなく滑らかで、水が果てしなく広がり糸が長く伸びていくような印象を与えると、相手に、華やかではあるが、実益は無い、と思われてしまいます。
言葉が丁寧で行き届き、堅苦しいという印象を与えると、相手に、話が稚拙で整っていないと思われてしまいます。
言葉数が多く、例を並べ、比喩を多用すると、相手に、話に中身がなく、役には立たないと思われてしまいます。
話の細部を除き、言葉を簡潔にし、飾らず率直に申せば、相手に、がさつで話の仕方を知らないやつだと思われてしまいます。
相手の意向に沿って親しく、人の気持ちをよく察しながら申せば、相手に、人の心の内に入ってくる不躾なやつだと思われてしまいます。
話が大きく、高遠でわかりにくければ、相手に、誇大で無用な話だと思われてしまいます。
家計を扱うかのように細かい話で、具体的な数字を出すと、相手に、低級だと思われてしまいます。
言葉が世俗的で人の気持ちに逆らわないような話し方をすれば、相手に、打算的でお上に諂っていると思われてしまいます。
言葉が浮世離れしていて聴く者を驚かせるような話し方をすれば、相手に、妄想だと思われてしまいます。
機敏に気を利かせ、飾り立てた言葉にすると、相手に、きざなやつだと思われてしまいます。
わざと教養があるところを見せず、本質をついて話せば、相手に、いやしいやつだと思われてしまいます。
事あるごとに四書五経を引用し、古代のやり方を例にとって申せば、相手に、知識をひけらかすだけのやつだと思われてしまいます。

これらが私の言う、言うことの難しさとして患う理由です。

ですから説を申し上げる場合にそれが法に適っていても、必ずしも聞き入れられるとは限らないのです。
説の筋道が正しくても、必ずしも聞き入れられるとは限らないのです。
大王がもしこの説を信用しなければ、軽くて大王を誹謗したという咎めを受け、重ければ災害や死の危険がその者の身に及ぶでしょう。

故に伍子胥は良く謀をめぐらしたが、呉王はこれを殺しました。
仲尼は良く説いたが、匡の人はこれを取り囲んで害を与えました。
管夷吾は立派な賢者であったが、魯はこれを捕らえました。
つまりこの三者は賢者でないわけではなく、この三者の相手の側の見る目がなかったのです。

上古の時代、湯王は至高の聖王であり、伊尹は至高の賢臣でした。
その賢臣が聖王に説きました。しかし七度説いてもまだ受け入れられませんでした。
そこで伊尹はみずから料理人となり、湯王に近づき親しんだ後に、湯王は伊尹の賢なるを知り、用いるようになりました。
だから、至高の賢智をもって至高の聖王に説いても、必ずしもすぐには受け入れられるものではない、と言うのは、伊尹が湯王に説いたようなことを言うのです。

賢者が愚者に説いても必ず聴き入れられない、とは、文王が紂に説くような場合のことです。
つまり、文王が紂に説くと、紂は文王を捕らえました。
翼公は火炙りの刑に、鬼侯は殺され、その肉を干し肉にされ、比干は心臓を剖かれ、梅伯は殺され、その肉を塩漬けにされました。
管仲は捕らえられ、曹覊は陳へ出奔し、百里奚は物乞いに身を落とし、傅説は主を転々と変え、孫臏は魏で脚斬りの刑にされました。
呉起は西河の地を秦にとられることを悲しみ、岸門で涙し、ついには楚で死刑にされました。公叔痤は公孫鞅を国の宝だと推薦したのがかえって疑われ、公孫鞅は秦へ出奔しました。
関龍逢は斬られ、萇弘は腸を断たれ、尹氏は棘で生き埋めにされ、司馬子期は殺されて長江に浮かべられ、田明は罪なく射殺され、宓子賤や西門豹は争っていないのに人の手にかかり、董安于は殺されて市に晒され、宰予は田常に迫害され、范睢は肋骨を魏のために折られました。

これら十数人は皆、世の仁者、賢者、忠良の士であり、道を心得た者たちなのに、不幸にも暗愚な君主に出会ったがために殺されてしまったのです。

ですから、聖人、賢者といえども、死を逃れ、恥辱を避けることができないのは何故かと申しますと、愚者に対して説くことが難しいからです。ゆえに君子はものを言うのが難しいのです。

かつ、至言は耳に逆らい、受け入れられないものでして、聖人賢者でもなければ聴き入れることなどできません。
願わくば大王にはよくこのことを熟考していただきたいのです。



テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
710位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
67位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR